ニュース
» 2017年04月26日 15時40分 公開

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加

また改良されました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Googleは検索エンジンの「長期的な改善の取組み」の一環として、検索ランキングの改善と、ユーザーがより簡単にフィードバックできるツールを導入したと公式ブログ上で明かしました。これにより「フェイクニュース」のような悪意あるページが表示されにくくなるほか、文字入力をサポートするオートコンプリート機能の精度向上などが見込めます。

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加 検索時のオートコンプリート欄に「フィードバック」用のリンクが追加される

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加 これまでよりも手軽な報告が可能に

 Googleによると、日々のトラフィックの内、ごく一部(約0.25%)のクエリにおいてユーザーが求めていないような攻撃的な内容や明らかに誤解を招く情報が表示されているとのこと。昨年(2016年)12月には、「ホロコーストはなかった」とする検索結果が表示されやすいとして批判を集めていましたが、アップデートによりこうしたページが表示されにくくなるそうです。

 また、検索の際に文字入力をサポートするオートコンプリート欄に、ユーザーが簡単にフィードバックできる機能を追加(記事執筆時点で、日本版Googleではまだ非対応)。不適切な結果が表示された場合に、より手軽にGoogleに報告できるようになります。さらに、「強調スニペット」(検索アルゴリズムによって特に重要と判断されたページが検索結果上部に別枠で表示される機能)にも、より使いやすくなったフィードバック機能が適応されます。

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加 「強調スニペット」欄のフィードバック機能も拡充

Googleが「フェイクニュース」対策で検索精度を向上 検索ワード自動補完へのフィードバック機能も追加 明確にラベル分けしたカテゴリを記載することで、より簡単に不適切なコンテンツを知らせることができるようになるとのこと

 ブログによると、Googleでは年間数兆件もの検索が行われており、その内15%はこれまでに一度も検索されたことのないクエリが含まれるとのこと。今後について「残念ながら、Googleの検索結果が、真に『完璧』になることはこれからもないでしょう」としつつも、ベストな検索結果を返すために、常に新しい仮題に挑戦し続けなくてはならないとコメントしています。


関連キーワード

Google | アルゴリズム | 検索エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む