ニュース
» 2012年12月25日 11時48分 公開

ライスもルーもいちご尽くし……予約必須の「いちごカレー」を味わってきた

カレーにいちごだと……? そんな「カレー×いちご」なる不思議な共演があるという。純粋な好奇心と怖いもの見たさとがあいまって、名物の「いちごカレー」を食べてきた。

[池田園子,ITmedia]

 「いちごカレー」という実に珍しいカレーを出す店があるらしい。ちなみに冬から初春までの季節限定もので、予約必須のメニューだ。果たしてどのようなものなのか。本当にカレーなのか。そもそもおいしいのか……。数ある疑問を解決すべく、浅草の「カフェ・ラティーノ」を訪ねてみた。

カフェ・ラティーノ

店内も摩訶不思議

 浅草駅から徒歩10分ほどの住宅街の中に、目的の店カフェ・ラティーノはあった。外観はカフェバーのような雰囲気だが、何も置かれていないステンレス製ラックや小動物の飼育カゴが、扉付近に無造作に置かれ、少し不思議な雰囲気を醸し出している。看板には「ランチタイム カレーいろいろ」の文字があり、カレーを売りにしたカフェだと伝わってくる。

店頭は不思議な雰囲気

 店内に足を踏み入れると、玄関口に水槽があり、その中をカメが泳いでいる。さらに付近には魚の剥製や絵が飾られている。魚好き……? いちごカレーとはまったくつながらない。と思いきや、名物ペットのケヅメリクガメの名前は「イチゴちゃん」というらしい。残念ながらこの日は“出勤”しておらず、会うことはできなかった。

いろんなものが飾られている

 ほかにも店内にはツッコミどころのあるアイテムが多数飾られている。写真で堪能していただきたい。3台並ぶ自転車はオーナーであるご主人の趣味。「カフェ・ラティーノサイクリングクラブ」として活動も行う。ところどころにディスプレイされている電車も、同じくご主人の好物。スカイツリーやベティちゃんの置物もさり気なく置かれたややカオスなあたりが、ポップでおもしろい雰囲気を出している。

カオスな店内

色鮮やかないちごカレーは、フルーティーな味わい

 さて早速、件のいちごカレーをオーダーしてみる。「15分ほどお待ちくださいね」とやさしげな奥さんが店の奥へ消えていく。店内をぐるぐる回りながら、いろいろウォッチして気を紛らわすものの、正直なところだんだん心細くなってきた。本当にいちごカレーを食すことができるのかと。

 しばらく緊張の面持ちで待機していたところ、いちごカレーが運ばれてきた。色鮮やかで想像以上に美しい見た目をしていることに驚く。薄くスライスされた20枚のいちごが、ほんのりとピンクがかったいちご入りのライスの周りをぐるりと取り囲んでいる。ルーにはいちごが2個どーんと、普通のカレーでいうならにんじんやじゃがいものように、主役級の具材として顔をのぞかせている。

いちごカレー
いちごたっぷりのライス
ルーにはいちごがどーんと

 まずはいちごライスだけ味わってみたところ、甘味よりも酸味の方が強く、フルーティーなごはんといったところだ。ごはんを炊いた後、いちごを混ぜて作っている。次はルーだけを食べてみると、いちごのつぶつぶ感が特徴的な食感。相当な量のいちごが使われているのだと想像できる。肉の味もルーに溶け込んでいるので、いちごを前面に押し出したカレーという印象。いちごカレーというネーミングのとおりだ。

いちごライスを食す
ルーを味わってみる

 食べ方が非常に悩ましい。(1)いちごライスとルーを同時に食す、(2)いちごライスとスライスいちごとルーを同時に食す、(3)(1)の後にスライスいちごでお口直しをする、という3パターンを試してみた。個人的には(1)だとスライスいちごが余ってしまう、(2)だとさわやかすぎてカレーを食べている気がしなかったという理由で、(3)が一番おすすめな食べ方。

アイスクリームトッピングが人気!

種類豊富なカレー

 それにしてもなぜ、いちごカレーを作ることになったのか。ほかでは見たことも聞いたこともないメニューだが……。「オーナーがいちご好きなんです」と奥さん。そ、それだけ? カフェ・ラティーノにはほかにも「アボカドカレー」「ドライレンコンカレー」「ドライジンジャーカレー」など、珍しいメニューがそろう。種類の豊富さも他店とは一線を画し、カレーメニューの多い店として有名だ。

 さらに奥さんは続ける。「おいしい食材同士を組み合わせれば、当然おいしい料理ができます。いちごカレーもそのひとつなんです」。いちごカレーはカフェ・ラティーノを開業した年から続く伝統的なメニューだ。12年支持されているのも頷ける。そこには一定層のファンがいるのだ。

トッピングもいろいろ

 トッピングの種類も多い。生たまごやチーズ、目玉焼きはあたりは分かるが、アイスやキムチ、たこやきあたりから、かなり個性的なものが並んでいますが……。ちなみに、いちごカレーへのおすすめのトッピングは、そのまま食べるかアイスがおすすめとのこと。ライスにアイス!? そう思うと勇気が出なくて試すことはできなかったが、リピートする人も多いという。

 カレーなのに食後に胃もたれもすることはなく、むしろさっぱり感すらおぼえるいちごカレー。ミステリアスなこのメニュー、気になる人は1度食べてみてはいかが? メールか電話で事前に予約してくださいね。

関連キーワード

カレー | 料理 | アイスクリーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  7. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/21/news034.jpg 黒猫さんが寝込む飼い主を看病して…… そばから離れずジッと見守る姿に「家族でもここまでしてくれない」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる