コラム
» 2017年06月02日 11時00分 公開

「業界No.1」「芸能人が来院」はNG ダメな医療機関Webサイトの見分け方教えます

厚労省のガイドラインを解説。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 整形したい、包茎を治したい、医療脱毛したい、レーシックを受けたい、インプラント治療したい、そう思ったとき多くの人は、まずインターネットで情報を調べるでしょう。では、検索してたどり着いた医療機関のWebサイトで何を確認するでしょうか?

 医療機関のWebサイトに書いていいことは、厚生労働省が「医療機関ホームページガイドライン」として指針を出しています。これは破ったら違法というものではないですが、「やっぱり厚生労働省が出したルールを守っているお医者さんにかかりたい!」と思うのが普通の考え方でしょう。

 一般の方でも見抜きやすい、覚えやすいルール違反事例を紹介します。

ダメな例(政府広報より) え? それダメだったの? というNG事例がいっぱいあります(政府広報より)

「日本一」「No.1」「最高」はダメ

日本一のHP例 「日本一の実績」「症例数No.1」は使えない言葉です

 「日本一」「No.1」「最高」――よく見かけるような気がするこれらの単語は使ってはいけません。ガイドラインができたのが2012年なので、それ以前は今よりもこのワードがインターネットにあふれていたかもしれません。

 何がダメかというと、厚生労働省用語でいうなら「他との比較等により自らの優良性を示そうとするもの」です。

  • ○○の治療では、日本有数の実績を有する病院です
  • 当院は県内一の医師数を誇ります
  • 業界最大手
  • 一番予約が取りにくいクリニック
  • 症例数世界No.1

 「日本有数」「県内一」など、他の医療機関と比較してアピールする表現は、仮に事実であっても掲載できません。

「有名人が利用しています」はダメ

「あの有名人も来院しています」というイラスト 有名人との関連性をアピールしてはいけません

 「有名人が利用しています」――これもダメ。ネット上には来院している芸能人のランクでその医院のランクが分かるなんてうわさもありますが、現在のガイドラインでは、芸能人や著名人が受診していることは、仮に事実であっても掲載してはいけません。また、一般人の体験談についても、医療機関に都合のいい感想のみを取捨選択してアピールしてはいけません。

「ただいまキャンペーン中」もダメ

キャンペーン中のサイトイメージ 「急いで契約しないと」とあおる広告はいけません

 「ただいま期間限定50%オフ!」といったフレーズもアウトです。費用が「今だけ」などといわれると、患者は急いで判断しなくてはいけなくなります。このような早急な受診を過度にあおる表現は掲載してはいけません。

  • ただいまキャンペーン中
  • 期間限定で○○療法を50%オフ!
  • 先着○名様限定

 また、費用の安さの過度な強調もしてはいけません。

加工した手術前・手術後の写真はダメ

術前術後に大変身したイメージ 加工・修正した術前術後の写真は使えません

 例えば、医療広告の例ではないですが「髪形を変えて若返った」「○○ダイエットでこんなに痩せた」といった内容の記事で、明らかに「後」の方が化粧が濃いとか照明が明るいとか思ったことはないでしょうか。医療機関では、撮影条件や被写体の状態を変えるなどして撮影した術前/術後の写真を掲載してはいけません。

「医療機関」は原則として広告が禁止なんです

 この厚生労働省のガイドラインは「医療機関」向けです。内科や外科など、一般の人が「病院」と思うところ向けのガイドラインでもあります。

 そもそも医療機関は原則として広告が禁止されています。ただし、患者にとって有益な情報(名称、電話番号、住所、診療科名、入院設備の有無、休日診療をやっているか……などなど)の広告は認めましょうという建て付けになっています。Webサイトは厚生労働省には広告と解釈されていないので、医療広告とは別のガイドラインとなっていますが、禁止事項の考え方は同じです。

 医療は人の生命・身体にかかわるものなので、広告がガッツリ規制されています。だからこそ、なるべく多くの人に広告を見抜く能力を身につけてもらい、ちゃんとルールを守っている病院の方がもうかる社会になってほしいと、国民生活センターに以前勤務していた筆者は願っています。いい病院を選ぶチェックポイントはこれだけではないですが、参考の1つにしてください。

契約前のチェックリスト 美容医療を契約する前にチェックすることリストもあるよ(国民生活センターより)

参考リンク

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声