ニュース
» 2015年06月16日 09時10分 公開

自称「一部の人に理解される」という怪しすぎるカレー屋「サリサリカリー」に行ってみたら激ウマだった!

お店のWebサイトには、「一部の人に理解される」「千年前から変わらぬレシピ」「最高の美味は消え味」「ものすごく惚れた人に口の中を撫で回される感じ」「皿の上に母がいる」などと書かれています。うん、よくわからん。

[朝井麻由美ねとらぼ]

 まずはこちらの画像をご覧いただきたい。これは、神奈川県にあるカレー屋のWebサイトである。


画像 一部の人に理解される……

 「一部の人に理解されるサリサリカリー 千年前から変わらぬレシピ 水を一切使わない味付け塩のみ」という文言が書かれているが、この時点ですでにツッコミが間に合わない。「一部の人」とは? そもそも、なぜこのフォントにしてしまったのか……。

 さらにスクロールすると、ますます謎が深まってしまった。


画像 皿の上に母がいるとは……?

 「最高の美味は消え味(消え味 消え味 消え味 消え味) ものすごく惚れた人に口の中を撫で回される感じ 皿の上に母がいる」。……はい。


画像 なんなの?

 “スーパーデザート”の「ハニートラップ」(500円)を食べると、食べた人同士は必ず目を合わせる、ということと、「あなたが来ないと潰れちゃう」と訴えかけてきていることは伝わった。何から何まで、何も分からないので、現地に行って確かめてみることにした。

 「一部の人に理解される」とは? 「皿の上に母」とは? 「消え味」とは? 「ものすごく惚れた人に口の中を撫で回される」ような味なの? 「スーパーデザートは食べた人同士は必ず目を合わせる」の? 問いただしたいことはたくさんある。

 横浜の白楽駅を降りて徒歩10分弱。Webサイトにあった文言をここでも主張している外観が、存在感を放っていた。


画像 怪しさ満点

画像 ベッキーが絶賛していらっしゃる

 店内に入ると、北欧あたりでスープを煮込んでいそうな、柔らかいクッキーを焼いていそうな、そんな風貌のおばあさんが切り盛りしていた。メニューはカレーのセットとデザートのみ。注文の品が出てくるまで、Webサイトを見てつのらせた疑問の数々をぶつけてみることに。

―― Webサイトがすごくて……その、気になって来てみたんです。

お店のおばあさん 「ホームページはね、思いつきだね」

―― えっ。思いつき。

お店のおばあさん 「思いつき」

―― はあ……。


画像 エイプリルフール用のWebサイト。6月現在も戻すのを忘れてこのままになっている

―― 「一部の人に理解される」、とはどういうことでしょうか?

お店のおばあさん 「みんながみんな同じ理由で食べに来るわけじゃないでしょう? だから全員ではなくて、一部」

―― ???

お店のおばあさん 「みんなに理解されたら、お店に入りきらないから。このお店に入れるだけの人が理解してほしいって意味なの」

―― なるほど……。じゃあ、「あなたが来ないと潰れちゃうお店」、とは?

お店のおばあさん 「平日はね、週末よりもお客さんが少ないの。だから来てくれないと潰れちゃうの……」

 と言いながらも、札幌にある第一号店は16年前から、この横浜のお店は8年前から続いている上、2014年に、ガチでうまい横浜の商店街カレーNo.1決定戦「ガチカレー!」で金賞を受賞しているという。味には期待できそうである。


画像 紙ナプキンもなんか変

 なお、「皿の上に母がいる」のフレーズは、卓上に置いてある紙ナプキンにまでプリントされていた。この紙ナプキンは名刺代わりに作っているそうで、「思いついたフレーズをプリントしてみた」のだという。Webサイトのみならず、これも思いつきでしたか、そうですか。

 さて、そうこうしているうちに、カレーのお出ましである。


画像 もろもろっとした感じ

 ほろほろしたチキンが、お米に絡みつく。


画像

 ひと口食べると、旨味の詰まったエキスが口の中に広がった。と思ったら、口の上でスッと味が消える。これは……確かに“消え味”という表現がしっくりくる。しつこすぎず、あっさりとしているわけでもなく、ひと口、またひと口食べたくなる不思議な食べ心地である。

 このカレーは、パキスタンのパンジャーブ地方の一般家庭で食べられているもの。鶏肉から皮などの脂っぽい部分を取り、玉葱を甘みが出るまで煮て、ニンニク、ショウガ、鶏、塩、ターメリック、カイエンペッパー、トマトなどを入れて、素材から味を出すために7〜8時間弱火で煮込んでいるのだそう。

 あいにく私が1人で行った日の店内には、“目を合わせる”相手はいなかったが、せっかくなのでスーパーデザートも注文してみることに。


画像 店内の掲示物では、目を合わせることをやたらと強調している

画像 スーパーデザート「ハニートラップ」(500円)

 クリームチーズに蜂蜜がかかっているのかと思いきや、なんとこれは市販のブルガリアヨーグルト。だが、クリームチーズのような固さで、カスピ海ヨーグルトに近いもったり感。こっくりと甘くて止まらなくなる味。これは、“スーパー”なだけある……! お店のおばあさんが「これを誰かと一緒に食べたら、本当にみんな目を合わせるよ」としきりに言うのを聞きながらたいらげる。市販のブルガリアヨーグルトがどうやったらこんな食感になるのかは企業秘密と言われてしまった。

 「新規のお客さんは少なくてね。リピーターが多いの。リピーターさんのおかげでうちの店は続いているようなものよ」とお店のおばあさんは言う。そりゃあ、あのWebサイトと外観だったら、そうでしょうよ! と叫びたいのをこらえて、お店を後にした。おばあさんはこうも言っていた。「一度食べると、体が味を覚えてクセになっちゃうのよ」。帰りの電車の中で私は、すでにまた食べたい気持ちになっていたのだった。私も「理解する一部の人」の仲間入りである。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo)。フリーライター・編集者・コラムニスト。ジャンルは、女子カルチャー/サブカルチャーなど。ROLa、日刊サイゾー、マイナビ、COLOR、ぐるなび、等コラム連載多数。一風変わったスポットに潜入&体験する体当たり取材が得意。近著に『ひとりっ子の頭ん中』(KADOKAWA中経出版)。構成書籍に『女子校ルール』(中経出版)。ゲーム音楽と人狼とコスプレが好き。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/04/news076.jpg 君島十和子の長女・君島憂樹、 “母上のお洋服”を拝借したシャネルコーデが超絶美人 「お人形さんかと」「素敵すぎ」
  2. /nl/articles/2312/02/news048.jpg 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. /nl/articles/2312/04/news026.jpg 貞子もビビって逃げ出すレベル 驚異のハイスピードで迫るハムスターの姿に度肝を抜かれる人続出「怖いよ」
  4. /nl/articles/2312/03/news054.jpg 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  5. /nl/articles/2312/04/news028.jpg 愛猫に「猫鍋」をもらったのに、夢中になったのは予想外の…… 「違う、そうじゃない」とツッコむ展開に笑ってしまう
  6. /nl/articles/2312/04/news022.jpg 秋田犬の子犬、これで生後4カ月!? ベビーデカワンコの抱っこが「“超”大型犬ですよね」「かわいいの塊でたまらん!」と話題
  7. /nl/articles/2312/04/news021.jpg いつも空いているドッグランが大盛況→常連の柴犬が困惑のあまり…… 胸がキュッとする“うろたえっぷり”に応援の声続々
  8. /nl/articles/2312/03/news057.jpg クロちゃん、20歳年下の恋人に旅行持ちかけるも「行かない」 交際1周年のお祝いもなし「1回しっかりしゃべりたい」
  9. /nl/articles/2312/04/news099.jpg 笑福亭鶴瓶、夜中に“超一流俳優”たちの呼び出しでパジャマ出動 豪華メンツの泥酔姿に「凄いメンバー」「映画撮れそう」
  10. /nl/articles/2312/04/news016.jpg 写真家が「もう二度と撮れません」と語るエゾモモンガの水平飛行 貴重な1枚に「感動しました」「最高です!」と絶賛の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」