ニュース
» 2016年07月30日 10時00分 公開

京浜東北線の車窓からみえるタイヤだらけの謎の公園は一体何なの?

昭和44年からある古い公園。タイヤだけでなく、乗り物や機械の廃物を集めた「ガラクタ公園」がそのベースになっている。

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]
タイヤ公園

 JR京浜東北線で川崎から蒲田へと向かう途中、窓外を流れる住宅街の中に妙なものを発見した。いくつかの黒いオブジェのようなものと、地面に散らばる無数の黒い物体……。目に飛び込んできたのは「タイヤ公園」の文字が書かれている看板。もしや、あの無数の黒い物体は全てタイヤ? 一体どんな公園なのだろうか。


タイヤ公園

 公園はJR蒲田駅から南へ線路沿いの道を歩いて、およそ15分ほどの場所にあった。看板を確認すると、「タイヤ公園」の文字の下に「西六郷公園」と書いてある。西六郷とはここの地名なので、“タイヤ公園”という名は愛称なのだろう。

 園内をのぞくと、やはり無数のタイヤが散乱していた。その中を子どもたちが走り回っている。中へ踏み入ると、さきほど電車の中からみえたオブジェの正体がすぐに明らかになった。


 近くでみるとかなり大きい。恐竜のような、モンスターのような。


タイヤ公園 後ろ姿はこんな感じ

 タイヤが積み重ねられ恐竜のような造形で、背びれもタイヤでできている。長いしっぽの部分では2つに割ったタイヤの間を歩けるようになっている。単なるオブジェというわけではなく、遊具としても使えるようだ。他にも園内には、ロボットやロケットなど、タイヤでできたオブジェが並んでいた。


タイヤ公園 なかには、こんなに大きなタイヤの遊具も


タイヤ公園

 確認できただけでも、「ブリヂストン」「グッドイヤー」「ファイアストーン」「横浜ゴム」「ミシュラン」「東洋タイヤ」などさまざまなメーカーのタイヤがあった。

 子どもたちは、そんなタイヤの上に乗ったり飛んだり跳ねたり、そして中に隠れたり。転がしたり、お尻に敷いてすべり台から滑ったり、上手に扱って楽しそうに遊び回っている。自分が子どもだったら、こんな公園があれば毎日が楽しかったろうと思えた。

 木陰のベンチに座って子どもたちを見守っている若い父親がいたので、この公園によく訪れるのかを聞いてみた。「子どもが来たがるのでよく連れてきますよ」と答えてくれた父親は、彼が幼いころから遊んでいたなじみ深い公園なんだとか。ということは、少なくとも約20年前くらい前からこの公園があったことになる。また、孫とともに遊びに来ているというおばあさんによると、やはり彼女が子育てしていたころからタイヤはあったという。いつからタイヤがあるのだろう? この公園の成り立ちに興味がわいた。

 後日あらためて大田区役所に問い合わせてみたところ、この公園が開園したのは1969年(昭和44年)3月31日。造園される以前は、大田区が子どもたちの創造性をのばすべく、実際の乗り物や機械の廃物を集めた「ガラクタ公園」が開園されたが、園内に置かれた古タイヤが子どもたちの格好の遊び道具となったのを見て、タイヤを主体とした公園をもっと広い場所に新設する計画が立ちあがり、「タイヤ公園」ができたんだとか。なんと園内には約3000本もの古タイヤがあるとのこと。区が造園に先立ち呼びかけを行い、大手建設会社や自動車修理工場、航空会社などの協力があってタイヤを集めたそうだ。


タイヤ公園


タイヤ公園 1971年(昭和46年)5月31日のタイヤ公園

 タイヤの怪獣とロボットは開園した当時からあったという。改修工事が実施された1987年(昭和62年)に、高さ8メートルの大怪獣やタイヤロケットを設置。当時はオブジェの上に登ることができたようだが、現在は安全上の問題で禁止されているとのこと。開園当初はアメリカやオーストラリアなど、海外でも紹介されるほど話題の公園だったという。また古タイヤを利用していることから、エコの観点でみても他にはない先駆的な存在だったようだ。

 電車から見るだけでは、異様な場所としか思えなかったこの公園。しかし調べてみれば、およそ半世紀もの長い歴史を持ち、その間ずっと子どもたちの遊び場として存在していることが分かった。また二世代、三世代とこの地域に暮らす人々の生活に刻まれた場所であることも知ることができた。

 最後に、開園当時の貴重な写真をお借りすることができたので、筆者が撮影したものと見比べていただきたい。


タイヤ公園 今のロボット


タイヤ公園 昔のロボット


タイヤ公園 公園には団地が隣接している


タイヤ公園 昔も団地があった


タイヤ公園 今の子どもたち


タイヤ公園 昔の子どもたち

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)

関連キーワード

タイヤ | オブジェ | 恐竜 | エコロジー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」