ニュース
» 2015年09月18日 12時10分 公開

小林製薬「アンメルツ」の語源は「あんまを詰める」? うわさを検証したら深い歴史背景があった

そう、私たちはまだ「アンメルツ」を知らなかったのだ……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]
画像

 CMでもおなじみの、肩こりや筋肉痛に効用がある小林製薬の塗り薬「アンメルツ」。この製品名の由来が、「あんま(按摩)」をパッケージに「詰める」製品、「あんまつめる」から「アンメルツ」になった、とTwitterでうわさになっています。

 きっかけは、「『アンメルツ』ってそういう意味だったの」という一文を添えてTwitterに投稿された、1926年の広告イラスト。神戸精研堂医局の薬品「アンメルツ」を宣伝したもので、キャッチコピーに「あんまの瓶詰」の字が大きく掲げられています。効能はリウマチ・神経痛・肩こり・疲労痛と、現在の我々が知る小林製薬の「アンメルツ」に似ています。

 「あんま」とは当時国内で主流だった、身体をもんで血液の循環を良くする手技療法のこと。これを生業とする人も略して「あんま」「あんまさん」と呼ばれていました。その「あんま」をビンに「つめる」イメージで名付けられた「アンメルツ」という薬品が、小林製薬に渡って今の「アンメルツ」になったのでは――という見方がネットで広がっています。

画像

 さて、実際に「アンメルツ」は「あんま詰める」が由来なのでしょうか。

 小林製薬の広報部に聞いてみたところ、同社では戦前に「あんまの瓶詰」というキャッチコピーが付いた薬品「アンメルツ」を他社から譲り受け販売していたことがあるそう。薬品は、瓶に入った液体を付属の小さなハケで患部に塗るタイプ。資料がほぼ残っていないため、いつどこから受け継いだのかは不明です。

 Twitterで話題の広告を確認してもらったところ、小林製薬へ譲る前に元の会社が作った可能性があるとのこと。おおお、では、「アンメルツ」の由来は本当に「あんま詰める」だったのか!?

「その可能性は否定も肯定もできません。そもそも小林製薬が今現在販売している『アンメルツ』は、昔譲り受けた『アンメルツ』とは関係なく、弊社がゼロから新しく作った用法も成分もまったく異なる別物なんです」と広報担当者。

 なんと小林製薬には、昔に譲り受けてすでに終売した“旧アンメルツ”と、今CMなどでも見かける1967年に発売された“新アンメルツ”、2つのアンメルツが存在しているのだそうです。うわー、なんかややこしくなってきた!

 新「アンメルツ」誕生のきっかけは1960年前半。社員の男性が外用薬を貼ったまま女性とデートしたところ、年寄り臭いとフラレてしまう悲劇が起こってしまいます。そこで外から見ても使っているのがわからない、液体の外用消炎鎮痛剤を開発することに。当時の液体の外用薬は、ビンに入ったものを小さな筆を使って患部に塗るのが主流だったのですが、塗りながらビンを倒してこぼしやすいのが欠点でした。試行錯誤を重ねた結果、患部へ直接塗れる上に倒れても中身がこぼれないフタ「ラバーキャップ」を完成させ、今私たちが知る「アンメルツ」の形で発売したそうです。

画像 あのラバーキャップは試行錯誤の末に生まれたのだった

 このように塗り方がまったく違う上に、新「アンメルツ」は主成分にもサリメント、メントール、マレイン酸クロルフェルラミンを使うなど薬品の成分も完全に異なるのだそう。

 新薬にどうして「アンメルツ」と名付けたのかは、資料が残っていないため小林製薬でもわからないそう。ただし社内には、英語の「アンチ」(反対)とドイツ語の「メルツ」(痛み)を組み合わせて「アンメルツ」になったという説があり、これが一番有力だとされています。うーん、こちらも説得力がある。ただ、旧「アンメルツ」との関わりも完全に否定することはできないそうです。

 まとめるとこう。

  • 販売されている小林製薬「アンメルツ」の名前の真の由来はわからない。
  • 社内で一番有力な説は、英語「アンチ」とドイツ語「メルツ」を組み合わせたというもの。
  • ただし小林製薬では別の薬品「あんまの瓶詰 アンメルツ」を販売していた過去があり、現在の「アンメルツ」の名前がまったく関係ないとは断言できない。

 CMで聞き慣れすぎた商品名に、まさかここまで複雑な歴史背景が詰まっていたとは……これも50年近いロングセラー商品ゆえなのかもしれません。「あんま詰める」なのか「アンチ+メルツ」なのか。いずれにせよ「なんか効きそうなネーミング」ということで患部にぬりぬりしていきましょう。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」