ニュース
» 2016年02月17日 09時47分 公開

時代は空から海へ 水中観測ドローン「OpenROV」が日本でも発売へ

水中、それは身近なフロンティア。

[Jun,ねとらぼ]

 セキドから水中観測、撮影が可能なドローン「OpenROV v2.8 水中ドローンキット Japan Limited」の先行予約が開始されました。リリース時期は2月中旬、価格は税込みで37万8000円です。


OpenROV外観 潜水艇のような外観

 すでに海外でリリースされていた「OpenROV」は、組み立て、調整、テストなどを自分で行う必要がありました。セキドが今回販売する「OpenROV v2.8 水中ドローンキット Japan Limited」には、必要な機材がすべてセットされ、動作テストされた状態で出荷されるため、届いたらすぐに水中探索を始めることができます。


動画が取得できませんでした
YouTube上で公開されている潜水テスト。お魚もばっちり

 空中を飛ぶドローンと比べてしまうと高価ですが、通常のROV(遠隔操作無人探査機)は数百万〜数千万円するとのこと。それに対して「OpenROV」は、個人でも気合いの入れ方次第でなんとか手が届く、という価格帯です。

 性能面においては充電式リチウム電池で2時間駆動し、深度100メートルまで潜れることから、十分といえるでしょう。操作面においてもUSB接続のゲームパッドを利用できるので安心……! という方も、筆者を含めて多いのではないでしょうか。


OpenROV潜航 ネットで水中を実況! とか面白そうですね……でも場所とロストにご注意を!

 さらに詳しい情報は、セキドが運営する「OpenROV JAPAN」から参照することができます。そしてこのサイトでは、とても共感できる「OpenROV」誕生秘話も紹介されています。

「我が家の近くにある水中洞窟にはお宝が沈んでいるという噂がある。何とかして調べられないものだろうか?」という考えから、本当に水中探査ができるロボットを作ってしまったというのが、低コスト水中ロボット「OpenROV」です。(OpenROV JAPANより)


 お宝でなくとも、湖の首長竜や、河童伝説など…数々の謎が日本各地の水中にあります。もし自分がこのドローンを手にすることができたなら、その謎に近づくことができるかも……ワクワクと妄想が止まりません。


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news150.jpg 岡副麻希、愛車“ドラえもん号”をチラ見せ 夫の指導で「や〜っと! まっすぐ停められるように…笑」
  2. /nl/articles/2205/24/news195.jpg 華原朋美、プロメイクでの“劇的若返りショット”が驚き呼ぶ 「あの頃のともちゃん」「憧れていた華原朋美さんが蘇った!」
  3. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  4. /nl/articles/2205/24/news208.jpg 漫画家・冨樫義博さんがTwitter開設か 『ワンパンマン』村田雄介さんからの“本人確認”報告も
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/24/news141.jpg BIGBOSSに続くブーム到来? 日ハム、魅惑のチアパフォ「きつねダンス」に中毒者が続出する
  9. /nl/articles/2205/25/news092.jpg 佐田真由美、27年前の写真にセルフツッコミ「整形ばりに顔が違う」 ティーン時代のフレッシュな歌唱姿を公開
  10. /nl/articles/2205/24/news185.jpg 写真から人やモノを“一瞬”で消せるツールが「超便利」と話題に→実際にやってみたら本当に“一瞬”だった

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響