ニュース
» 2015年10月07日 19時05分 公開

第1回 2016年春の花粉飛散予測

今年飛散量の少なかった大阪はおよそ2倍近くになる予想。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
花粉

 日本気象協会は7日、第1回の「2016年春の花粉飛散予測」を発表しました。今年の春の花粉飛散数は西日本を中心に少なく、東北で多くなりました。来年の春の花粉飛散数は、九州から関東甲信にかけて今年の春と同じか上回る見込みです。

日本気象協会の花粉飛散予測

 日本気象協会は7日、全国・都道府県別の2016年春の花粉飛散予測(スギ・ヒノキ花粉、北海道はシラカバ)を発表しました。

 今回の予測は、今年の夏の気象条件などを基に作成しています。今後、花芽調査などのデータを加え、更新していく予定です。

花粉の飛散数は夏の天候次第

 花粉の飛散数は、前年の夏の天候が大きく影響します。前年の夏の天候に、気温が高く・日照時間が多く・雨が少ないといった気象条件が揃うと、花芽が多く形成されるため、翌年の花粉の飛散数が多くなると言われています。

今年の夏の天候

 北・東日本と西日本で天候が分かれました。

【気温】

  • 東北、関東甲信……7月下旬から8月上旬は太平洋高気圧が強まり、平年より高い。
  • 北陸、東海……気温の高い時期と低い時期があったため、平年並み。
  • 近畿から西……前線や台風、南からの湿った空気の影響を受けやすく、西日本は2年連続の冷夏。

【日照時間】

  • 北海道から関東甲信、北陸……ほぼ平年並み。
  • 東海から西……少ない。特に西日本太平洋側では特に少なくなりました。

【降水量】

  • 北海道や東北、北陸……平年並みか少ない。
  • 関東甲信から西……平年並みか多い。西日本太平洋側はかなり多い。

2016年春の花粉飛散数

【今年と比べた花粉飛散数】

 西日本ではほとんどの地域で、多くなるでしょう。東北地方はやや少なくなる見込みです。

【例年と比べた花粉飛散数】

 東北は夏の気象条件が揃ったため、多くなる見込みです。その他の地域では、夏の気象条件が揃わなかったため、例年より少なく、非常に少ない地域もあるでしょう。

 なお、東京は今年並み、今年少なかった大阪はおよそ2倍近くになる予想です。

花粉

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」