ニュース
» 2015年07月06日 17時19分 公開

カワハギと間違えて……毒持ちのフグを食べてしまった人が話題に どうやって見分ければいいの?

食べてしまった人は無事でしたが、食用としてすら認められていないフグでした。

[コンタケ,ねとらぼ]

 釣りに出かけたところ、カワハギと間違えて毒持ちのフグの一種「キタマクラ」を釣って食べてしまった人がTwitterで話題になっています。

 投稿者が「カワハギ・ハゼ・べら・念仏鯛が釣れた」「家で煮付けにして食べた」として投稿した写真に写っていたのはカワハギではなく毒を持ったフグの一種「キタマクラ」。写真を見たTwitterユーザーからは、「それはカワハギではなくキタマクラという毒魚ですよ!」といったリプライが多数寄せられる騒ぎに。なにせフグの一種ですので、みなさんのツイートもかなり切羽詰まったものばかり。みんなが心配する中、特に体調を崩すようなこともなく無事だったことが本人より13時間後にツイートされました。

Twitterのトレンドにも一時「キタマクラ」が

 厚生労働省の医薬食品局食品安全部監視安全課に問い合わせてみたところ、「キタマクラ」はそもそも食べられるフグとして認められていないということです。同省では「処理等により人の健康を損なうおそれがないと認められるフグの種類及び部位」を定めているのですが、「キタマクラ」はこの中に入っていません。

 もし食べてしまった場合、普通のフグ毒にあたった時と同じ症状が出る可能性があります。ただし、フグの毒には個体差があるため、今回は運良く毒性のない(または極めて弱い)個体だったようです。

 なお、フグを調理して販売するには免許が必要になります。「自分で釣って自分で調理した場合は法で縛れるものではない」(福祉保健局)とのことですが、専門の知識・技術を持った人以外が調理するのは避けるべきでしょう。

 カワハギとキタマクラの見分け方について国立研究開発法人水産総合研究センターに聞いてみたところ、「模様や形などが大きく異なるため分かっていればすぐに見分けられる」ということでした。カワハギ釣りに行くときは、事前に「キタマクラ」の模様と形を確認しておいたほうが良さそうです。

「カワハギ」の画像検索
「キタマクラ」の画像検索

 自分で釣った魚を食べるのは楽しくておいしいですが、毒魚の知識をつけておかないといけませんね。みなさんも、釣りに行く際は十分ご注意を。

(コンタケ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる