ニュース
» 2014年11月28日 09時00分 公開

技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)は、本当にヘボかった!Maker Faire Tokyo 2014

ヘボいは褒め言葉。

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 2014年11月23日〜24日に開催していた「Maker Faire Tokyo 2014」内で、「ヘボコン」という気になるイベントがあったので見てきました。


画像 まず、案内がヘボい(褒めてる)

 「ヘボコン」とは、「技術力の低い人限定ロボットコンテスト」の略称です。クオリティの高い自作ロボットを競わせるロボコンとは対になるコンテストで、「ロボットなんて作れない」という人のためのロボット相撲大会です。ルールは単純に、相手をステージから押し出した方が勝ち。タイムアップの場合は移動距離が多い方が勝ち。


画像 対戦表もヘボい(褒めてる)

 デイリーポータルZの石川さんが自身のブログで「技術力の低い人集まれ」と呼びかけたのがそもそもの発端。その後予想以上に人が集まったためデイリーポータルZ公式イベントとして7月に第1回を開催しました。このときはテレビ取材も殺到し、当日券を求める人が会場の前に集まるなど、大盛況だったそう。(togetterまとめ


※追記:「ヘボコン」第1回目がなんと第18回メディア芸術祭で審査員推薦作品に選ばれたそう!(※リンク先はpdfファイルです)「ヘボコン」すごい!!


 そんなヘボコンが帰ってくる! 「ミニヘボコン」として「Maker Faire Tokyo 2014」内で2日間で6回の試合が行われる! という情報をキャッチしたので、ヘボさを目の当たりにするべく会場に足を運びました。


画像 ステージはベニヤというヘボさ(褒めてる)

 「ヘボコン」の特徴として、会場内に作業スペースを設けており、工具や材料も用意されているので、試合前に自慢のロボットのメンテナンスやパワーアップをすることができます。

 対戦カードが出てから作業時間があるので、戦う相手に合わせた機体にパワーアップすることも可能です。ですがそこは「ヘボコン」。これがなかなか思った通りに作用してくれなくて、いくつものドラマを生み出します。


画像画像 左:相手をよけようとしてステージから落ちちゃう。愛おしい……。 右:メトロノームVS動力(物理)

 激戦で活躍した愛おしき「ヘボコン」たちを一部紹介します。君のお気に入りはいるかな?


画像画像 左:ハ、ハローマッ……!? 右:どう見ても目覚まし時計ですが、これも「ロボット」だそうです。

画像画像 左:無数のトーマスが蠢く悪夢のようなロボ。 右:手作りラズベリーパイ(生もの)搭載ロボ

 ラズベリーパイ搭載ロボは、「Raspberry Pi」というイギリス生まれの超小型コンピュータとかけているそう。しかもチームメンバー男子の手作り! 試合後に話をうかがったら「正直ラズベリーパイ(生もの)の扱いに困っています」とおっしゃっていました。


画像画像 左:背中のアジシオは、箱の反対側に“水戸泉”と書いてあったので、塩まきにちなんで乗せたそうです(※当初アジシオを乗せていた理由について「塩は糸魚川の名産」と書いていましたが誤りでした。おわびして訂正いたします)。 右:激戦を征していたポールダンスロボ

 上の2体のロボは2日目の第6回の決勝戦で戦ったふたり。こちらのカードは「アツい」試合でした……!


画像 ぐるんぐるん。

 上の動画を見て頂くとわかる通り、「ポールダンスロボ」は回転しながら直進するので、非常に安定が悪いのです。しかし対戦相手は箱に腕の生えた形のロボ。この2体がぶつかり合うと……!

 ポールダンスロボが箱に生えた腕の間に挟まる形になりッ! ポールダンスロボが最大限のパワーを発揮するッ……!!!

 まさにポールダンスロボにとっては「都合の良い相手」だったようです。そんな、ぶつかってみるまで結果がわからないというのも「ヘボコン」の面白いところです。

 ちなみに優勝者には、主催のデイリーポータルZ・石川さんが「この店で一番安いトロフィーをください」といって買った1000円くらいのトロフィーと、Maker Faireオリジナルグッズの金の軍手(レアカラー)が贈られていました。あ、ちょっと金の軍手欲しいぞ!

 技術力がなくても大人も子供も楽しめる「ヘボコン」!! 試合も面白く、「自分でも何か作ってみたい」と思わせる非常にMaker faire向きの素敵なイベントでした。余談ですが、「ヘボコン」を見た帰り道には目に映るすべての物が「ヘボコン」の材料に見えて仕方ありませんでした。


ちぷたそ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい