ニュース
» 2015年02月04日 20時57分 公開

スライムを触ると音が鳴る? ブルーライトに照らされた不思議な楽器、メディア芸術祭に展示

ゲームの世界を体験できるヘルメットやスタイリッシュな義手の展示も。

[太田智美,ねとらぼ]

 東京・六本木の国立新美術館を中心に開催されている「第18回文化庁メディア芸術祭」で、スライムを用いた不思議な楽器が展示されています。ブルーライトに照らされ、青白く光る流動体が上からとろ〜んと……どうなってるの?



 この楽器「Slime Synthesizer」は、片方の手に専用の装置をはめ、もう片方の手でスライムを触って演奏するというもの。スライムの上部を触ると低音が、下部を触ると高温が鳴るという仕組みです。

 自分を媒介して音が出るという、このなんとも不思議なシンセサイザー。やわらかく、変形し、触れるとヒンヤリ冷たく、まるで生き物に触れているような感覚になります。


画像 (C)2014 Slime Synthesizer

画像 (C)2014 Slime Synthesizer

画像 (C)2014 Slime Synthesizer

 ほかにも、ヘルメットの中で外部の映像が流れ自分がゲームの世界に入ってしまったかのような感覚を体験できる作品「3RD」や指先にICチップやマイクが搭載された3万円以下で作れるというデザイン性に優れた筋電義手「handiii」などが展示されています。


画像 ゲームの世界に入ってしまったかのような感覚を体験できる「3RD」
(C)Monobanda PLAY / DUS architects

画像 筋電義手「handiii」
(C)2014 exiii Inc.

画像 (C)2014 exiii Inc.

画像 (C)2014 exiii Inc.

 開催期間は2月4〜15日まで。無料で最先端の芸術に触れ合うことができます。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する