ニュース
» 2014年09月11日 10時25分 公開

ボカロ小説で「普段はできないことを全部やりました」 ネット育ちの文芸作家・木爾チレンさんが「蝶々世界」で描いたもの(1/3 ページ)

「中高生時代に『神』と呼ばれてました(笑)」――インターネットで小説を書き始め、やがて文芸の世界に飛び出した一人の若手作家はボカロ小説「蝶々世界」で再びインターネットに出会った。

[取材・文:稲葉ほたて, 担当編集:宮本真希,ねとらぼ]
画像 「蝶々世界」木爾チレン(著)、蝶々P(原作)、riria009(イラスト)、一迅社

 7月末、「蝶々P」の楽曲をオムニバス短編にした小説「蝶々世界」(一迅社)が発表された。蝶々Pはメジャーデビューも果たしている人気のボカロP。一方、小説の作者・木爾(きな)チレンさんは、近年とみに注目を浴びている新潮社の新人賞「女による女のためのR−18文学賞」出身で、純文学も得意とする若手作家だ。

 ネットで話題のコンテンツを中高生向けに小説化する流れは最近すっかり定着した感がある。フリーゲーム「青鬼」のように小説がシリーズ累計30万部を超えるヒットを飛ばし映画化されるケースもある。こういった流れは、以前記事で紹介したようなボーカロイド楽曲の小説化から始まっている。

 そして「蝶々世界」もまさしくこのジャンルの作品なのだが、読んでみるといろいろな意味で既存のボカロ小説とは違うのだ。そもそもオムニバスであり、共通する特定の主人公がいない。架空の世界である「蝶々世界」で、さまざまなオリジナルキャラクターたちが恋愛したり傷ついたりする姿が、順繰りに描かれていく。しかも内面描写の筆致は、あまり他のボカロ小説では見かけない繊細なものだ。

画像 木爾チレン:大学在学中に応募した「溶けたらしぼんだ。」が第9回R‐18文学賞優秀賞を受賞。その後「静電気と、未夜子の無意識。」で単行本デビュー

 さらに印象的なのは、作者の木爾さんが原曲の歌詞を元に、自由にイマジネーションの翼を広げていること。描かれているのは、例えば――好意を隠して同性の友人と遊ぶ女の子(「蜂蜜檸檬」)、保健室の先生に好意を抱く心臓病の美少女(「眠り姫の心拍数」)――こうしたキャラクターは、原曲には存在しない。

 一方で、これらの設定からもうかがえるように、木爾さんが乙女ゲームや“百合”などの女性ファンの多い近年のエンタメジャンルに通じているのがよく伝わってくる。ボカロ小説の読者に10代の女の子が多いのは有名な話だが、意外にもそういう作品はあまりないのだ。

 冒頭で紹介したように、木爾さんは2010年に第9回「女による女のためのR−18文学賞」を受賞し作家デビューした。同賞は「ここは退屈迎えに来て」が話題を呼んだ山内マリコさん(第7回受賞者)など、先鋭的な女性作家を輩出している。こうした文芸系の作家がボカロ小説を手がけるのはちょっと珍しい。

 木爾さんは一体どういう経緯でボカロ小説を描いたのか。本人に会って聞いたのは、インターネットで小説を書き始めて、やがて文芸の世界に飛び出した一人の作家が、ボカロ小説で再びインターネットに出会う物語だった。

「あまりにファンすぎて」 きっかけは蝶々Pからの推薦

――今回ボカロ小説を執筆されたわけですが、ニコニコ動画はいつから見ていますか。

木爾チレン(以下、木爾) 私が大学1年生のときに、ニコニコ動画が登場したんです。ボカロは出てきた瞬間から大好きで、「初音ミクの消失」「ハジメテノオト」「タイムリミット」……やっぱり初期の曲の思い入れが強いですね。特に好きだったのが、蝶々Pとryoさんでした。

 昨日、EXIT TUNES ACADEMY(※ボカロPが多数出演するライブイベント)に行ってきたのですが、あまり初期の曲がプレイされなくて、ちょっと寂しかったです。でも最近の楽曲では、HoneyWorksなんかも聞きますよ。「スキキライ」とかは大好きです。

――蝶々世界を書くことになったきっかけを教えてください。

一迅社の担当編集者・塩貝麻衣子さん(以下、塩貝) 元々は、蝶々先生(※蝶々P)の推薦だったんです。小説化のお話をした際に、彼から「ファンに木爾チレンさんという小説家がいて、彼女のように自分の曲が好きな人に書いてほしい」と言われたのがキッカケでした。

――蝶々Pはもともと木爾さんをご存知だったんですね。

木爾 あまりにファンすぎて、以前にファンレターを出していて……それでだと思います(笑)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」