ライスもルーもいちご尽くし……予約必須の「いちごカレー」を味わってきた

カレーにいちごだと……? そんな「カレー×いちご」なる不思議な共演があるという。純粋な好奇心と怖いもの見たさとがあいまって、名物の「いちごカレー」を食べてきた。

» 2012年12月25日 11時48分 公開
[池田園子,ITmedia]

 「いちごカレー」という実に珍しいカレーを出す店があるらしい。ちなみに冬から初春までの季節限定もので、予約必須のメニューだ。果たしてどのようなものなのか。本当にカレーなのか。そもそもおいしいのか……。数ある疑問を解決すべく、浅草の「カフェ・ラティーノ」を訪ねてみた。

カフェ・ラティーノ

店内も摩訶不思議

 浅草駅から徒歩10分ほどの住宅街の中に、目的の店カフェ・ラティーノはあった。外観はカフェバーのような雰囲気だが、何も置かれていないステンレス製ラックや小動物の飼育カゴが、扉付近に無造作に置かれ、少し不思議な雰囲気を醸し出している。看板には「ランチタイム カレーいろいろ」の文字があり、カレーを売りにしたカフェだと伝わってくる。

店頭は不思議な雰囲気

 店内に足を踏み入れると、玄関口に水槽があり、その中をカメが泳いでいる。さらに付近には魚の剥製や絵が飾られている。魚好き……? いちごカレーとはまったくつながらない。と思いきや、名物ペットのケヅメリクガメの名前は「イチゴちゃん」というらしい。残念ながらこの日は“出勤”しておらず、会うことはできなかった。

いろんなものが飾られている

 ほかにも店内にはツッコミどころのあるアイテムが多数飾られている。写真で堪能していただきたい。3台並ぶ自転車はオーナーであるご主人の趣味。「カフェ・ラティーノサイクリングクラブ」として活動も行う。ところどころにディスプレイされている電車も、同じくご主人の好物。スカイツリーやベティちゃんの置物もさり気なく置かれたややカオスなあたりが、ポップでおもしろい雰囲気を出している。

カオスな店内

色鮮やかないちごカレーは、フルーティーな味わい

 さて早速、件のいちごカレーをオーダーしてみる。「15分ほどお待ちくださいね」とやさしげな奥さんが店の奥へ消えていく。店内をぐるぐる回りながら、いろいろウォッチして気を紛らわすものの、正直なところだんだん心細くなってきた。本当にいちごカレーを食すことができるのかと。

 しばらく緊張の面持ちで待機していたところ、いちごカレーが運ばれてきた。色鮮やかで想像以上に美しい見た目をしていることに驚く。薄くスライスされた20枚のいちごが、ほんのりとピンクがかったいちご入りのライスの周りをぐるりと取り囲んでいる。ルーにはいちごが2個どーんと、普通のカレーでいうならにんじんやじゃがいものように、主役級の具材として顔をのぞかせている。

いちごカレー
いちごたっぷりのライス
ルーにはいちごがどーんと

 まずはいちごライスだけ味わってみたところ、甘味よりも酸味の方が強く、フルーティーなごはんといったところだ。ごはんを炊いた後、いちごを混ぜて作っている。次はルーだけを食べてみると、いちごのつぶつぶ感が特徴的な食感。相当な量のいちごが使われているのだと想像できる。肉の味もルーに溶け込んでいるので、いちごを前面に押し出したカレーという印象。いちごカレーというネーミングのとおりだ。

いちごライスを食す
ルーを味わってみる

 食べ方が非常に悩ましい。(1)いちごライスとルーを同時に食す、(2)いちごライスとスライスいちごとルーを同時に食す、(3)(1)の後にスライスいちごでお口直しをする、という3パターンを試してみた。個人的には(1)だとスライスいちごが余ってしまう、(2)だとさわやかすぎてカレーを食べている気がしなかったという理由で、(3)が一番おすすめな食べ方。

アイスクリームトッピングが人気!

種類豊富なカレー

 それにしてもなぜ、いちごカレーを作ることになったのか。ほかでは見たことも聞いたこともないメニューだが……。「オーナーがいちご好きなんです」と奥さん。そ、それだけ? カフェ・ラティーノにはほかにも「アボカドカレー」「ドライレンコンカレー」「ドライジンジャーカレー」など、珍しいメニューがそろう。種類の豊富さも他店とは一線を画し、カレーメニューの多い店として有名だ。

 さらに奥さんは続ける。「おいしい食材同士を組み合わせれば、当然おいしい料理ができます。いちごカレーもそのひとつなんです」。いちごカレーはカフェ・ラティーノを開業した年から続く伝統的なメニューだ。12年支持されているのも頷ける。そこには一定層のファンがいるのだ。

トッピングもいろいろ

 トッピングの種類も多い。生たまごやチーズ、目玉焼きはあたりは分かるが、アイスやキムチ、たこやきあたりから、かなり個性的なものが並んでいますが……。ちなみに、いちごカレーへのおすすめのトッピングは、そのまま食べるかアイスがおすすめとのこと。ライスにアイス!? そう思うと勇気が出なくて試すことはできなかったが、リピートする人も多いという。

 カレーなのに食後に胃もたれもすることはなく、むしろさっぱり感すらおぼえるいちごカレー。ミステリアスなこのメニュー、気になる人は1度食べてみてはいかが? メールか電話で事前に予約してくださいね。

関連キーワード

カレー | 料理 | アイスクリーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」