ニュース
» 2015年12月21日 21時07分 公開

2016年春の花粉飛散予測

2016年のスギ花粉の飛散開始時期は、西日本と東日本で平年より早まるでしょう。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
花粉 2016年春のスギ花粉飛散開始予測(前線図)

 2016年の1月と2月は西日本と東日本で気温が平年並みか平年より高くなる見込みです。この時期の気温が平年より高いと花粉の飛散が早まる傾向にあることから、2016年のスギ花粉の飛散開始時期は、西日本と東日本で平年より早まるでしょう。一方で、北日本は平年並みとなりそうです。

九州・四国を進む花粉前線

 花粉前線は、2月5日頃には九州や四国にまで到達する見込みです。また静岡でも飛散開始となるでしょう。花粉前線は次第に北上し、2月10日頃には中国地方から関東南部にまで到達する見込みです。また、スギ花粉は飛散開始と確認される前から、わずかながらもうすでに飛び始めています。2月上旬に花粉の飛散開始が予測されている地域では、1月のうちから花粉症対策をするのがおすすめです。

前シーズンに比べると……

 花粉の飛散量は、例年との比較では西日本や東日本では少ない予測の所が多いものの、前シーズンに比べると九州・四国・東海地方で多いかやや多く、非常に多く飛散するところもある見込みです。

花粉 前シーズンより福岡で3倍以上、愛知で4倍以上の飛散数予測

日々の生活からはやめの対策を

 実際にアレルギー症状が出てしまうと辛いもの……。花粉症の症状が出る前から薬による初期療法を始めると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中も症状を和らげることができます。また、ポリフェノールや乳酸菌が含まれる食品を摂るのも効果的と言われています。身近な食品の摂取は取り入れやすい対策ですね。本格的な花粉シーズンが到来する前から生活スタイルに合った対策を進めておきましょう。

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」