ニュース
» 2017年01月26日 19時57分 公開

「他人のほうが幸せそうに感じる」「『いいね!』が少ないと腹が立つ」―― 調査結果にカスペルスキー「SNSは諸刃の剣」

SNSが現実の交流関係を良好にするとのポジティブな結果も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カスペルスキーがSNS利用者へのアンケート結果をまとめ、「ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響」と題して公開しました。ユーザーの過半数が楽しむために利用している一方で、「他人のほうが楽しそうに見える」といった回答も多く、SNSの功罪を示しています。


投稿内容 投稿内容から、利用目的自体はポジティブなものばかりだと分かる

 調査は世界18カ国の16歳以上の男女1万6750人を対象(日本の対象者は1000人)に、2016年10〜11月に実施されたもの。投稿内容を問うた質問では「自分が楽しいと感じたこと」が61%、「趣味」が54%、「イベントやパーティー/お出かけなど」が46%と回答の上位を占め、多くの人が前向きな理由でSNSを利用していることが判明しています。

 その一方で、「あなたが嫌な気分になった理由は?」と利用上の不満を問う質問も。最多回答は「迷惑な広告」(72%)ですが、次点の「誰かから『友達削除』をされた」(61%)以下、SNS上のコミュニケーションに関する回答が多数みられます。「自分の誘われていない催しに友だちが行っているのを見た」(59%)「他人が自分より良い人生を送っていることを知った」(57%)など、他人をうらやむような回答も。大多数が楽しいことを発信した結果、それを見て劣等感を持つ人が生まれる可能性を示しています。


不満点 「いいね!」があまりつかなかったことを気にする回答も多い

 自分の投稿に対する「いいね!」の数が気にならないと答えた数は、全体の31%と、大半は他者からの反応を気にしているようです。特に男性はその傾向が強く、24%が「『いいね!』の数が少ないと『自分は人気がない』と友だちから思われる」ことを心配(女性は17%)。「自分にとって大切な人が『いいね!』をくれないと腹立たしく感じる」「自分の友だちが他人の投稿に『いいね!』をつけていると嫉妬する」とする人も、20%以上確認されています。

 一定数のユーザーが「いいね!」に執着していることを示すデータも。「確実に『いいね!』がたくさん得られるのであれば、以下のことをしてみようと思いますか?」との質問に対し、男性の12〜32%、女性の5〜21%が「友だちや同僚の面白い情報や秘密を公表する」と認めました。「普段は口にしないような意見を強く主張する」「酒に酔った人の様子を投稿する」といった、危険を冒すような項目に「はい」と答えた人も少なくありません。


いいね狙い
いいね狙い 「いいね!」をもらうために「自分の裸をさらす」と答えた人が、男性で9%、女性で5%……!?

 SNS上のコミュニケーションが、現実の対人関係に良い影響をもたらすとする、ポジティブな調査結果も。SNSでつながって以来、相手と現実でこまめにコミュニケーションをとるようになったとする回答は、家族や友だち、同僚などいずれの相手でも68〜80%と高い数値を示しました。この傾向は親子関係に顕著で、55%の回答者が、SNSでつながって以来関係が良くなったと答えています。


関係良好 SNSでの交流は、おおむね現実の人間関係に貢献しているようです

 ただし21%の親が、「SNSで子どもに気まずい投稿を見られたことがある」とのこと。カスペルスキーは調査結果から、SNSを「実社会の対人関係に波及効果をもたらす」と評価しつつも、「諸刃の剣」と総括しています。


悪化 SNSへの投稿がきっかけで、現実の人間関係が悪化したケースも少なくないようで、使い方次第で毒にも薬にも


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  8. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙