ニュース
» 2015年02月12日 11時26分 公開

冬の朝、凍った湖面が一夜で幻想的な花畑に!! 神秘の花「フロストフラワー」

氷の花がきれい!

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 冬になり、湖が氷で覆われる時期になると現れる「フロストフラワー」。この不思議な白い花は、ある一定の条件をいくつもクリアしなければ生まれません。厳冬期にしか見ることができないこの光景、いったいどのように誕生するのでしょうか。

フロストフラワー 白い花に覆われた幻想的な屈斜路湖。厳冬期にしか出会えない「奇跡の花畑」!!

その正体は水蒸気の結晶。自然が作りだした「霜の花」

 白い花の正体はズバリ、水蒸気の結晶です。どのようにして生まれるかというと、まず、湖面から蒸発した水蒸気が凍って、氷のカケラなどの小さく突起した部分にくっつきます。その突起を中心に水蒸気が次々に凍りつき、結晶となって大きく成長し、美しい花のような形になるというわけです。

 「フロスト」の意味は「霜」。つまり、「フロストフラワー」とは、「霜の花」という意味です。

フロストフラワー 「霜の花」は手のひらくらいの大きさに成長することも。ひとつひとつ、花の形が違う

霜の花が育つ条件は、気温‐15℃、無風、厚くない氷、積雪ゼロ。出会うのはむずかしい

 「フロストフラワー」が育つには、いくつもの自然条件が必要です。まずは、湖の表面が凍っていて、氷の上に雪が積もっていないこと。そして、その氷があまり厚くないこと。ワカサギ釣りができるくらい十分に氷が厚くなってしまうと、水蒸気が立ちにくいので、霜ができづらくなってしまいます。

 次に、気温がマイナス15度以下であること。氷の表面から立ち上る水蒸気が一瞬にして霜になるには、空気がキーンと冷えていなければなりません。放射冷却で冷え込みが厳しい朝などは、出会えるチャンスです。

 そして、風が吹いていないこと。せっかく夜中に霜の花が育っても、朝方に風が吹いてしまうと一瞬にして消えてしまいます。なんという儚さ(はかなさ)なのでしょう。

 このように、「フロストフラワー」は、多くの条件をクリアしなければ見ることができません。そして、これらの条件こそが、厳冬期にしか出会えない「奇跡の花」と言われるゆえんなのかもしれません。

奇跡的に条件がそろっている阿寒湖では、3月まで見ることができる

 「フロストフラワー」は条件さえそろえば、放射冷却で冷えきった12月の朝などに、湖はもちろん、川や沼、家の周りの水たまりや水の張ったバケツなどで、よく見かけられます。でもそれは、花畑といえるような数ではありません。上の写真のように、湖全体が花畑のようになるところは、あまり多くありません。

 ところが、この厳しい条件をクリアする湖が日本にあるのです。それは、北海道の道東に位置する阿寒湖です。

 北海道をはじめ北国の湖は、冬になるとどんどん氷結し、その上でワカサギを釣ったり、スノーモービルに乗ったりできるほどに氷が厚くなってしまいます。ところが、阿寒湖は湖底から温泉が湧き出しているので、マイナス15度の厳冬期になっても厚い氷に覆われることがありません。3月中旬までは、朝になると薄い氷が張るという12月と同じ状態が保たれます。

 また、周囲を山に囲まれているカルデラ湖なので、平野から吹いてくる風が山々にさえぎられて、強い風が吹きこむこともありません。

 一般的に「フロストフラワー」の“旬”は12月ですが、このように、阿寒湖では奇跡的に条件がそろっているので、3月中旬までは見ることができるのです。

 阿寒湖で「フロストフラワー」に出会える確率は30%と言われています。うまくいけば、あと1カ月以上は出会えることができそうです。ただし、阿寒湖は氷が薄いところがあるので、見に行くときは要注意。個人で行って穴にはまってしまう危険があります。

 阿寒観光協会では、「フロストフラワー」が現れそうな時間や場所をガイドが案内するツアーを行っています。「阿寒湖観光ナビ」のホームページはこちら。また、北海道では阿寒湖以外にも、屈斜路湖(くっしゃろこ)や朱鞠内湖(しゅまりないこ)、糠平湖(ぬかびらこ)などでも見ることができます。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  6. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  7. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  8. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた
  9. /nl/articles/2111/30/news018.jpg 「人魚が入ったソーダ」を出す海の家、飲んでしまったら何が起こる? ミステリアスな怪異を描いた漫画
  10. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」