ニュース
» 2017年04月26日 15時40分 公開

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加

また改良されました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Googleは検索エンジンの「長期的な改善の取組み」の一環として、検索ランキングの改善と、ユーザーがより簡単にフィードバックできるツールを導入したと公式ブログ上で明かしました。これにより「フェイクニュース」のような悪意あるページが表示されにくくなるほか、文字入力をサポートするオートコンプリート機能の精度向上などが見込めます。

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加 検索時のオートコンプリート欄に「フィードバック」用のリンクが追加される

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加 これまでよりも手軽な報告が可能に

 Googleによると、日々のトラフィックの内、ごく一部(約0.25%)のクエリにおいてユーザーが求めていないような攻撃的な内容や明らかに誤解を招く情報が表示されているとのこと。昨年(2016年)12月には、「ホロコーストはなかった」とする検索結果が表示されやすいとして批判を集めていましたが、アップデートによりこうしたページが表示されにくくなるそうです。

 また、検索の際に文字入力をサポートするオートコンプリート欄に、ユーザーが簡単にフィードバックできる機能を追加(記事執筆時点で、日本版Googleではまだ非対応)。不適切な結果が表示された場合に、より手軽にGoogleに報告できるようになります。さらに、「強調スニペット」(検索アルゴリズムによって特に重要と判断されたページが検索結果上部に別枠で表示される機能)にも、より使いやすくなったフィードバック機能が適応されます。

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加 「強調スニペット」欄のフィードバック機能も拡充

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加 明確にラベル分けしたカテゴリを記載することで、より簡単に不適切なコンテンツを知らせることができるようになるとのこと

 ブログによると、Googleでは年間数兆件もの検索が行われており、その内15%はこれまでに一度も検索されたことのないクエリが含まれるとのこと。今後について「残念ながら、Googleの検索結果が、真に『完璧』になることはこれからもないでしょう」としつつも、ベストな検索結果を返すために、常に新しい仮題に挑戦し続けなくてはならないとコメントしています。


関連キーワード

Google | アルゴリズム | 検索エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」