ニュース
» 2013年04月07日 22時20分 公開

【職場閲覧注意】巨大てぃんこが街を練り歩く、川崎市の奇祭「かなまら祭」へ行ってきた

※あくまで神聖なお祭りです

[黒木 貴啓,ITmedia]

 巨大な男根をかたどったお神輿が、人々のかけ声に包まれながら町中を進んでいく。なんともシュールなこの光景は、4月7日に開催された、若宮八幡宮・金山神社(神奈川県川崎市)の奇祭「かなまら祭」の様子。

画像

画像

 金山神社は性と鍛冶の神様「かなまら様」を祀る神社。子孫繁栄(子授け)・安産・夫婦和合・縁結び・商売繁盛を願って、毎年4月の第1日曜日に「かなまら祭」を開催している。

 祭の起源は江戸時代にまでさかのぼる。元々は川崎宿の飯盛女(めしもりおんな)たちが行っていた願かけが最初で、それが昭和60年代になるとエイズ除けの祭として国際的にも広く知られるようになった。ユニークなお神輿や出店アイテムも見どころで、現在は国外からも多くの観光客が押し寄せているそうだ。

画像画像 川崎市の若宮八幡宮。右は境内にある金山神社・本殿

画像画像 脇の歩道では、金山神社の旗が風になびく

 「毎年必ずお祭りの日は晴れるのです。かなまら様のお力はすごいです!」と主催のアナウンスが境内に鳴り響く。今年は猛烈低気圧の影響で悪天候が予想されていたが、かなまら様のお力なのか、当日は見事な青空に。快晴の空の下、めでたく行われた祭の様子をたっぷり収めてきたのでご覧あれ!

画像 まずは神社境内の様子をご紹介。こちらは金山神社本殿のそばにあるご神体のレプリカ

画像 見どころだらけの絵馬殿。屋根の下には……

画像 ご神体様が。記念に写真を撮りまくる参加者たち

画像画像 屋根の裏には、自分が知っているのとは違う七福神様や、2匹多い三猿などが飾られていた

画像 境内の出店には、かなまら祭ならではのアイテムがいっぱい。特にこのアメは大人気で、すれ違う人の多くが舐めていた

画像 めがね

画像 キャンドル

画像 清酒。それぞれ「きんぎょく」「ばんこ」と読みます

画像 「ふにゃ珍」というボールペン。上の装飾部分がふにゃふにゃしてるよ

画像 ゆるTシャツ

画像 手ぬぐい

画像 祭の目玉はなんといってもお神輿の行列。はっぴ姿の参加者たちが、威勢のいい掛け声をあげながら3基のお神輿を担ぎ、神社をスタート。大師駅前をひと巡りして、ふたたび神社へ帰っていく

画像 最初に通るお神輿「かなまら舟神輿」は日立造船から寄贈されたもの。黒光りするご神体が上下に揺れ動く

画像 2番目は「エリザベス神輿」。浅草橋の女装クラブ「エリザベス会館」から寄贈されたもので、担ぎ手の中心は会館の人たち。掛け声は、「かなまら!」「でっかいまら!」

画像 最後の「かなまら大神輿」。祭でもっとも古くから担がれてきた、ご神体が木製のお神輿

画像 お神輿が若宮八幡宮に戻ってくるといよいよ祭りの活気もピークに。境内に入り乱れる、日本人、外国人、男性、女性、女装、コスプレ、お神輿の掛け声、実況アナウンス、声援、笑い声――

画像 ありがたいご神体さまは金山神社へと帰ってゆく。また町中を練り歩くのは1年後だ

画像 参加者の自由奔放な姿に心打たれた「かなまら祭り」(写真はエリザベス神輿の担ぎ手さん)。2014年は4月6日開催予定です

関連キーワード

祭り | 神社 | 写真 | 外国人 | 観光


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる