コラム
» 2017年06月06日 06時00分 公開

セルフハンディキャッピングで説明する、人が「2時間しか寝てねえわ」と言うわけ

つれーマジつれー。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 仕事の繁忙期やテスト前など、何かと忙しいときに飛び交う「あ〜っ、俺2時間しか寝てねえからな〜、っべ〜わ」の声。

 なぜ人々は、自分が2時間しか寝ていないことを主張したがるのでしょうか。

 実は、心理学のある考え方を知るとその答えが見えてきます。

自分の不利を主張すると有利だ

 その考え方とは「主張的セルフ・ハンディキャッピング」。簡単にいえば「自分で自分のハードルを上げる発言をする行為」のことです。

 ハンディキャップ、つまりここでは「2時間しか寝ていないこと」を背負うとどうなるのか。もちろん失敗しやすくなりますね。これがミソ。

 つまり、失敗したら睡眠不足が「仕方なかった」の理由となり、逆に成功すれば「逆境を乗り越えた俺、すごくね?」という栄誉の傍証になります。

 失敗しても成功してもプラスになるハンディキャッピング。不利を積極的に自己主張していくことは、良いことづくめなのです。

 さらにこれのお仲間に、自分に都合の悪い事態を実際に作り出してハードルを上げる「獲得的セルフ・ハンディキャッピング」があります。「テスト前に部屋の掃除をする」というアレです。「掃除してて勉強時間がなかったから、点が悪くても仕方ない」というハンディキャップを自ら作るのです。

 失敗の理由と成功への逆境を作りだす点では、どちらも変わりありません。

とはいえ、利用して良いわけではない

 自己の不利を主張し、あるいは作り出す、この「不利なほど実は有利」な心理傾向。しかし、利用はオススメしません。

 「基本的帰属エラー」の話をしましょう。これは、「人間は、ある人の行動を見たとき、その理由を環境などの『外』よりも人格などの『中』に求めがち」という偏見のこと。

 友人がテストで30点を取ったとしましょう。あなたはどう思うでしょうか? 忙しくて勉強時間が取れなかったと考えますか、それとも「コイツ勉強できないな」と思いますか?

 基本的帰属エラーによれば、より強く思われるのは後者。つまり人間は「あいつのテストの点が悪かったのは、家事とかで大変だったんじゃなく、単に頭が良くないからだろ?」と思いがちだ、ということです。

 想像してみましょう。あなたがもし追い詰められて、その言い訳として「2時間しか寝てねえわ〜」と言ったとしたら。聞いた側はこう思うのです、「睡眠不足になるような忙しい用事があったわけじゃなくて、能力が低いから寝る時間の調整をミスったんだ」と。

 自ら不利を打ち明けた人間は、その不利の原因が、「自らの能力の無さ」や「人間性の欠如」にあるとして周囲から捉えられてしまいます。これほど怖いことはありません。

心理学を理解してより良い生活を

 睡眠不足自慢に隠れた心理と、それに付随する恐ろしさ、理解していただけましたでしょうか。

 心理学は「自分の考えの偏り」「相手の気持ちの傾向」などを教えてくれる、生活に寄り添った知の体系。日常生活で聞こえてくるあのせりふの裏には、心理学で解き明かすことのできる事実が隠れているかもしれません。

編集協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」