ニュース
» 2016年02月17日 09時47分 公開

時代は空から海へ 水中観測ドローン「OpenROV」が日本でも発売へ

水中、それは身近なフロンティア。

[Jun,ねとらぼ]

 セキドから水中観測、撮影が可能なドローン「OpenROV v2.8 水中ドローンキット Japan Limited」の先行予約が開始されました。リリース時期は2月中旬、価格は税込みで37万8000円です。


OpenROV外観 潜水艇のような外観

 すでに海外でリリースされていた「OpenROV」は、組み立て、調整、テストなどを自分で行う必要がありました。セキドが今回販売する「OpenROV v2.8 水中ドローンキット Japan Limited」には、必要な機材がすべてセットされ、動作テストされた状態で出荷されるため、届いたらすぐに水中探索を始めることができます。


動画が取得できませんでした
YouTube上で公開されている潜水テスト。お魚もばっちり

 空中を飛ぶドローンと比べてしまうと高価ですが、通常のROV(遠隔操作無人探査機)は数百万〜数千万円するとのこと。それに対して「OpenROV」は、個人でも気合いの入れ方次第でなんとか手が届く、という価格帯です。

 性能面においては充電式リチウム電池で2時間駆動し、深度100メートルまで潜れることから、十分といえるでしょう。操作面においてもUSB接続のゲームパッドを利用できるので安心……! という方も、筆者を含めて多いのではないでしょうか。


OpenROV潜航 ネットで水中を実況! とか面白そうですね……でも場所とロストにご注意を!

 さらに詳しい情報は、セキドが運営する「OpenROV JAPAN」から参照することができます。そしてこのサイトでは、とても共感できる「OpenROV」誕生秘話も紹介されています。

「我が家の近くにある水中洞窟にはお宝が沈んでいるという噂がある。何とかして調べられないものだろうか?」という考えから、本当に水中探査ができるロボットを作ってしまったというのが、低コスト水中ロボット「OpenROV」です。(OpenROV JAPANより)


 お宝でなくとも、湖の首長竜や、河童伝説など…数々の謎が日本各地の水中にあります。もし自分がこのドローンを手にすることができたなら、その謎に近づくことができるかも……ワクワクと妄想が止まりません。


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声