ニュース
» 2014年07月30日 16時38分 公開

悲劇だけど爆笑 十数万円かけて作ったデアゴスティーニ「週刊ロビ」が初起動ですごいことになる動画

すみません。笑ってしまいました。

[ねとらぼ]

 デアゴスティーニ・ジャパンの付録付き雑誌シリーズの1つ「週刊ロビ」の最終号が、7月29日に発売されました。毎号付いてくるパーツを集めることでロボットが作れると話題になった「週刊ロビ」──1年半・70号にわたって律義にパーツを集め続けたファンにとっては、待望の“初起動”のときがやってきたわけです。ネットには、完成したロビくんの動画や写真が続々とアップされているのですが……そのなかでひときわ悲劇的な動画がありました。


 ロビくんの性格を決めるための簡単な質問に答える作業が終わり、ついにロビくんが立ちあがって踊る…………と思ったら転けた!!!! カーペットの上でバランスを崩してしまったロビくんをすかさずご主人様が立たせるも、踊りの途中で再び転ぶ!!! そして、変な方向に曲がった腕から煙を吐くロビくん(※)。へーこんな機能が……ってこれ壊れてしまったってヤツですね分かります!!!!

photo それじゃあ、踊るね〜

photo ガシャ!!!

photo ロビくん、腕が……!!!

 あまりの悲劇に動画の投稿主も笑いが止まりません。「あの……ロビくん、すごい腕から煙でてるよ?」「煙出て臭いよ? ロビくん大丈夫?」──いろいろ話しかけるも、ロビくんは「なあに?」「大丈夫!」と平然とした返事を繰り返します。いやいや大丈夫じゃねーだろ!!! 自分の体にどんだけ鈍感なんだロビくん……!

 ちなみにこのロビくん、完成させるのに十数万円が費やされているもよう。つもりつもって結構な金額ですね。それが初起動でこんなことに……!! フローリングの上ではちゃんと転けずに動いていたので、立たせた床が悪かったんでしょうか。

 もちろん、なんのトラブルもなく起動しているロビくんもいっぱいいまして、Twitterなどではホッコリする報告がたくさん。腕の壊れたロビくんもなんとか修理して元通りになってほしいです。






 なお、「週刊ロビ」の続編的なシリーズとして、ロビくん用の乗り物を作る「週刊Robi ロビクルをつくる」が8月5日から発売されます。これは……総額いくらになっちゃうんだろう。

photo 戦いは終わらない

※ロボットが発煙・発火した場合、危険ですので即座に電源を切り、バッテリーを外すようにしてください。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた