コラム
» 2017年06月04日 11時00分 公開

【デレマス】「シンデレラガール総選挙」を数学的に分析して各アイドルの得票数を推定してみた

Pの本気をなめてはいけない。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 先日、「シンデレラガール総選挙」の結果が発表された。

 いきなりで何のことか分からない人のために説明すると、ゲームアプリ「アイドルマスターシンデレラガールズ」内で行われた人気投票である。

 投票対象となるアイドルは総勢183人。1位に輝いた高垣楓は約106万票を獲得した。

 では、私の担当(応援しているアイドル)である神谷奈緒の票数は……と見てみると、出てないじゃん!

 そう、得票数が発表されたのは、全体のトップ10と各属性(※)のトップ5まで。神谷奈緒は全体15位なので、何票獲得したのかが分からないのだ。

※アイドルごとに属性(キュート・クール・パッション)が設定されている

 ならばこちらにも考えがある。公開されているデータを最大限使って、数学的に各アイドルの得票数を推定してやろうではないか。

注:この総選挙はゲーム内でゲットした「投票券」1枚で1票投票できる。ログインボーナスで1日1票は手に入るし、イベントに参加すれば無課金でも2〜300票は入れられるので、必ずしも100万人が楓さんに投票したわけではない。

曲線を求める

 まずは公開されている得票数をグラフにしてみる。このグラフに近くなるような数式を求められないだろうか。得票数をyとして、順位xの関数で表したい。

 (以下特に断りなく「指数関数」とか「対数」とかの高校数学の知識を用いるので、よく分からない人は雰囲気で読んでね)

 どうやら指数関数で近似できそうなので、順位と得票数の対数をとってプロットしてみた(「In(x)」は「底をe(=自然対数)としたxの対数」のこと)。このグラフに直線を引いてみよう。

 このような点に近い直線を引くときには「最小二乗法」が有効だ。詳しい説明は省くが、これで直線y=ax+bの係数を求めると、a=-0.49883,b=13.99087となった。直線を引くと、多少はズレるがいい線いっているのではないか。線だけに。

 画像のような変形を経て、順位xと得票数yの関係を求めた。

 グラフに曲線を加えるとこんな感じ。

 これでめでたく推定ができる。神谷奈緒の15位を見ると、308661票。げ、幸子(14位。キュート属性5位のため得票数が公開されている)より多い!

 残念ながら誤差の犠牲となってしまったようだ。仕方ないので、14位と16位の数値をy=A×(x^b)の式に当てはめてAとbを求め、そこから15位の得票数とした。

 神谷奈緒の得票数は294339票(推定)。このうち250票くらいが私の票です。

合ってんのかな(不安)

 さて、式が立ったので他の順位の得票数も分かる。こんな感じ。

 183位までこの式を適用すると、183位の得票数は88627票、投じられた票の総数は3064万0254票となった。

 うーん、多すぎる気もする。この式がどのくらい当たっているのか考えてみよう。

 プロデューサー達の投票事情を探ってみると、無課金で普通にプレイしたときの票数が少なくとも250票、課金をフルに行って頑張るときの目標票数が2000票ほどらしい。

 また、総選挙期間中のユーザー数については、プロデューサー有志のデータを参考に7万5000人と推定。

 これらを踏まえ、投票数に対する人数の変化が対数正規分布(所得配分の推定などに用いられる)に従うと仮定して、画像のような曲線を求めた。

※(投票数)/500を変数xとし、xが0から4の範囲で累積値が0.9987となる(=99.87%がこの範囲に収まる)ことを制約としながら、曲線の山がx=250/500=0.5の点にくるようなパラメータを探索した結果、μ=-0.3537、σ=0.58とした

 ここから総票数を算出すると……3054万票! 先ほどの総票数(3064万票)と非常に近いじゃないか。

 多少作為的な設定に関しては目をつむっていただきたいが、結構うまくいくもんなんだなあ。

2018年に向けて……

 さて、来年行われる(かもしれない)第7回シンデレラガール総選挙はもう始まっている。プロデューサー達は地道な布教活動を続け、自らの担当するアイドルのランクインを目指すのである。

 推計を見ると、50位が約17万票、183位が約9万票。ということは、現在ランク外にいるアイドルでも8万票増やせば高確率でランクインできるということだ。

 先ほどの分析によると、1000票以上入れたプロデューサーの数は約2500人で、75000人の3.3%。一方で、これらの人が入れた票の総数は全体の10%程度になる。

 「すごい3%が選挙の1割を握る」と捉えるか、「無課金&微課金層が9割を決する」と捉えるか。

 血のにじむ努力をして2000票投じる仲間を40人集めるか、200票を400人から、20票を4000人から集めるかの違いだ。どれも大変!

 いずれを目指すかは感じ方の違いになるが、担当アイドルのランクインを目指す皆さまは参考にしてほしい。

編集協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む