ニュース
» 2016年03月21日 15時00分 公開

そこはプラレールの王国だった 店主の親心から生まれたプラレールカフェで笑顔に

巨大プラレールがドーン!

[茂木宏美/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 鉄道オタクをはじめ電車好きの子どもやファミリーに大人気のカフェがある。それが「プラたく」。タカラトミーが販売するプラレールが、ドーーーッンと店内に構えていることで有名なカフェだ。その大きさは畳一畳分とか。それが、どれほどスゴイものなのか、この目で見ようと出向いてみた。

 京成線「高砂」駅から歩くこと5分、プラレールの色と同じ青色が目印の看板を発見。


画像 店の看板には青色のプラレールが描かれている

画像 カプセルプラレールのガチャガチャが店頭に

 目に飛び込んできたのは、でっかいプラレール。いきなりの登場に驚かされ、しばしぼう然となった。


画像 黄色の城って感じだ。確かにデカイ

 店内奥にも壁一面に新品のプラレールがずらりと並んでいる。まるでおもちゃ屋さんのよう。ここは本当に「カフェ」なのだろうか?


画像 定番プラレールはしかり、レア商品もあるそ!

画像 地元の鉄道会社、京成線もあった

 案内してもらった席はあの巨大なプラレールが隣接し、車両が走る横で食事を楽しめる人気のスペース。座ってプラレールを見上げると、その大きさに圧倒されそうだ。聞けば、高さは1メートル60センチ。台座60センチを足すと2メートル20センチにもなるのだそう。


画像 家族で楽しめそうなベンチとテーブル

 このプラレールは今年組み直したばかりのNEWレイアウト。組み立てるのは、ぺたぞうさんという、“一畳プラレール”の達人だ。「曲線と直線のレールだけを使用して、一畳の中に組み立てるのは、それはそれは難しいんですよ」とプラたくのご主人・岡田さん。ぺたぞうさんとは大の仲良しで、2人ともプラレールのサークルの立ち上げメンバーだそう。


画像 下から3階層分は、持ち込み車両を走らせることができる!


画像 スカイツリーもいるぞ!

 レイアウトは2段セットで7階層あり、車両は違うルートを通って、また元の場所に戻って、と一筆書きのように走る。しかも7階層のうちの6階層が違う組み立て方をしているというのだ。なんて複雑なプラレールタウンなのだろう。そこに、新商品を中心に4編成が走っているのだとか。さらにカメラを内側に仕込み、複雑な構造を走る車両をモニターで見ることができる。


画像 見上げるように写真を撮ったら、スゴイ構造が見えた!

画像 モニターまでプラレールの中に! 臨場感あふれる映像を見ることできる


画像 動いている車両の写真撮影はなかなか難しい

 動いている車両を上手く撮るために何度も挑戦しているうちに、徐々に撮影することにハマってきた。さらに店内を物色すると、天井付近にも車両が走り、壁にも模型や写真が飾られている。


画像 このレールは高等専門学校生が作成してくれたのだそう

画像画像 壁だけ見ていても飽きない

 いすみ鉄道とのコラボスイーツもある。プラレールのスイーツは今後展開予定だそう。


画像 いすみ鉄道とのコラボスイーツ

 さらにはキッズスペースまでも。DVDや本など充実しすぎている。


画像画像 キッズスペース

 圧巻の光景に打ちのめされたかのようにポカンとしていた筆者に、岡田さんが「ぜひトイレも見てください」と言ってきた。トイレに向かい、ドアを開けると、なんとトイレの中までプラレールまみれだった!


画像 手洗いの下にも“詰まってる”!

画像 その上を見上げると、わぉ、たくさんいる

画像 そして奥には「ヒカリアン」が! テレビ放映されていてアニメのキャラクターが勢ぞろいしているのだ。ヒカリアンはプラレールに乗せることができる

 ここまでプラレールで埋め尽くされていると、なぜにこんなに集め出したのか? という疑問が出てきた。岡田さんは「息子が生まれて、甥っ子からプラレール車両をもらったんですね。そして車両を買い足していくうちにハマってしまいました。今では200種類、600〜800車両くらいありますね」と笑顔で話してくれた。恐るべき車両数である。


画像 プラレール歴9年の店主・岡田泰一さんは、息子さんと一緒にプラレールを楽しんでいるそう。「ここは、大人も、子どもも楽しんでもらえる場所ですよ」

 一畳プラレールを筆頭に、さまざまなプラレール車両やそれらに関連したおもちゃなどが揃う「プラたく」。まさに「プラレールの王国」だ。一度訪れると、ほとんどの人がリピーターになってしまうそうだが、確かにプラレールの魅力をこれだけ見せられたら、ファンでなくても、ハマってしまうのも頷ける。

プラたく

東京都葛飾区高砂3-8-16

10時〜18時 水曜定休



(茂木宏美/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響