インタビュー
» 2017年07月11日 11時00分 公開

おまけ付き菓子の世界に異変? 大人が夢中になるバンダイ「スーパーミニプラ」はなぜ生まれたか(2/2 ページ)

[しげる,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

知られざる良コンテンツ、“ミニプラ”

――スーパーミニプラシリーズはどのようにして始まったのでしょうか?

バンダイ: もともと「スーパー戦隊シリーズのミニプラ」というものがあったんです。80年代に発売して以来、ずっと続いている長寿商品で。やっぱり子どものものなので、いつかは卒業してしまうんですけど、めちゃくちゃ数は出てたんです。隠れた名コンテンツだったんですね。

 このミニプラの調子がよくて、戦隊だけじゃなくて他のロボットにも広げられないかと。戦隊のミニプラって子どもが買っているイメージだったんですけど、アンケートを見ると半分くらい大人の方が買ってくれていたんですね。

 それならということで完全に大人向けに振ったシリーズとして新しく「スーパーミニプラ」というブランドを作ったんです。

スーパーミニプラ「進化合体 大獣神」

――大人のファンも手を出すようになったきっかけってあったんでしょうか?

バンダイ: これはけっこう明確で、「海賊戦隊ゴーカイジャー」という作品がきっかけです。過去の歴代戦隊が出てくる作品で、それもあって子どもだけではなくて大人の方にも見ていただいていたんですね。それで、昔ミニプラを買った人たちが「ああ、まだミニプラってあるんだね」みたいな反応をしてくれて。

 この「ゴーカイジャー」の頃にはミニプラってすごくスタイルのいい商品が出せるようになっていて、大人が見ても素直にかっこいいと思えるものになっていたんです。そこから評価がネットとかでも広がっていって、今に至ってます。

ザブングルになったきっかけは「好きだから」

――「ゴーカイジャー」から始まっていたんですね。しかし戦隊ヒーローからなぜザブングルに……?

バンダイ: ザブングルは、社員の1人が持ち込んだネタがきっかけになっています。彼はコレクターズ事業部という完成品の大人向けトイなんかを開発する部署で超合金とかを担当していて、ロボットものの商品に関する知識も経験も社内でトップクラスだったんです。

 で、最初がザブングルになったのは、「その彼が好きだったから」の一言に尽きるんですよ……。ミニプラが売れているのにかこつけて「この波に乗るしかない」的な感じでやってみたら、誰も分からないうちに企画が通って売れたと(笑)。

――なるほど。しかしキャンディ事業部さんでこういう商品って珍しいですよね。

バンダイ: 僕らも子ども向けのプラキット以外を開発したことがなくて、大人向けのプラキット開発はゼロからのスタートだったんですよ。後の商品に行くにしたがって技術も精度も上がっていくんですが。

 後から出した大獣神とかガオガイガーは、戦隊のミニプラに近いんで「あらためてプラモデルを1から作る」という部分でのつまづき方はしませんでしたが、最初のザブングルはけっこう大変でした。

スーパーミニプラ「勇者王ガオガイガー」

スーパーミニプラでしかできないこと

――バンダイさんは他の事業部からもプラモデルは発売していますが、それらと比べてスーパーミニプラの強みってどんな部分だと思いますか?

バンダイ: ガンダム以外のいろんなロボットの程よいキットがほしいっていう希望に応えることができるのが強みでしょうか。「でもなんでそれがキャンディ事業部から出てるんだ」っていわれると困ってしまうんですが(笑)。

――スーパーミニプラから出ていることで手を出しやすい感じがするというか、いわゆるプラモデルほどの気力を要求されない感じもある気がします。

バンダイ: それはやっぱりミニプラというブランドがそういう気持ちにさせているのかな、というところですね。でもこのガオガイガーなんかは、フルで組み立てると大きめのHGくらいの組み応えがあるんですよ。ミニプラはそれをバラして売っているので、心理的に軽く感じられるのかも。一箱でも完成させることはできますから。それを3〜4個繰り返すので、「ず〜っと腕作ってんな……」みたいな感覚には陥りにくいと思います。

――バラしてあるというのが大事なんですね。

バンダイ: ミニプラの開発でも「まとめて売ればいいじゃないか」っていう話は常に出るんですけど、まとめてしまうと商品1つあたりの価格が高くなってしまう。価格が高くなるとスーパーでの取り扱いができなくなってしまうんですよ。また、1箱に1つのマシンというのがミニプラの基本であり、アイデンティティなので、そういう魂は残したかったんです。それらが合体して巨大ロボになる、と。ミニプラもスーパーミニプラも1つの箱に1つのマシンではないことも最近はありますが……(笑)。

――値段が高くなるとミニプラの美点をつぶしちゃいますもんね。

スーパーミニプラ「伝説巨神イデオン」

「バンダイっぽさ」からの脱却

――今後はどのような展開をお考えですか?

バンダイ: ガリアンとかのシリーズが始まるのを見ても分かるんですが、今までは超合金で既に出た機体だったりとか、割と安定感や実績があるものを選んで商品化していたんですよ。でもスーパーミニプラっていうブランドにお客さんが付いて来てくれて、また実績の面でも好調なのを受けて、今後は他でやっていない分野やキャラ選定が増えていくのかなというのはありますね。

――初めて立体化されるようなものということですか?

バンダイ: 詳しくは言えないんですけど、ブルーオーシャンというか「これ欲しかったんだけどな〜」っていうものがまだまだたくさんあると思うので、そこを見つけて掘って行くということになるのかなと。だから今までとは少し違う商品が増えるのかなという感じですね。「昔のできの悪いキットしかなかったから、これがめっちゃ欲しかったんだよ!」っていうのが出だすのが今後かなと。

スーパーミニプラ「機甲界ガリアン」

――今まで出たザブングル、イデオン、ガリアンっていう並びから予想される次の商品っていろいろとあると思うんですが、そこの範疇(はんちゅう)から出た商品も今後はありうるということですね。

バンダイ: そうですね。スーパーミニプラっていうブランドを軸にいろいろなものがつながっていくというのもありますし、作品の中でも例えば「主人公機のできはよかったけど僚機はイマイチだった……」というタイトルの僚機を出すとか、そういうことが起こっていくのかなと。

 ありがたいことに反響が大きくて、会社的にも今後このブランドを加速させていこうという流れがあるんですけど、正直われわれもどうブランド構築をしていこうかというのは模索中な部分もあります。ですのではっきりとは申し上げられないんですが、方向的には超合金など、いわゆるバンダイっぽいメインの流れからは外れていくような感じになるのではないでしょうか……。

――今後は予想のつかない方向にいく可能性が高いということですね……。めちゃくちゃ楽しみです!


(C)創通・サンライズ
(C)東映
(C)サンライズ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい