ニュース
» 2016年02月29日 21時00分 公開

「22時を過ぎても貸し切り客が来ない……」深夜にパスタ店が悲しいツイート → みんなのお腹を満たすほっこりな結末に

みんな大人な対応でした。

[コンタケ,ねとらぼ]

 イタリア家庭料理屋の「パンチャ・ピエーナ」(埼玉県深谷市宿根)にて、貸し切りの予約客が来なかったことから始まった、ちょっといい話が話題になっています。お店の対応、Twitterユーザーの協力、そして予約客たちの後日談まで、みんなの大人な対応にグッときました。


パンチャ・ピエーナ イタリア家庭料理屋「パンチャ・ピエーナ」公式サイト

 2月27日、「パンチャ・ピエーナ」の公式Twitterから、悲しいつぶやきが投稿されます。19時半から貸し切り予定の客が、22時を過ぎても誰も来ないというのです。主人は“40人分の料理や食材がかわいそうなので、0時ぐらいまでに来てくれたら料理を無料で配布する”と告知しました。



 すると、このツイートにTwitterユーザーたちの同情が集まったのか、なんと3万件を超えるリツイートが集まります。そのかいあって、23時には全料理の配布が完了。感謝の意を述べると同時に、予約客とも連絡が取れたことを報告しました。



 そして翌28日、公式サイトのブログで、この件についての詳細が明かされました。


ブログ ブログ記事「お騒がせ致しました…待ち人来ず…の件」

 来なかった予約客は結婚式の二次会のために予約をしていたとのことですが、“仮予約”のつもりであったことや、新郎本人が予約をしていたため当日の忙しさで仮予約にまで気が回っていなかったことなどが原因だったそうです。同時に、大きな予約なので実際に来店してもらい、前金などをもらっておくべきであったことや、声を荒げてしまったことなど、自身の反省についてもつづっています。また、Twitterの反応の大きさに驚いたとも。

 さらに、ねとらぼ編集部では「パンチャ・ピエーナ」さんからこの件について、コメントをもらいました。

 お話によると、この予約客はその後菓子折りを持って店に訪れ、料理の全額を支払ってくれたそうです。食べていない料理の料金を支払ってくれた上に、疲れているであろう結婚式の翌日だったため、申し訳ない気持ちでいっぱいになったとのこと。

 また、料理を無料で配布したのは、以前から日本の食料自給率は低いのに廃棄が多いことを嘆いていたためだったそうです。それだけに、料理を廃棄せずに済んだことは、うれしかったそう。地産地消を意識して営業しているとのことで、「もったいない」の意識をは大切に思うとのこと。

 いろいろとありましたが、料理は無駄になることなく、料金もしっかりと払われ、最後は丸く収まったようです。いやあ、よかった。


パンチャ・ピエーナ 「パンチャ・ピエーナ」の店内(公式サイトより)

関連キーワード

料理 | 予約 | イタリア | 結婚式 | 埼玉


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ