ニュース
» 2016年01月26日 11時35分 公開

毎年恒例の「東京湾大華火祭」、2016年夏から休止

選手村整備工事着手のため。

[太田智美,ねとらぼ]

 毎年夏の風物詩となっていた「東京湾大華火祭」が、2016年から休止となる。理由は約10万人の観客を収容していた花火大会のメイン会場が、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村となるため。その整備工事に着手し「安全・適切かつ十分な広さの観覧場所を区内に確保できない」として、中央区が主体となって開催することが困難と判断された。東京湾大華火祭は当面休止される予定。



 中央区は「晴海地区に大規模な観覧場所を確保することは困難」としながらも、今後新たな観覧会場の確保や打上げ場所の調整などを行い、東京湾を舞台とした同規模の花火大会が早期再開できるよう取り組んでいくとコメント。東京都及び周辺区、関係機関の協力を求めている。

 東京湾大華火祭は1988年から実施。多くの人に親しまれ、これまで27回開催されている。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う