ニュース
» 2013年11月12日 11時00分 公開

絶品たまごでふわとろ食感! 「たまごかけごはん専門店」に行ってきた

どことなく懐かしさをおぼえる、たまごかけごはん。実は都内に専門店があると聞いて、気になってリポートしてきた。

[池田園子,ねとらぼ]

 チャーハン専門店麻婆豆腐専門店など、ねとらぼではこれまでいくつもの専門店を取材してきたが、今回は「たまごかけごはん専門店」に行ってきた。

メイン+お代わり自由なたまごかけごはんのセットがワンコイン!

 たまご大好き人間にはたまらないそのお店は、秋葉原UDX3階「アキバ・イチ」(東京都千代田区)の「Oh! Saka Bar たまごん家」。おいしいたまごかけごはんを広めたいという気持ちから、開店にいたったのだとか。ちなみに「Oh! Saka」は、朝山良夫オーナーの出身地である大阪にちなんでいる。

Oh! Saka Bar たまごん家

 ランチメニューは「牛すじ豆腐」(600円)や「豚の角煮」(600円)、「豚のしょうが焼き」(500円)など、すべてワンコイン前後。このメイン料理に、お代わり自由のたまご、ごはん、味噌汁、漬け物がセットで付く。

 この日は定番メニューだという「牛すじ豆腐」をオーダー。ごはんが腹ペコ男子にぴったりな大盛り感……。慣れたお客さんになると「少なめで」とお願いし、普通盛りが提供されるのだとか。

 お代わりし放題のたまごは、別途カゴに盛られて提供される。「衛生面とおいしさにこだわって厳選した富山県仁光園のたまごと、長野県のこしひかり一番開花を使っています」とオーナー。

とろーりふわふわでシンプルなおいしさがキラリ

 ちなみに、たまごかけごはんの「おいしい食べ方」はあるのでしょうか? と聞いてみたところ、セットで付いてくる「粒海苔」の有効活用法を聞くことができた。あまり馴染みのない粒海苔とは、その名の通り粒状の海苔。

粒海苔

 つぶつぶの食感を楽しみたい人は、混ぜ合わせたたまごかけごはんの上に載せるといい。一方、しっとりした食感が好きな人は、たまごと一緒に混ぜ合わせてから、ごはんの上に乗せるといい。このように2通りの食べ方が楽しめるらしい。そのほかにも、味噌汁に入れると、しっとりした食感と香りを楽しめる。

 筆者は前者の「混ぜ合わせたたまごかけごはんの上に載せる」パターンで、最後に専用醤油をまわしかけ、特徴的な食感を楽しんでみた。気になるお味は……混ぜ合わせたたまごと炊きたてごはんが見事に一体化した中に、適度に濃厚な醤油がアクセントを加えてくれる。うーん……シンプルウマい! 

 食感はとろーりふわふわ。ごはんが「デフォルトで大盛り」なので、たまごを2つ使う人が多いらしい。確かに、普通のたまごかけごはんが好きな人は、たまご2つがちょうどいいと思う。筆者は途中から試験的に3つ加えてみたところ、ややドロドロした感じに。でも、ドロッとしたたまごかけごはんが好きな人にとっては、ぜいたくでたまらないやわらかさになるはずだ。

 夜は300円メニューを中心とした格安居酒屋に変わる同店。昼夜問わず、男性サラリーマンを中心に賑わっている。ちなみに、夜はミニたまごかけごはん(400円)に、しらすや明太子、オクラなどのトッピングを載せて楽しめるそう。たまごかけごはんが気になる人は訪れてみては?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙