ニュース
» 2012年05月19日 12時44分 公開

太陽を間違った方法で見るとひどいことになる

5月21日早朝の金環日食。日食といえども望遠鏡や双眼鏡で太陽を見るとすごく危険だと分かる動画を紹介します。

[ITmedia]
画像 画像提供:国立天文台/福島英雄氏

 5月21日朝の「金環日食」に向け、日食観察グラスの中には不適切な製品を使うと目を傷める恐れがあると消費者庁が注意喚起しています。

 不適切な日食観察グラスを使うと時には重症化や視力低下にいたることも。安易な太陽観測がいかに危険かが分かる、倉敷科学センターのプラネタリウム日食解説番組で使用している注意喚起のビデオクリップを紹介します。


動画が取得できませんでした

 虫眼鏡で集光して紙を燃やす実験をしたことがある方もいるかと思いますが、あれと一緒ですね。例え日食観察グラスを利用しても、日食で欠けていても、太陽はそんな優しくはありません。誤った方法で太陽を見ると、瞬時に目を傷めることになるので十分に観測には注意をしてください。

 JAXAの宇宙教育センターでは「みんなで木もれ日を撮ろう」キャンペーンで、金環日食・部分日食を木もれ日を通して観察し、写真を撮って投稿してほしいと呼びかけています。

画像 2009年7月22日の皆既日食時、福岡県北九州市(撮影:有門満男さん)

 木立ちから太陽の日差しが地面に投影される木もれ日は、すべて太陽と同じ丸い形をしています。日食時には、木もれ日のひとつひとつが、欠けた円形や三日月の形に投影されるため、もっとも安全に日食を観測する方法と言われています。太陽観測グラスで空を見上げる観測もいいですが、ふと地面に視線を落としても日食が楽しめますよ。

 ちなみにマクロミルが1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に在住する男女を対象に、「金環日食に関する調査」を実施した結果、金環日食を観る予定の人は78%となったとのこと。観測場所を「自宅付近」と回答した人は61%で、「テレビやインターネット中継」が11%となっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  3. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  4. /nl/articles/2106/15/news015.jpg 留守番中の愛犬を、ペットカメラで見てみたら…… ヨガをしながらこちらをチラッと見るワンコに飼い主驚き
  5. /nl/articles/2106/14/news129.jpg 【そんなことある?】最強の研究会で飛び出した「素人質問で恐縮ですが〜」を上回る恐怖のパワーワード 「その理論をつくったのは私なのですが〜」
  6. /nl/articles/2106/14/news117.jpg 上原浩治の容姿に言及したコラム記事 批判受け掲載元が一部削除、謝罪へ
  7. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  8. /nl/articles/2106/15/news035.jpg イスラム教のお宅で作法を知らずにお祈りを…… 「宗教より気持ち」と受け入れてくれた漫画に心が温かくなる
  9. /nl/articles/2106/14/news020.jpg ニワトリ「コケェー!!」子猫「ギャーッ!!」 強気で追いかけまわすニワトリと子猫の関係性が面白い
  10. /nl/articles/2106/15/news089.jpg 「綿棒でエヴァンゲリオン初号機を作りました」 衝撃の完成度に「すごすぎる」「綿棒ってなに?」の声

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10