速報
» 2014年11月07日 12時28分 公開

マウスの“丸ごと透明化”に理研などが成功 臓器も何もかもスケスケに

ゲルみたいだ……。

[ねとらぼ]

 理化学研究所と東京大学の共同研究グループが、マウスを丸ごと透明化する新技術を開発しました。試薬の投与によって、マウスの全身を臓器も含めて透明化できるようになったといいます。公開された透明マウスの写真は、まるで透明なゲルか何かのように全身が透けています。

photo 全身を透明化した幼児マウスと成体マウス

 理研はこれまでに、マウスの脳を透明化する技術「CUBIC」を開発しています。このCUBICの透明化試薬を調べたところ、試薬に含まれるアミノアルコールが血液中の生体色素「ヘム」を溶かし、組織の脱色をうながすことが分かりました。この作用を活用し、希釈した試薬をある手順に従ってマウスの全身に循環させたのち、臓器であれば10日間、全身であれば2週間透明化試薬に浸すことで、マウスの臓器あるいは全身の透明化が可能となりました。

 全身を透明化することは、細胞1つ1つを識別する緻密な観察の実現につながります。例えば、透明化サンプルを「シート照明型蛍光顕微鏡」で観察すれば、体内の解剖学的構造や遺伝子発現の様子が1細胞解像度の三次元イメージとして素早く確認できます。研究グループは応用の1例として、膵臓にある内分泌機能を持つ細胞群「ランゲルハンス島」の体積と総数を健常マウスと糖尿病モデルマウスで比較し、糖尿病モデルマウスではランゲルハンス島の総数が減少することなどを確認。三次元イメージを活用した病理解析に成功しました。

photo 遺伝学的に組み込んだ蛍光タンパク質をシート照明型蛍光顕微鏡で高速に観察できる

 新技術は蛍光タンパク質の検出だけでなく、免疫組織化学的な解析にも活用できます。研究グループは新技術を「個体レベルの生命現象とその動作原理を対象とする『個体レベルのシステム生物学』の実現に一歩近づくもの」とみており、生物学に加え医療分野での貢献も期待できるとしています。

photo 透明化サンプルを免疫染色し、シート照明型蛍光顕微鏡を使って撮影したもの

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン