ニュース
» 2013年02月27日 22時11分 公開

とあるTwitterユーザーの「うちの親伝説」が感動的 60年代アメリカ、盗まれた花嫁衣裳をめぐる奇跡とは?

当時米国の新聞などでも報じられたそうです。

[ITmedia]

 嘘のような本当の物語――とあるTwitterユーザーがつぶやいた「うちの親伝説」が感動的です。昨年秋に投稿された「渡米編」のまとめが、Togetterに公開されており、話題を呼んでいます。

画像

 “伝説”の舞台は、1960年代初めのアメリカ。ツイート主・スタジオエトセトラさんの両親は、終戦後まもなくアメリカに渡り、向こうで結婚式を挙げました。渡米編は、その時に起こった信じられないようなエピソードです。

 単身渡米した父を追って、船で2カ月かけてロサンゼルスに到着した母。アメリカに来てまもなく式を挙げる予定だったため、大切な花嫁衣裳を持参していました。そこから父の住むテキサス州までバスで36時間かけて移動し、ようやく目的地に辿り着くと、預けていたはずのトランクが見つかりません。花嫁衣裳に加え、すべての生活用品が入った大切な荷物だったそうです。

 当時大学院生だった父と母はほとんど無一文だったため、まさに大ピンチに陥りました。数日後に迫る結婚式。会場は大学の計らいで図書館の講堂を無料で使わせてもらう予定になっていましたが、そもそも花嫁衣裳がない……。「絶望の底」でアメリカの町の人々に支えられ、2人が前向きに生きると決めた時、ドラマは急展開を迎えます。

 奇跡はいくつも起こりました。まず、テキサスから遠く離れたロスの警官が盗まれたトランクを発見し、なかの花嫁衣裳を見てただ事ではないと気付きます。トランクには「Atsuko」という名前が。けれども連絡先は残されていません。そこで警官は、名前から持ち主は日本人だと推測し、日系人向けの新聞「羅府新報」に持ち主の捜索記事を掲載しました。

 すると、ロス在住の父の親戚が記事を発見! 結婚式前日に父の元に連絡が届きました。荷物がみつかった奇跡に喜ぶ2人でしたが、ロスまで取りに行くお金がないことや、結婚前で身元保証人がいない母に、警察が荷物を渡したくても渡せないなど困難な状況は続きます。そこで、決死の覚悟で学長に相談すると、「花嫁ははるばるアメリカに来てくれたんだ。花嫁衣装を着せてやろうじゃないか」と式を4日延期することを提案。トランクの輸送には、荷物をなくしたあのバス会社が名乗りを上げました。

 これを羅府新報が取り上げ、連日動向を掲載し、読者は固唾を飲んで見守ったそうです。結婚式の朝、バス会社の上役がトランクを持って母の元に到着。この時には、地元メディアが集合し、花嫁衣裳を抱きしめる母の写真が新聞の一面を大きく飾ることになったんだとか。スタジオエトセトラさんは当時の新聞の切り抜きもツイートしています。

 結婚式は無事に行われ、大勢の人が2人の門出を祝いました。その後、両親は半世紀の間、あの時助けてくれた人とクリスマスカードで交流を続けていたそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響