ニュース
» 2016年02月05日 17時53分 公開

3DSを壊してしまい修理に出した8歳児が下手な大人よりしっかりした謝罪文を任天堂に送付 ネット上で称賛の声

データは全て無事に復旧。イイハナシダナー。

[コンタケ,ねとらぼ]

 「ニンテンドー3DS」を水没させてしまった8歳児が自分で書いた手紙を同封して任天堂に修理を依頼したところ、ネット上で励ましの声が多数寄せられ、データも無事復旧するという心暖まるお話がTwitterに投稿されました。修理を依頼した8歳児は、励ましてくれたネットユーザーたちにお礼の手紙を公開しています。




手紙

 事の発端は1月31日、Twitterユーザーの若語録(@illil_)さんの8歳の子どもが、3DSを水没させてしまったことによります。リュックの中で水筒が倒れた際に蓋が開き、3DSの一部を水没させて壊してしまいました。若語録さんが自分で任天堂に問い合わせるように言うと、子どもは自力で修理の手続きを完了。さらに、自分で書いた手紙を同封して、任天堂に送付しました。

 なお、手紙の内容は以下の通り。

水につけてしまってもうしわけございません。もうぼくといつもいっしょだった3DSとあえないかくごをしたいと思います。これからは水とうのふたを、ちゃんと、しめるように心がけます。本当にもうしわけありませんでした。

 とても8歳児が書いたとは思えない、しっかりとした文章です。同時に、子どもにとってはとても大事な3DSのデータが消えることを受け入れた、覚悟と無念が伝わってきます。切ない。

 この手紙をみたユーザーからは、「ちゃんと自分で考えて行動できるのがすごいです」「手紙の真面目さに泣けました」「きっと息子さんの気持ちが通じると思いますよ」「自力でとらせるあたりいい教育方針だと思います」「息子さんのデータがご無事でありますように」といった、励ましや称賛の声が上がっていました。











 若語録さんはこれらの励ましの声に対し、「皆さまのあたたかいお言葉にうれしさのあまり、泣けてまいりました。本当にありがとうございます」とお礼の言葉を投稿。また、複数届いた「代金を支払って修理してもらうのに、依頼する方が謝る必要はないのではないか」という質問に対し「息子にとって3DSは暇つぶしの道具ではなく、切望してようやく手に入れた宝物」「こんな素晴らしいものを発明してくれた任天堂は、息子にとって神様のような存在なのだろうと理解しました」と説明しています。













 それから数日たった、2月3日。若語録さんに任天堂から、本体交換とシリアルNo.を変更して修理する旨を伝えるメールが届きました。若語録さんも、データの復旧まではできなかったかと覚悟した様子。



 そして翌日、修理の終わった3DSが到着。子どもに渡して電源を入れてみると……データは生きていた! 全データが無事に残っており、子どもは「ぼくのDSだ!」と笑顔になったそうです。いやぁ、よかった。





 そして最後に、励ましの言葉を投稿していたネットユーザーに対し、子どもが手書きでお礼のメッセージを公開。多くの大人たちをホッコリさせました。以下、お礼のメッセージです



ぼくの3DSがかえってきました。中はそんなにかわっていませんでしたが、外は、しんぴんのようにピカピカにかわってしまいました。けれど、ぼくは3DSがかえってきただけで、うれしいです。チョイッターのみなさまたくさんのおうえんありがとうございます。これからも、3DSを大切にします。


手紙 子どもからネットのみんなにメッセージ


子ども 手紙を書く様子

 こちらもまた、実にしっかりとした文章です。「チョイッター」になっている点も、逆にほほえましい感じ。また、新品のように新しくなったことを残念がっているところから、いかに3DSを大事にしていたかがうかがえます。この出来事は広く拡散され、なんとハンガリーで記事になりました。すごい。

 優しくもしっかりとした少年が全日本をほっこりさせた、ちょっといい話でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる