インタビュー
» 2016年05月20日 11時20分 公開

連載13年「解体屋ゲン」原作者に聞く、衝撃的な「女児向けアーケードゲーム回」 その誕生秘話

なぜ「今」を描き続けるのか、原作者・星野茂樹さんにお話を聞きました。

[はためく惑星ねとらぼ]

 芳文社「週刊漫画TIMES」で13年にわたって連載されている漫画「解体屋ゲン」(作画:石井さだよし 原作:星野茂樹)。その中でも屈指の“衝撃エピソード”として話題になった第655話「秘密の花園」が、石井さんの公式サイトで無料公開されています。

 なぜいま無料公開に至ったのか、なぜリアルタイムな話題を作中に取り入れるのかなど、原作者の星野さんに聞きました。

解体屋ゲン - 第655話「秘密の花園」 「解体屋ゲン」第655話 1ページ目からすでにすごいインパクトですが、現実になくもない状況ということもすごい

 漫画「解体屋ゲン」の主人公は「五友爆破株式会社」社長・朝倉巌。自らも現場で働き「ゲンさん」の愛称で親しまれる彼は、かつては世界的な爆破解体技師として知られたプロ中のプロ。一緒に働く時田英夫(ヒデ)や、近藤敏行(トシ)といった仲間たちと、各地の解体現場やさまざまな難題・事件に日々ぶつかっていきます。

 今回の無料公開のきっかけは、星野さんがTwitterで女児向けアイドルゲーム「アイカツ!」が新シリーズへの移行のため旧筐体の稼働停止を始めたことを知ったからだそうで、星野さんから石井さんと編集部に掛け合って公開を決めたそう。

 第655話では架空の女児向けゲーム「ワクワークガールズ」(通称「ワクガ」)が登場し、トシとヒデがこっそりプレイしゲームにハマります。大人の男性が女児向けゲームに熱中することが社会現象ともなっている昨今、現実にも同じような人たちは存在しますね。ネットの言い方を当てはめれば「ワクガおじさん」でしょうか。

ゲンさんにみつかる2人 「ワクガ」を遊んでいるのを見つかる2人
ゲンさんに言い返すトシ 2人とも専用バインダー持参のガチ勢


 2人ともキラシールでデコった「専用バインダー」持参するハマりぶり。女児向けゲームを遊んでいることをからかわれますが、トシは「そこまで言うならまずお前がやってみろ!」と切り返し、ゲンさんもよく分からないままワクガをプレイすることに。

ヒデさんによる「ワクワークガールズ」説明 ヒデさんによるゲーム解説 最近のゲームのできにうなるゲンさん

 作中の「ワクワークガールズ」では、ゲームを成功させてアイテムを集め、プレイヤーの女の子をランクアップさせていきます。建設機械を扱うところが斬新ですが、現実の女児向けゲーム「アイカツ!」「プリパラ」などを思い起こさせるシステムです。こうした現実の話題を取り入れることについて星野さんは、「流行を追うのが目的ではなく、その時代の空気を切り取れたら、後で読んでも古臭くならないし当時を思い出して共感してもらえる」と、漫画に時代を描き残すことの意義を語ります。

 ゲームの序盤は持ち前の作業経験でなんなくこなしていくゲンさんですが、途中でランマー(地面を固める機械)に石を挟んでしまいゲームオーバーに。トシからも大笑いされ怒りかけるゲンさんでしたが、ゲームオーバー時のキャラクターのせりふと表情にハートを射抜かれてしまいます。

ノリちゃんのに思わずときめいてしまったゲンさん 「ズキュン」とハートを射抜かれてしまうゲンさん

 その後、ゲンさんもワクガにどっぷりとハマってしまうのですが、ここから先は実際に公式サイトでご覧いただきたいです。女児向けゲームだけならずアーケードゲームファンならば誰もが経験しうる問題、そして、1つのゲームを愛した人の熱い姿が描かれています。

 これまでも「解体屋ゲン」はニコニコ動画やUstream、TwitterにFacebook、インディーゲームや擬人化萌えアニメといった数々の題材を取り入れてきました。もちろんそれだけでなく、現実に起こっている建築業の抱える問題や労働者たちの置かれた現状など、さまざまな「今」を漫画の中に切り取っています。

 しかし、一方で「解体屋ゲン」はこれまで単行本や電子書籍などがほとんど販売されず、一度雑誌を逃すと過去の回を読むことは困難という状況に置かれていました。今回の無料公開も、過去回をもう一度読んでもらうための取り組みの1つといえます。

解体屋ゲン 1(危機一髪爆破解体編) 通算670回を超える連載で、出た単行本はわずか3冊(画像はAmazonより)

 長きに渡って不遇の境遇にあった「解体屋ゲン」でしたが、昨年スマートフォン用アプリ「漫王」で、過去回を期間限定で無料公開することが実現。現在も第2期として101話〜200話が無料公開されています。

 星野さんはこれまでの状況について「ガラケーコミック、電子書籍、スマホアプリ、と周囲の状況がどんどん変わってゆく中で『解体屋ゲン』はそれに乗り遅れていました」とし、スマホ配信の実現を通じて「何かアクションを起こさなければ、なるものもならない」と感じたそうです。

スマホアプリ「漫王」にて過去回が無料公開中 スマホアプリ「漫王」で現在101話〜200話が無料公開中(画像は「漫王」より)

 また、星野さんは第655話の公開に「物語の強度が強ければ1話だけの公開でも読者に届く」という思いも込めたそう。「本当にいいと信じるものを描き続ければ、時代を越えて読んでもらえる」という原作執筆への思いを明かし、「今回の公開を通じてそれがちょっと確信に変わりました」と手応えを感じているようです。

 「解体屋ゲン」は、現在も過去回を公開する新しい道を各方面で模索中だそう。最後に星野さんは「読者の人がもっと読みたいと言ってくれるのが、作者にとっては一番ありがたいです。皆さん、応援よろしくお願いします!」とメッセージを送ってくれました。

(C)石井さだよし・星野茂樹

関連キーワード

無料 | 漫画 | 建設業 | 芳文社 | アイドル | 流行


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
  10. /nl/articles/2402/21/news145.jpg 46歳上原さくら、体調不良から子宮摘出を検討 手術ためらう気持ちも赤裸々告白「不安だし、申し訳ないし…と」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」