ニュース
» 2017年01月26日 19時57分 公開

「他人のほうが幸せそうに感じる」「『いいね!』が少ないと腹が立つ」―― 調査結果にカスペルスキー「SNSは諸刃の剣」

SNSが現実の交流関係を良好にするとのポジティブな結果も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カスペルスキーがSNS利用者へのアンケート結果をまとめ、「ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響」と題して公開しました。ユーザーの過半数が楽しむために利用している一方で、「他人のほうが楽しそうに見える」といった回答も多く、SNSの功罪を示しています。


投稿内容 投稿内容から、利用目的自体はポジティブなものばかりだと分かる

 調査は世界18カ国の16歳以上の男女1万6750人を対象(日本の対象者は1000人)に、2016年10〜11月に実施されたもの。投稿内容を問うた質問では「自分が楽しいと感じたこと」が61%、「趣味」が54%、「イベントやパーティー/お出かけなど」が46%と回答の上位を占め、多くの人が前向きな理由でSNSを利用していることが判明しています。

 その一方で、「あなたが嫌な気分になった理由は?」と利用上の不満を問う質問も。最多回答は「迷惑な広告」(72%)ですが、次点の「誰かから『友達削除』をされた」(61%)以下、SNS上のコミュニケーションに関する回答が多数みられます。「自分の誘われていない催しに友だちが行っているのを見た」(59%)「他人が自分より良い人生を送っていることを知った」(57%)など、他人をうらやむような回答も。大多数が楽しいことを発信した結果、それを見て劣等感を持つ人が生まれる可能性を示しています。


不満点 「いいね!」があまりつかなかったことを気にする回答も多い

 自分の投稿に対する「いいね!」の数が気にならないと答えた数は、全体の31%と、大半は他者からの反応を気にしているようです。特に男性はその傾向が強く、24%が「『いいね!』の数が少ないと『自分は人気がない』と友だちから思われる」ことを心配(女性は17%)。「自分にとって大切な人が『いいね!』をくれないと腹立たしく感じる」「自分の友だちが他人の投稿に『いいね!』をつけていると嫉妬する」とする人も、20%以上確認されています。

 一定数のユーザーが「いいね!」に執着していることを示すデータも。「確実に『いいね!』がたくさん得られるのであれば、以下のことをしてみようと思いますか?」との質問に対し、男性の12〜32%、女性の5〜21%が「友だちや同僚の面白い情報や秘密を公表する」と認めました。「普段は口にしないような意見を強く主張する」「酒に酔った人の様子を投稿する」といった、危険を冒すような項目に「はい」と答えた人も少なくありません。


いいね狙い
いいね狙い 「いいね!」をもらうために「自分の裸をさらす」と答えた人が、男性で9%、女性で5%……!?

 SNS上のコミュニケーションが、現実の対人関係に良い影響をもたらすとする、ポジティブな調査結果も。SNSでつながって以来、相手と現実でこまめにコミュニケーションをとるようになったとする回答は、家族や友だち、同僚などいずれの相手でも68〜80%と高い数値を示しました。この傾向は親子関係に顕著で、55%の回答者が、SNSでつながって以来関係が良くなったと答えています。


関係良好 SNSでの交流は、おおむね現実の人間関係に貢献しているようです

 ただし21%の親が、「SNSで子どもに気まずい投稿を見られたことがある」とのこと。カスペルスキーは調査結果から、SNSを「実社会の対人関係に波及効果をもたらす」と評価しつつも、「諸刃の剣」と総括しています。


悪化 SNSへの投稿がきっかけで、現実の人間関係が悪化したケースも少なくないようで、使い方次第で毒にも薬にも


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた