ニュース
» 2014年09月11日 10時25分 公開

ボカロ小説で「普段はできないことを全部やりました」 ネット育ちの文芸作家・木爾チレンさんが「蝶々世界」で描いたもの(1/3 ページ)

「中高生時代に『神』と呼ばれてました(笑)」――インターネットで小説を書き始め、やがて文芸の世界に飛び出した一人の若手作家はボカロ小説「蝶々世界」で再びインターネットに出会った。

[取材・文:稲葉ほたて, 担当編集:宮本真希,ねとらぼ]
画像 「蝶々世界」木爾チレン(著)、蝶々P(原作)、riria009(イラスト)、一迅社

 7月末、「蝶々P」の楽曲をオムニバス短編にした小説「蝶々世界」(一迅社)が発表された。蝶々Pはメジャーデビューも果たしている人気のボカロP。一方、小説の作者・木爾(きな)チレンさんは、近年とみに注目を浴びている新潮社の新人賞「女による女のためのR−18文学賞」出身で、純文学も得意とする若手作家だ。

 ネットで話題のコンテンツを中高生向けに小説化する流れは最近すっかり定着した感がある。フリーゲーム「青鬼」のように小説がシリーズ累計30万部を超えるヒットを飛ばし映画化されるケースもある。こういった流れは、以前記事で紹介したようなボーカロイド楽曲の小説化から始まっている。

 そして「蝶々世界」もまさしくこのジャンルの作品なのだが、読んでみるといろいろな意味で既存のボカロ小説とは違うのだ。そもそもオムニバスであり、共通する特定の主人公がいない。架空の世界である「蝶々世界」で、さまざまなオリジナルキャラクターたちが恋愛したり傷ついたりする姿が、順繰りに描かれていく。しかも内面描写の筆致は、あまり他のボカロ小説では見かけない繊細なものだ。

画像 木爾チレン:大学在学中に応募した「溶けたらしぼんだ。」が第9回R‐18文学賞優秀賞を受賞。その後「静電気と、未夜子の無意識。」で単行本デビュー

 さらに印象的なのは、作者の木爾さんが原曲の歌詞を元に、自由にイマジネーションの翼を広げていること。描かれているのは、例えば――好意を隠して同性の友人と遊ぶ女の子(「蜂蜜檸檬」)、保健室の先生に好意を抱く心臓病の美少女(「眠り姫の心拍数」)――こうしたキャラクターは、原曲には存在しない。

 一方で、これらの設定からもうかがえるように、木爾さんが乙女ゲームや“百合”などの女性ファンの多い近年のエンタメジャンルに通じているのがよく伝わってくる。ボカロ小説の読者に10代の女の子が多いのは有名な話だが、意外にもそういう作品はあまりないのだ。

 冒頭で紹介したように、木爾さんは2010年に第9回「女による女のためのR−18文学賞」を受賞し作家デビューした。同賞は「ここは退屈迎えに来て」が話題を呼んだ山内マリコさん(第7回受賞者)など、先鋭的な女性作家を輩出している。こうした文芸系の作家がボカロ小説を手がけるのはちょっと珍しい。

 木爾さんは一体どういう経緯でボカロ小説を描いたのか。本人に会って聞いたのは、インターネットで小説を書き始めて、やがて文芸の世界に飛び出した一人の作家が、ボカロ小説で再びインターネットに出会う物語だった。

「あまりにファンすぎて」 きっかけは蝶々Pからの推薦

――今回ボカロ小説を執筆されたわけですが、ニコニコ動画はいつから見ていますか。

木爾チレン(以下、木爾) 私が大学1年生のときに、ニコニコ動画が登場したんです。ボカロは出てきた瞬間から大好きで、「初音ミクの消失」「ハジメテノオト」「タイムリミット」……やっぱり初期の曲の思い入れが強いですね。特に好きだったのが、蝶々Pとryoさんでした。

 昨日、EXIT TUNES ACADEMY(※ボカロPが多数出演するライブイベント)に行ってきたのですが、あまり初期の曲がプレイされなくて、ちょっと寂しかったです。でも最近の楽曲では、HoneyWorksなんかも聞きますよ。「スキキライ」とかは大好きです。

――蝶々世界を書くことになったきっかけを教えてください。

一迅社の担当編集者・塩貝麻衣子さん(以下、塩貝) 元々は、蝶々先生(※蝶々P)の推薦だったんです。小説化のお話をした際に、彼から「ファンに木爾チレンさんという小説家がいて、彼女のように自分の曲が好きな人に書いてほしい」と言われたのがキッカケでした。

――蝶々Pはもともと木爾さんをご存知だったんですね。

木爾 あまりにファンすぎて、以前にファンレターを出していて……それでだと思います(笑)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」