コラム
» 2017年06月02日 06時00分 公開

なぜ「青春」は「青い」のか? 青汁を調べたらなぜか答えにたどり着きました

緑と青の深い関係。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 「青汁って、青くないよね……? 緑汁だよね……?」

 誰もが一度はそんな疑問を浮かべたことがあると思います。考えてみれば、青菜も緑菜ですし、青信号も緑信号です。ミドリムシに緑を取られてしまったアオムシの気持ちを考えると夜も眠れません。

 睡眠時間の確保のためにも、浮かんだ疑問はさっさと解決してしまいましょう。

「緑」はいつからあるのか

 まず考えられるのは、かつては「緑」という言葉が存在しなかった説。しかし、この説は簡単に覆されます。

 「茎も葉もみな緑なる深芹(ふかぜり)は 洗ふ根のみや白く見ゆらむ」

 これは平安時代の和歌集『拾遺和歌集』に収められた歌。平安時代には既に「緑」という言葉があったことが分かります。

では、どうして緑=青なのか……?

 実は、「緑」はもともと色を表す言葉ではなかったのです。本来の意味は「新鮮でつややかな感じ」。草木の新芽や若葉のイメージです。

 確かに今でも、つやつやした黒髪のことを「緑の黒髪」、赤ん坊のことを「嬰児(みどりご)」と表現することがあります。

 そして「青」こそが色を表す言葉で、現在の「緑」を含む広い範囲をカバーしていた、ということなのです。

 ではなぜ「青」がそれほど広い範囲を表すのかというと、もともと日本には色を表す言葉が黒・青・白・赤の4つしかなかったからだといわれています。

 この4つは古代中国の思想とも一致していて、方角や季節などと対応しています。例えば「青」は春と対応していて、これがつまり「青春」という表現の由来なのです。

  • 北/冬:黒
  • 東/春:青
  • 西/秋:白
  • 南/夏:赤

 初めはじじくさい青汁の話だったのに、いつの間にか「青春」という対極の概念に到着してしまいました。皆さんもふと浮かんだ疑問を調べてみると、意外な発見があるかもしれませんよ!

編集協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む