ニュース
» 2012年11月22日 12時24分 公開

ドイツ語圏の人たちが日本のアニソンを流ちょうに歌うワケは?海外オタク見聞録

YouTubeでドイツ語圏の人たちがアニソンやボカロ曲を日本語で流ちょうに歌っているのを見ますが、日本語とドイツ語は実は音が近いようです。

[松岡洋,ITmedia]

 最近、テレビで外国人観光客への街頭インタビューをよく見かけるようになりました。銀座や秋葉原でのインタビューが多いのですが、特に秋葉原では日本語で応じている方が多いのに気が付かれたでしょうか?

 10年くらい前には日本語を話せる人が非常に珍しかったのですが、最近は日本語を話せる方も多くなってきており、特に若い人ほどその傾向が強いようです。国際交流基金の最新版(2009年度)の調査によれば、教育機関で日本語を学んでいるのは約365万人、前回調査の2006年からは22%の増加となっています。

 この資料によれば、日本語学習の目的として上位から「日本語そのものへの興味」、「コミュニケーション」、「マンガ・アニメに関する知識」と並んでおり、秋葉原でのインタビューで日本語率が高いのもうなずけます。

 海外の動画投稿サイトYouTubeでは日本語でアニソンやボカロ曲を歌っている動画を時折見かけますが、中でもドイツ人やオーストリア人といったドイツ語を母語とする人たちがきれいな日本語で歌っています。これまで筆者が会ってきたさまざまな国の人たちの中でも、ドイツ語圏の人たちが流ちょうな日本語を話すのをたびたび目にしてきました。

 語学の習得には文法や語彙も重要ですが、会話をするためには聞き取ってそれを復唱する訓練が非常に重要になります。英語やフランス語では日本語にはない音が多数あるのに対し、ドイツ語やスペイン語では比較的少ないために聞き取りやすく復唱に有利なのです。ということでドイツ語圏やスペイン語圏の人にとっても日本語を聞き取りやすいのではないか、という仮説に思い至りました。

 そんなとき、東京ゲームショウの夜に開催されたInternational Partyで日本在住のあるドイツ人と出会いました。「狼と香辛料」の賢狼ホロが好きということで意気投合し、ゲームの話などをするうち言葉に詰まり「日本語でいいですか?」と聞いたところ、流ちょうな日本語で返事が返ってきたのです(それまで私は中国人と思われていたらしい!)。

 そこで、日本人にとってはフランス語や英語よりもドイツ語やスペイン語の方が発音しやすいが、その逆はどうなのか確認してみることにしました。

―― なぜ日本に?

「日本のアニメをみて育ったので、日本に来るのは自然の成り行きです」

―― 日本語の勉強を始めたきっかけは?

「アニメで興味を持ち、オリジナルのアニメを観たかったからです」

―― きれいな日本語を話していますが、どこで習ったのですか?

「フォルクス・シューレ(日本語に訳すと市民講座)で10代の頃から習い始めました、高校時代に日本へ留学、その後大学を出て日本で仕事するために来ました」

―― ドイツ語と日本語で使う音が近いと思うんですが、ドイツ人からみてどうでしょう。

「無い音もあるけど近いと思います、ただイントネーションは逆ですが」

―― ドイツ人がきれいな日本語を話すのは、音が近いことが有利になっているのではないかと私は考えているんですが。

「それは思いますね、その意見には賛成します」

International Partyの様子

 まだ私の仮説を補強する材料は乏しいですが、例えば年末になるとあちこちでベートーベンの第九が聞こえてきます。ドイツ語になじみのない方たちがカタカナ表記したドイツ語の歌詞を覚えて歌ってもそれなりに聞こえます。ドイツ語で使用する音が日本語のそれに近いのであれば、逆にドイツ語圏の人が日本語の歌を歌っても同じになるのではないか? そのように考えると、YouTubeでドイツ語圏の人たちがアニソンやボカロ曲を日本語で流ちょうに歌っているのも納得がいくのです。

 10代のころに夢中になったものは、その後の趣味、嗜好に大きな影響を与えます。1980年代に欧州に日本のアニメが大量に輸出され、非常に人気となりました。そのころ子どもだった彼らが成長し、夢中になったアニメの輸出国日本にやってきているのです。

著者紹介

松岡洋は日本のポップカルチャー情報を発信するONETOPI「日本のポップカルチャー」のキュレーター。1980年代に「月刊アスキー」に寄稿。海外で起きている日本ブームについて「なぜ日本に魅せられたのか」を調査している。本連載「海外オタク見聞録」ではその調査で得られた情報やエピソードを紹介する。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」