ニュース
» 2013年10月28日 16時14分 公開

お還りなさいませご主人様 ゾンビメイドによる最恐のお・も・て・な・しを体験した

え? メイド達がゾンビウイルスに感染!? 名状しがたい恐怖と笑いがお客様を襲う――。

[高城歩,ねとらぼ]

 JR秋葉原駅から10分程歩いた場所に位置するカルチャーカフェ「私設図書館カフェ シャッツキステ」では毎年ハロウィーンの季節になると恒例のゾンビイベントが行われる。今年はその4回目、題して「Maid of the Dead 4 〜お還りなさいませご主人様〜」が10月25日〜27日にかけて開催された。ホラー作品がちょっぴり苦手な筆者は、恐る恐るその門を叩いた――。

まずはオフィシャルオープニング映像をどうぞ

癒しの図書館へようこそ

 お店の普段の様子を探るため、実はイベント1週間前にも「シャッツキステ」を訪ねていた。「図書館」と銘打つだけあって、そこにはメイド達が厳選した書籍がずらり。流石と言うべきか、メイドに関する漫画や哲学書、ボードゲームの解説書、BL同人誌(!?)まで多種多様な本が書庫に納められている。もちろん客は自由に閲覧することできる。

 クラシカルなメイド服に身を包んだメイド達に給仕されながら、好きな本を読み、ゆったりとくつろぐ。室内にはメイド同士が交わす軽やかで明るい声色の楽しげな会話がBGMとして響く。来店して1時間、その徹底した居心地の良さにすっかり魅了された筆者は「一生ここに住むわ」と決意したのだった。

画像 しかし背後の本棚にはゾンビ関連書籍が6冊も無造作に置かれていた

これはゾンビメイドですか?

 そして迎えたハロウィーンである。本題に入る前に警告だ。すまない、メイドさんの萌え萌え〜な絵面を期待している人は帰ってくれないか! だって看板からしてすでにおかしい。「腐え〜なゾンビがお給仕します♪」とは一体……。

画像 すでに嫌な予感が

 き、気合いを入れ直して、お邪魔しま……!!!? これが本当の“腐”女子か。想像を越えた恐怖を目の当たりにすると、もはや笑い声しかでないことを身を持って知った。

画像

 ガクッ、ガク。ゆらっ、ゆらっ。ズルッ、ズルッ。何か見えないモノに引きずられるかのように歩きまわるゾンビメイド達。ハーーッハーーッと荒々しい呼吸を繰り返しながら給仕しているではないか。もはや目が合うだけで冷や汗ものだ。

画像 ガクブル

 じわりじわりと距離をつめてくるゾンビメイドさんを呼び止め、「め……“名状しがたい萌え萌えオムライス”をお願いします……」と注文してみた。そして出てきたのがメイド喫茶定番、萌え萌えオムライスと……人間の腕。ゾンビメイドが腕から直接搾り取った新鮮な血(ケチャップ)で描くハートマークのようなものをただただ見つめる。

画像 「ち、注文お願いします」「……」
画像 「名状しがたい萌え萌えオムライスのようなもの」(700円)

 ではさっそくいただこう。クトゥルー神話リスペクトなのだろうか。中からは何やら禍々しいものが。

画像 これは黒い(グロい)

 さらに「皮膚クレープ」と「しゅわしゅわ目玉ジュース」(各400円)も注文。残念ながら売り切れていたが「ダブル脳漿フロマージュ」(400円)というこれまたインパクトのあるスイーツもあった。どのメニューも見た目はグロテスクだが実際に食べてみると繊細な味がしておもてなしの心が感じられる。

画像 皮膚クレープも血で可愛くデコレーション
画像
画像 血だまりができたソーダ水に目玉が2つ
画像 ゾンビメイドさんが心をこめて混ぜ混ぜしてくれました

 店内には普通のメイドさんもいた。なんだかんだで働き者のゾンビメイドさんを「良い目力です!」とほめながらフォローしたり、暴走行為を叱りつけたり、ゾンビ特有のボディランゲージに対して抜群のスルースキルを発揮しながら平然とお給仕していた。

 筆者も負けじと、ゾンビメイドさんと異種間コミュニケーションを試みる。プニプニでリアルな感触の人間の腕をゾンビメイドさんと一緒に握って、血を絞り出したり、筆談したり。このようにゾンビと非ゾンビの種族を超えた奇跡の数々が店内の至る所で笑いを生み出していて、思わずほっこりしてしまった。緊張と弛緩の絶妙なバランスは、まさに究極の「癒し」と言えるかもしれない。

画像 快く筆談に応じてくれるゾンビメイドさん
画像 ゾンビメイドさんとの共同作業

 ところで、ホラー映画ではハッピーエンドと思わせておいて、実は「新たな恐怖の序章にすぎなかった」というようなオチが多い。きっとこのイベントもここで終わるはずがない。更なる進化を遂げてまた来年、我々を襲うはずだ……! 我こそはという強い自信のあるゾンビの方も、そうでない非ゾンビ方々も「Maid of the Dead 5」の開催を今から楽しみに待とう。

画像 総メイド長・エリスさんの好きなタイプは「死霊のえじき」の「ドクター・タン」だそうです

画像




画像




画像


高城歩(@maccha_iri

フリーライター。自他ともに認める「全方位オタク」。日本のポップカルチャーとよばれる事象を研究しつつ、アニメ・ボーカロイド・フィギュア・2.5次元ミュージカルにまみれる日々。最近ではコスプレにも挑戦。能や文楽など日本伝統芸能をこよなく愛する一面も。モットーは「百聞は一見に如かず」、まずは何事も自ら体験してみるタイプ。好きなドイツ語は「クーゲルシュライバー(意味:ボールペン)」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」