ニュース
» 2012年02月24日 15時35分 公開

レゴブロック王が制作! ITちゃんレゴブロックバージョン、大地に立つ!!こいつ…動くぞ!(2/2 ページ)

[種子島健吉,ITmedia]
前のページへ 1|2       

関節の可動範囲とかわいらしさがテーマ

 今回、ITちゃん制作にあたってのテーマをさとぴサンに確認したところ、関節の可動範囲を極限まで広げること、かわいらしさを追求することという回答が得られました。

 さとぴサンの作品映像を観たことがあると「え、あれで可動範囲が狭いの?」と思ってしまいそうですが、今回、ポージングされたITちゃんを見てもらえれば疑問はたちまち氷解するはず。なるほどよく動く。そしてかわいらしさの追及についても、今までになかった新たなテーマに挑戦してみようというモチベーションになったそうです。

 実はさとぴサン、ロボットや動物はいくつも制作したことがあったものの、キャラクターを制作したのは意外にも初めてだったとのこと。ITちゃんは見た目かわいらしい女の子なので、最初は面食らったそうです。

画像 関節の可動範囲を極限まで広げることで実現した正座。今回のテーマが、関節の可動範囲の広さだというのが良く分かる
画像 作品全体の大きさは他のMS作品と同じぐらいなものの、頭部が大きいため重心が上になりがち。それでも、立ち、座り、そしてこの膝立ちともに安定していて破堤していない

せっかく制作していただくので、制作過程も映像に残すことを依頼した。早送り再生されるように編集した際、他の映像よりも解像度が落ちてしまったとのことだが、レゴブロックのオリジナル作品がどのように制作されているのかを垣間見ることができる貴重な映像となっている

そして、戦闘モードへ換装!!

 ITちゃんレゴブロックバージョンが完成した際編集長が、「なんか変形合体しそうなフォルムでワクワクしますね。本当に変形したらそれはそれでびっくりしますが」とつぶやいていました。それを聞いたさとぴサンがまたやってくれました。実は通常モード制作後、すぐに戦闘モードの制作に入っていたのです。今回は変形、合体ではなく、換装が実現です!

 ちなみに、ITちゃん戦闘モードは、トレーディングカードゲーム「サイバーワン」にコラボ参戦する際に設定されたもの。前後の設定画があるわけではなくカードに使われた画像が1枚あるだけですので、後部など見えない部分はさとぴ氏デザインのレゴバージョンオリジナルです。

画像 通常モードとは眉毛、口元などの形状を調整して表情を変えているところも芸が細かい。頭部パーツの円形部分は建物のキットに入っているパラボラアンテナ用パーツだったり、胸部のアーマーと楯の紋章のような部分はプリントパーツのラブレターだったりする
画像 右手がちゃんと背中の剣の柄(つか)に届き、剣もちゃんと鞘(さや)に収めることができる。剣を囲むようにして鞘を制作することで、ピッタリのサイズに仕上げている

さとぴサンの作品には欠かせないのが、変形、合体、換装の要素だ。今回も期待は裏切られることなく、セーラー服の通常モードからアーマー、剣、楯を装備した戦闘モードへの換装が実現した

総制作日数と、さとぴサンからのメッセージ

 ところで最終的な制作日数を整理してもらったところ、制作開始から頭部の仮組まで2日間、その後の2日間で頭部がほぼ完成し、胴体内部フレームジョイントが完成したのがだいたい1週間後、そして全身完成までおよそ2週間程度を要し、戦闘モードのアーマーを作りつつ最終バランスを整えるなど、微調整も含めたすべての完成に30日間ぐらいかかったとのことでした。

 作業時間については、平日、土曜日はだいたい3時間から4時間、休日はだいたい6時間から8時間ぐらいで、その中にはレゴブロックには直接触れず、各部分をどう表現するか構想を練ったり、そのためのパーツを探したり整理する時間も含まれているそうです。

 最後に、さとぴサンから読者諸兄姉へメッセージです。

「ITちゃん制作は最初はとまどいましたが、頭部がうまくいった後は楽しんで制作できました。これを機会にたくさんの方々に自分の作品をご覧いただければうれしいです。レゴブロックは子供の玩具として優れているのは当然として、大人でも楽しめ、没頭することでストレスを忘れ発散することができます。それに頭の体操にもなるので、世代や性別を問わずおすすめです。とにかく何か身近な好きなものから作ってみてください」

 今回は紹介しきれなかった画像や今まで制作してきた作品も、さとぴサンのホームページにて、楽しい解説入りで紹介されておりますのでぜひともアクセスしてみてください。

 ITちゃんレゴブロックバージョン制作企画の実現は、完全変形リボーンズガンダム作品映像紹介記事の反響の大きさを受けて実現しました。編集部から、制作いただいたさとぴサンはもちろんのこと、記事を読んで映像を観ていただいた読者諸兄姉にお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

画像 頭部の次に胴体を完成させるまでが、1週間程度の制作期間

画像 制作期間2週間程度で、通常のセーラー服姿が完成

画像 戦闘モード以外の表情パターンも制作されていた! ウィンクは右顔面上部ごとパーツを差し替えることで表現している。かわいらしいポージングといい、さとぴサン、研究に余念がありません。今後、他の「萌え系」キャラ作品展開もあるのかも!?

 「今度は初音ミクさんに挑戦してみませんか?」(編集長談)

関連キーワード

LEGO | ITちゃん | 再現 | 変形 | ガンダム | モビルスーツ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」