ニュース
» 2015年02月02日 17時35分 公開

郵便局員も知らない幻の体操「郵便体操」を見てきた

これが「郵便体操」(全編)初公開だそうです。

[太田智美,ねとらぼ]

 「郵便体操」という、伝説の体操があるらしい。情報を求めてネットで検索してみたが、確かな情報は見当たらない。動画投稿サイトなどで検索してみたものの、あったのは音楽のみ。体操している動画らしいものは一切なかった。

 郵便体操とは何なのか。気になったので日本郵便に電話してみた。ところが、電話に出た担当者さえ「郵便体操についてあまり知らない」と言う。いよいよ踏み込んではいけない世界に踏み込んでしまったのかもしれない、と少し恐怖を覚えながらも、郵便体操を知っている担当者を探す。――いた……!

 そんなわけで、実際に見せてもらうことに成功。午前8時、日本郵便 豊島郵便局の朝ははじまった。作業をしていた郵便局員たちは、音楽がかかり始めるとわらわら位置につく。前奏が終わると「今日も元気に郵便体操いきましょう!」という声が流れ、体操が始まる。


「郵便体操」全編

画像

画像 「大きく背伸びの運動から〜!」

画像 腕を大きく振って太ももを上げます!

画像 みんな羽ばたいてる……!

画像 首をぐるぐる回すやつ

画像 腰から反対側にぐにゃんってやるやつ

画像 反対も

画像 フリスビー投げるみたいにブーンってするやつ

画像 両手上げて反るよ!

画像 伸びー!!

画像 身体グルグル回すやつ

画像 ジャンプ、ジャンプ

画像 ふー

 郵便体操は約3分。途中鳥のようなポーズをしたり、両手を上に上げて伸びをする姿が印象的だ。そして最後はやはり深呼吸。体操のあとには「安全確認トレーニング」などを行う。


画像 「安全最優先の業務を実践し、事故・災害を根絶しよう! よし!」

 なるほど、これが伝説の郵便体操か。

 ところで、この体操はなぜ作られたのか。日本郵便豊島郵便局局長の富澤敦氏に聞いてみた。

「日本郵便は保険も扱っているが、保険は人が長生きするともうかるという仕組み。だから、『健康で長生きしてもらえる体操』としてラジオ体操が生まれている。郵便体操もその延長線上にあるもので、社員の健康と規律を守るためのもの」(富澤氏)


画像 日本郵便 豊島郵便局局長 富澤敦氏

 郵便関係の資料によれば、そもそも郵便体操ができたのは昭和50年(1975年)。腰痛症などの対策として取り入れられた体操だった。

 それから約40年。一時体操をあまり行わない時期もあったが、郵政民営化と共に再び積極的に行うようになったという。ちなみに、「郵便体操」の英語表記は「Gymnastics for postal」。作曲者・振付けを行った人は不明。

 郵便体操を行うのは、主に郵便関係の仕事に携わる職員。配達をする局ではたいていこの体操をしているが、郵便関係の仕事ではない部署ではラジオ体操のことも多いという。

 業務運行の安定を図るために考案されたこの体操だが、実は今回見学したのは「郵便体操(その1)」。「郵便体操(その1)」は、基本的な動きの中から郵便の作業特性にふさわしいものを選び、職場で気軽に行えるよう構成したもの(12種類56動作)だという。

 そしてなんと、これには続きがあった。その名も「郵便体操(その2)」。

 「郵便体操(その2)」は、郵便作業は腰への負担がかかることから背筋や腹筋を鍛えるための体操。専門の医師が推奨する背腹筋の強化運動で、こちらは1人で実施することが想定され作られている(3種類6動作)。その2は郵便局員でもほとんど知られておらず、今では幻の体操となっている。


画像 「郵便体操(その2)」の動き

画像

 郵便体操の全編が公になるのは今回が初めてのこと。今日も郵便局の朝は郵便体操から始まる。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」