ニュース
» 2012年04月05日 11時13分 公開

首相官邸サイトにゲームが登場だと? よろしい、ならば遊んでみよう日々是遊戯

リニューアルされた首相官邸のホームページに、子供向けのミニゲームが新しく追加されている。これが流行りのシリアスゲームというやつか!

[池谷勇人,ITmedia]

やっと日本にも本格シリアスゲームが!?

 首相官邸のホームページのリニューアルに伴い、新たに子供向けコーナー「首相官邸 for Kids」がオープンしている。

 トップページには「クイズやゲームでとっても楽しく」「首相官邸のことを知っちゃおう!」とあるが、これはもしかして、流行りのシリアスゲームというやつだろうか。ようやく日本にも本格的なシリアスゲームの波がやってきたか――と胸が熱くなる。よし、どんな内容なのかさっそく遊んでみようじゃないか。

画像 「首相官邸 for Kids」のトップページ

「官邸」と付ければいいってもんじゃない

 2種類あるゲームの1つ、「官邸カードコレクション 〜ミミズク博士からの挑戦状〜」では、クイズに正解するともらえる「官邸カード」を集めていく。

 問題は「首相とも呼ばれる、行政の最高責任者はだれ?」「選挙は何歳から投票できる?」などいたってマジメなのだが、もらえるカードの絵柄が「階段くん」や「ソーラーパネルくん」「官邸裏の滝くん」など、中途半端にゆるキャラを目指して方向性を見失った感がすごい。あと子供向けコーナーなのに、漢字や難しい言葉がバリバリ使われているのはどうなのか……。

画像 「やってやる」「負けないわ!」からにじみ出るやる気がすごい

画像 クイズ部分はわりとマジメ。漢字が多いのは気になるが……

画像 「警務官」のカードをゲット! なぜかアンニュイな表情

画像 「官邸裏の滝くん」とかもはや意味が分からない

画像 「SP」カード。どういうモノを食べたらこういう絵が描けるのだろう

まさかのクイズ2本立て

 もう1つの「まちづくり100マスクイズ」も遊んでみた。一見「シムシティ」風の街育成ゲームに見えるが、名前に「クイズ」とあるとおり、こちらもまさかのクイズゲームである。トップページには「クイズやゲームでとっても楽しく」と書いてあったけど、クイズしかないよ!

 畑や建物を建てる時は、建てたい部分のマスをクリック。出題されるクイズに正解すると、住宅や水田、ショッピングセンターなどを建てることができる。ちなみにシミュレーション要素などは特になく、クイズに正解しても完成時の街の見た目が変わるだけ。建物による違いなども特にないため、シミュレーションゲームが苦手な人でも安心して遊ぶことができる。

画像 「まちづくり100マスクイズ」。最初に街の名前を決めよう

画像 あとはクイズに答えていくだけ。またクイズかよ!

画像 正解なら建物が建てられる。不正解だとそこは空き地に

画像 いろいろ建ててみたけど、特に建物による効果などはなし

画像 褒めてもらえたけど、あんまり嬉しくない

これはシリアスゲームじゃない

 だいたいこんなことだろうとは思っていたが、どちらもゲームというよりはただのオマケ付きクイズといった印象。これをシリアスゲームと呼ぶのは、全世界のシリアスゲーム研究者を敵に回すことになるような気がする。一瞬でも期待した僕がどうかしてたよ!

 約4500万円と言われているリニューアル費用のうちどれくらいがこの「首相官邸 for Kids」に費やされたのかは不明だが、せめてもう少しちゃんとしたものを作って欲しかった、というのが正直なところだ。ゲーミフィケーションやシリアスゲームなど、ゲームを現実や教育に活かすのが世界的なトレンドになりつつある今、このサイトが「日本の顔」だと思われてしまうのはちょっと「うーん」という感じがする。

 日本にシリアスゲームが根付くのは、まだまだ先になりそうだ。

画像 別のコーナーをのぞいたらここにもクイズ。どんだけクイズ好きなんだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」