ニュース
» 2014年06月23日 07時00分 公開

実家暮らしのライターが「ぼっちてんと」で母ちゃんの目から逃れてみた結果

聖域をゲットし、家族の大切さを知る。

[高城歩,ねとらぼ]

 インターフォンが鳴ったので宅配便かしら? と玄関のドアを開けたところ、「お届け物でーす! えーっと、こちら“ぼっちてんと”ですね!」……さわやかなお兄さんに品名読み上げられた……。というわけでわが家に「ぼっちてんと BT1-11」が届きました。

画像 宅配テロだこれ

 「ぼっちてんと BT1-11」はデスクまわりに張ることで手軽にプライベート空間を創出し、自宅にいながらにしてネットカフェ気分が味わえるテントのこと。ビーズが販売していて価格は8000円(税別)。実家暮らしで、ライターの仕事やネットサーフィンする場所はもっぱらリビングという生活を送っている筆者が気になっていたアイテムです。

画像

 箱を開封すると直径62センチ程度の黒い円盤が出てきました。驚くべきことに、これがとても薄くて軽いのです。ウチの愛犬(体重5キログラムのプードル)と比較してみても、さほど大きなものではないことがお分かりになるかと思います。

画像 この中に私のオアシスが入っているというのか

 ポップアップ式なので面倒な組立ては不要です。テントをポンッと開くと、たちまち高さ約160センチメートルの壁がそびえ立ちます。形を整えると一瞬にして何の変哲もない和室に漆黒の小部屋が出現しました。ものすごい存在感。

画像 和室、制圧!
画像 あー落ち着くー……

 テントの中は1畳半ほどのスペース。適度な閉鎖感のある高さの天井に思わず顔がほころびます。体を斜めに横たえて天井を仰げば世界を独り占めしているかのような気分に。全身を包まれている感じがたまりません。ちなみに天井はファスナーで開閉ができる天窓になっており、テントの側面には2つのメッシュ窓があるので息苦しさを感じることはなく、換気もばっちりです。

 では、さっそくこの閉鎖空間を自分色に染めたいと思います。机とイス、サイドテーブルを配置し、お気に入りのフィギュアや漫画、そして食料などを持ち込みます。そうそう大切なPCも忘れてはなりません。テントの隅にはケーブルホールがあるのでネット環境を整えるために必要な配線をすっきり収納できます。

画像 ビフォー
画像 アフター!

 「ぼっちてんと」にはなんとダイヤル式ロックが付属していました。至れり尽くせりだな。テント内部からロックをかけ、膝を抱えて座ってみると、いよいよ現実逃避が捗(はかど)ります。天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸に神隠れした時もしかしたらこんな気持ちだったのかもな、と遠い神代へ思いをはせてしまう程度には悲哀が漂いますが。しかし「住めば都」とはよく言ったもので、一度ひきこもってしまえばテントの中が極楽に思えるほど快適! 家族(特に母ちゃん)の目が気になってネットサーフィンが捗らない……なんて苦い経験ともこれでおさらば!

画像 ダイヤル式ロックで外部から完全に孤立
画像 ネットもできるし最高だな

 実際に過ごしてみて分かったのですが、ポリエステル製のテントは思いのほか外部の光を通してくれるものの、やはりネットサーフィンをする際にはテーブルランプなどを設置したほうがいいでしょう。そして気になるのは防音性。ためしに音量を中程度にして動画を再生してみたところ母から「さっきから“ぴょんぴょん”うるさいよ」と苦情が入ったので中の音は筒抜けのようです。自分だけの時間に浸りたい方はヘッドフォンやイヤフォンが必須かもしれませんね。夏場は蒸すので窓を開け、扇風機やうちわを持ち込むなどして暑さ対策もしっかりしましょう。

 さて、そろそろ寝る時間。愛すべき「ぼっちてんと」ともしばしのお別れです。テントを半分に折りたたんでぺったんこの状態にしてから長辺の両側をつかんで手前に引き寄せます。長辺を持った両手をクロスさせるような形でくるっと折りたたむと元どおりの円盤になりました。アウトドア慣れしていない筆者はテントの収納に手こずってしまいましたが、取扱説明書を読んでコツさえつかめば誰でもできますよ!

動画が取得できませんでした
慣れるとこんなにスムーズ

 いやぁー、「ぼっちてんと」のおかげで、家にいながらにして心地よい閉鎖空間に没入できました。ネカフェの気分が味わえるとのことでしたが、内部を自分好みにカスタマイズできるという点ではそれ以上です。ほどよい隔離スペースなので、これは受験生の時に出会っていたら受験勉強が捗ったに違いない。使う人によってさまざまな利用法が発見できそうです。

 そして最後に付け加えると、母が和室を掃除してくれたり、テントをたたむ際には父が手伝ってくれたり、家族総出で筆者のひきこもりをアシストしてくれる光景をみて「“ひとりぼっち”って1人じゃできないものなのかもな……」などと、ぼっち体験を通して逆に家族のありがたみを実感した次第です。ありがとう父ちゃん母ちゃん、聖域をありがとう「ぼっちてんと」。またお世話になります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」