ニュース
» 2015年02月12日 19時53分 公開

【成長画像あり】千曲川に出現した謎の石像が話題に 誰が何のために製作? 一切不明なまま石像だけがぐんぐん成長

Twitterでは「真田幸村?」「ケンシロウ?」など石像のモデルに憶測が飛び交う。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2011年から長野県上田市の千曲川(ちくまがわ)河川敷に発生している謎の石像が、ここ数日の間にTwitterで話題になっています。この石像、製作者も製作意図もモデルもわからないばかりか、2011年に出現してから徐々に大きくなり続けて今の形になったそう。一体これは何の作品なんだ……?

 石像はある男性の胸から上をかたどった約2、3メートルのもの。国土交通省千曲川河川敷事務所によると材質はモルタル。短髪を逆立て、首にはネックレス、筋骨隆々としていますが、モデルは何なのか判断がつきません。左胸あたりには「ドラゴンボール」の神龍のような絵も描かれていますが関係性は不明。Twitterでは「『戦国BASARA』の真田幸村がモデル?」「ケンシロウにしか見えない」など正体への憶測も上がっています。

 同事務所がこの像を最初に発見したのは、2011年4月に河川敷をパトロールしていたときのこと。当時はまだ首から上がおぼろげにある作りかけのようなものでしたが、同事務所は石像を不審物と判断。製作者を見つけたら注意を呼びかけるつもりで、その後も日中に河川敷全体を回るパトロールを週2回続けていました。

画像 2011年11月時の写真。まだ首から上だけで、顔や髪型もあいまいでした(画像提供:国土交通省千曲川河川敷事務所、以下も同じ)

画像 2012年11月時。髪がツンツン頭になり、顔も濃くなっていきます

 しかし製作者と一向に出会えないばかりか、石像は周囲の地面を掘り返しながらその姿を大きくし、頭部はよりリアルになり、ネックレスが着けられ、胸・肩が作られ……と年を追うごとに大きくなっていきます。らちが明かないので2013年12月には工作物の設置を禁止する看板を立てたものの、石像前に降りられる階段が作られるなど規模の拡大は止まらず、現在の形にまで成長してしまいました。結局この約4年間、製作現場には一度も遭遇しなかったそうです。不気味すぎるぞこのゴーレム。

画像 2013年12月、石像設置を禁止する看板を立てた時。すでに胸・肩まで完成していました

画像 2015年1月13日の様子。とうとう石像前に降りる階段まで作られました

 石像の存在が全国的に知られるきっかけとなったのが、1月末の朝日新聞の報道。石像の謎と同事務所の苦悩を取り上げたもので、これを機に各報道局が番組で紹介したことから、ネットでも話題になりました。ここ1カ月で作品は一気に有名になりましたが、作者は未だ不明のまま。

画像 現在は石像に近づけないようバリケードが設置されています

 河川敷事務所は2月2日、見学者が増加して石像での事故が起こる危険性もあることから、周りに金属パイプのバリケードを設置しました。現在は法律専門家に相談して、石像を撤去する方向で話を進めています。石像を国有地に無断で設置することは、河川法第24条「土地の占用の許可」と第26条「工作物の新築等の許可」に違反。第120条の罰則規定に基づき、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる可能性もあるそうです。

 事が大きくなりすぎて製作者も名乗り出にくい状況かもしれませんが、製作理由や作品タイトルが気になります。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する