ニュース
» 2012年04月10日 11時36分 公開

うわああああああああ、聖蹟桜ヶ丘でカントリー・ロードとかリア充大歓喜じゃないですかーやだー!!

4月8日よりリニューアルされた、京王線聖蹟桜ヶ丘駅の列車接近メロディーを聞きに行ってきた。聖蹟桜ヶ丘と言えば、もちろんあの曲だ。

[ITmedia]

 見出しでいきなり取り乱してしまいましたが、4月8日、プライベートで聖蹟桜ヶ丘へ遊びに行ってきた。目的はもちろん、この日からリニューアルされる「列車接近メロディー」を聞くためだ。

 聖蹟桜ヶ丘と言えば、ジブリ映画「耳をすませば」のモデル地となった街として有名だ。列車を降り、ホームで次の列車を待っていると、やがてオルゴールのようなメロディが響き渡った。

 ……あ。これだ!


 上記動画は、YouTubeユーザーのsotobo113さんが投稿したもの。(自分でも録ってきたのだが、こちらの方が圧倒的にキレイだったので貼らせていただいた)

 下り線はAメロの部分、上り線はサビの部分が使われているが、紛れもなくこれは「カントリー・ロード」! オリビア・ニュートン・ジョンの名曲で、「耳をすませば」のエンディングでは本名陽子が日本語版を歌った。

画像

 今は「聖地巡礼」がちょっとしたブームになっているが、もともと聖蹟桜ヶ丘は「耳をすませば」好きの聖地として、以前から巡礼に訪れるファンが後を絶たなかった。実は筆者も上京したてのころ、ひっそりと一人で聖蹟桜ヶ丘を訪れたことがあって……いかん、ただでさえ甘酸っぱい映画なのに、輪をかけて甘酸っぱい記憶を思い出してしまった。

 ともあれ、「耳をすませば」好きにとってはたまらない演出。聖蹟桜ヶ丘で降りる機会があったらぜひ、到着ベルに耳をすましつつ「ああ、ここがあの映画の街か!」と思いを巡らせてみてほしい。

 なお、「耳をすませば」のロケ地と実際の風景の比較については、サイト「耳をすませば通信」さんや、NAVERまとめの「映画『耳をすませば』のロケ地画像まとめ【聖蹟桜ヶ丘】」などが詳しい。ぜひ参考にどうぞ。

画像 せっかくなので、いろは坂の入り口まで行ってみた。雫がお父さんにお弁当を届けるシーンでここを登っていく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む