ニュース
» 2016年03月18日 22時00分 公開

ジブリが使用したアニメ制作ソフト「Toonz」、ドワンゴがオープンソース化し無償公開

3月26日に公開。

[ねとらぼ]

 ドワンゴは3月18日、スタジオジブリなどが長年利用してきた伊DigitalVideo社のアニメーション制作ソフト「Toonz」を買収し、誰もが無償で利用できて改良できるオープンソースソフトウェア「OpenToonz」として、3月26日に公開すると発表した。

OpenToonz

 「OpenToonz」には、スタジオジブリが独自に開発した「Toonz」向けの機能(※Toonz Ghibli Edition)や、人工知能技術を使った「OpenToonz」向けのエフェクト、誰もがエフェクトを追加できるプラグイン機能を搭載。いずれも無償で提供する。


 アニメ制作に関連するさまざまな研究成果をすぐに制作現場に生かせるようなプラットフォームを作り、学術研究と映像産業が活発に連携できる環境を提供することが狙い。

 3月26日・ 27日の「AnimeJapan 2016」で、同ソフトの展示・説明会を実施。26日のセミナーにはドワンゴ会長・川上量生氏のほか、「OpenToonz」について共同研究を行っている東京大学大学院情報学環の岩澤駿助教、スタジオジブリ エグゼクティブイメージング ディレクターの奥井敦氏が登壇する。

関係者からのコメント

ジブリ奥井敦氏:1995年「もののけ姫」制作時に一部をデジタル制作する為、当時使用できたソフトから選定したのが「Toonz」です。混在させても違和感が無く、劇場クオリティでもストレスなく作業できる事が条件でした。以降、メジャーバージョンアップも乗り越え、より使い易く改良を重ねながら使用してきました。今回のオープンソース化にあたり、Ghibli Editionも提供できる事になりました。アニメーション業界はもとより、より多くの人に使用していただければ幸いです。DigitalVideo社スタッフに感謝いたします。

Toonz開発者Claudio Mattei氏:Toonzをオープンソースプラットフォームにし、アニメーション業界に提供するというドワンゴとの契約は、Toonzを2Dアニメーション業界の標準にするというDigitalVideo社の戦略がひとつの到達地点に達したものと考えています。同時に、これは我々にとって、オープンソースビジネスモデルを推進するという新たな始まりでもあります。DigitalVideo社は既存ならびに新規の顧客に対して、Toonzのトレーニングやカスタマイズを提供することによってこれを実現していきます。我々は1995年から「Toonz」を使い続け、最も高名なユーザーでもあるスタジオジブリや、ドワンゴとともに今回の取り組みを行えることを誇りに思っております。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン