ニュース
» 2012年08月30日 08時55分 公開

今後のアップデートに期待! 無料期間後も課金する人が大多数のドラクエX 【デジ通】

シリーズとして初のオンライン対応となった「ドラゴンクエストX」で初期に購入したユーザーの無料期間が終了した。サーバーの混雑状況を見る限り、多くのユーザーが継続してプレイしているようだ。

[livedoorニュース]
livedoorニュース
課金が始まってもサーバーの混雑度はほとんど変わらず

シリーズとして初のオンライン対応となった「ドラゴンクエストX」(スクェア・エニックス)。2012年8月2日に発売され、初期に購入したユーザーの無料期間が終了し、継続してプレイするには30日で1,000円の課金が8月22日から必要になった。

ビッグタイトルかどうかに関わらず、おもしろくないネットゲームなら、無料期間が終了したら、プレイをやめるか、あとは「キッズタイム」という無料でプレイできる時間以外は遊ばないといった方法を取るユーザーが増えることが予想された。

例えばFFというビッグタイトルでFFXIから二匹目のドジョウを狙った同社のFF14は、大幅リニューアルを敢行して出直しを図ろうとしているわけで、ドラクエXもおもしろくなければ、同じような流れになってもおかしくはなかった。

現在のところサーバーの混雑状況を見る限り、多くのユーザーが継続してプレイしているようだ。今のところ、一定レベルの成功は達成したと言えるだろう。しかし、ネットゲームはバージョンアップを行うことで進化する。そのバージョンアップ(アップデート)の内容次第では、一気にユーザーが離れて行くようなこともあるわけで、今後の動向は未知数だ。

従来とは異なるゲームバランス

筆者も実際に100時間以上遊び、無料期間終了後は課金して継続しているが、今後のアップデートの内容次第で、ある程度のレベルでやめてしまうことも考えられる。

100時間も遊んでいれば、従来のドラクエならとっくにストーリーをクリアしているようなプレイ時間だが、ストーリーはまだまだ中盤のようだ。

しかもストーリーを進めて行く途中で遭遇したボスが自分のキャラのレベルに対して強過ぎた。レベル上げを怠りストーリーを進めるのに直接関係のない職人の修行などで遊んでいたのが原因だということは分かっている。寄り道できる様々な要素があって楽しいのだが、従来のドラクエとは違い、レベル上げがきつく、ゲームバランスが悪い部分がある。

このゲームは、ある程度進めると基本的にどこにでも行けるようになるがゲーム中盤でそこそこ強くなっていても、全く歯が立たないモンスターのいるエリアに迂闊に入り込んでしまうと瞬殺されてしまう。仕方なしに比較的倒しやすいモンスターのいるエリアで、せこせこ経験値稼ぎに勤しむことになる。

従来のドラクエは、ストーリーを進めて行くと、主人公が自然にレベルが強くなっていけるような街や洞窟、敵の配置となっていた。進めて行くと適正レベルでゲームを進めて行くことができるのはバランス的にも好ましい。今回のドラクエはオンライン版と言うことで、そのあたりのバランスが従来とは異なる。

倒せないボスキャラを倒すためのレベル上げを行うには、モンスターを倒しやすく経験値が入りやすい敵のいる地域で、それこそ何時間も、半ば定型作業と化したレベル上げに明け暮れることになる。

もちろん、様々なエリアへ冒険に行って未知の敵を探すのもいいが、多くのプレーヤーが効率を求めて同じような行動になり、同レベルのプレーヤーで狩り場が大混雑してしまう。

ネトゲの悪い部分が、この経験値稼ぎだ。例えば“効率厨”と呼ばれる人がPTメンバーにいたりすると、釣ってくる人へ指示、回復役にも指示、ストップウォッチ片手にモンスターがPOPするのを管理といった形で、それこそ何時間でも狩り場に貼りついてひたすらレベル上げをする。途中でPTを抜ける人がいれば、新しいPTメンを勧誘し、再度同じ狩り場でひたすらレベル上げをする。

そうした効率厨とのプレイに慣れてくると、自分も効率厨的な考え方に支配され、いつしか野良PTでPTメンにきつい言葉で指示を出したりするようになる。のんびりとプレイしたいという人にとっては、これは非常に迷惑な話である。特にドラクエXでネトゲデビューした人にとっては、驚きと恐怖が入り混じった複雑な心境になってもおかしくないだろう。

のんびりと進めていきたい人のために元気玉などいくつかの要素もあり、のんびりユーザーにも配慮されてはいる。しかし、ストーリーを進めて行くためには、レベル上げという単純作業の繰り返しが作業が必須なのだ、しまいにはレベル上げに飽きてくるのが正直なところだ。

今後のアップデートに期待

クエストと言われるミニストーリーの配信も始まっているが、ゲームを遊んでいるとわかるのが、今後新しい要素が追加されるんだろうという、明らかに欠けていたり、意図的に隠されていると思える部分が見え隠れするところだ。

例えば、公式にも公開されている「家」などがそれだ。ドラクエのような世界観のゲームで遊んでいると、ストーリーを一通り終わらせても、フレンドたちと楽しくPTプレイしてみたり、オンラインイベントに参加したりと、ネトゲの世界の中で遊び続けることが可能だ。

ドラクエXのようなオンラインゲームの場合、中軸となるストーリー以外の、ゲームの中の世界観で楽しむことが中心だ。他にもサーバーの安定やチャットシステムなど、改善すべき部分はいくつもあるが、これらの要素がどうなっていくかが、このゲームがこれから長期間楽しまれるかどうかの分かれ目だろう。

なお初めの大型アップデートは10月中旬が予定されている。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。

皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

記事提供元:ITライフハック

livedoor CC-BY-ND

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」