最も効く「乗り物酔い対策」はどれか? 「前を見る」「ガムをかむ」「歌を歌う」医師に根拠を聞いてみた

乗り物酔いを防ぐための民間療法。どれが本当に効果があるのか医師に聞いてみました。

» 2017年07月21日 11時00分 公開
[石原亜香利ねとらぼ]

 乗り物酔いを防ぐための民間療法といえば、「前方の景色を見るようにし、横の流れる景色はなるべく見ない」「ガムをかむ」「アメをなめる」「梅干しや酢昆布などのおやつを食べる」「歌を歌う」「食べすぎない」「空腹にしすぎない」「ストレッチをしてから乗る」などがあります。

 これらの対策が効くこともありますが、そもそも医学的な根拠があって効いているのか、あるいは偶然や気休めなのか、本当のところが分かりません。そこで乗り物酔いについての研究を長年行っている「野田耳鼻咽喉科」の野田哲哉先生に話を伺いました。

乗り物酔い対策

取材協力:野田哲哉先生

野田耳鼻咽喉科 院長

日本耳鼻咽喉科学会専門医 医学博士

乗り物酔い研究室(野田耳鼻咽喉科内)


「前方の景色を見る」は有効

 野田先生によれば、乗り物酔い防止の民間療法のうち、「前方の景色を見るようにし、横の流れる景色はなるべく見ない」については、正しいといえるのだそうです。

野田先生:乗り物に乗っているときの横に流れる景色のような、近くで動くものはきちんと目で追うことができません。人間の眼球を動かす能力には限界があります。その限界を超えたときに目の平衡機能障害が起こり、酔いやすくなります。ですから、できるだけ遠く、かつ、流れない景色を見る対策は有効と考えます。

乗り物酔いの「平衡機能障害説」とは?

野田先生:一般的には、乗り物酔いは「感覚混乱説」で説明できるとされていますが、私はこの説は完全に誤りと考えています。「平衡機能障害説」は「感覚混乱説」とはまったく違った考え方です。

 感覚混乱説とは、「乗り物に乗ると、これまでの蓄積された情報とは違う感覚情報が中枢神経系に入るために、感覚混乱信号が発生し、その強さに応じて乗り物酔いの症状が起こる」という説です。

――では、もう一方の「平衡機能障害」とはどのような状態のことをいうのでしょうか。

野田先生:平衡機能検査の正常範囲を外れていた場合、平衡機能障害と判断されます。平衡機能検査とは、めまいを訴える患者さんに対して、床やベッドの上で身体のふらつきや目に異常な動きがないかを調べる検査です。

 (検査は床やベッドの上で行うので)動いている乗り物の中での平衡機能障害は検証されていません。私は床やベッドで行われる平衡機能検査とその正常範囲を、乗り物酔いにも応用して考えています。例えば、揺れる電車の中では手を使わずに両足のかかとをつけて立てませんから、このような状態を「平衡機能障害がある」と判断しています。

――乗り物に乗っているとき、人間に平衡機能障害があるということでしょうか。

野田先生:平衡機能障害という言葉は理解しにくいと思いますので、具体的に説明します。激しく揺れを起こす乗り物にジェットコースターがあります。この座席の上に安全バーを使わず、しかも手を離して立ちながら乗れる人はいるでしょうか。世界中を探しても誰もいないはずです。人間の調節能力をはるかに超えた揺れのために、全ての人間が平衡機能障害を起こします。

 分かりやすくいえば、平衡機能障害とは自分では調節できない身体や目の揺れです。実は、公園にあるブランコの板の上にも、人間は手を使わないとたった5秒間でさえ立てません。人間の揺れに対する調節能力は極めて低いのです。もちろん、バス、電車、船といった乗り物では身体や目が揺れています。

――平衡機能障害説ではどのようなことがいえるのでしょうか。

野田先生:平衡機能障害説の最も重要な考え方は「動いている乗り物の中で、人間はずっと平衡機能障害を起こしている」ということです。平衡機能障害を起こしているときに、吐き気や嘔吐などの自律神経症状が伴ったり伴わなかったりしますが、伴ったときが「乗り物酔い」です。

 平衡機能障害というと、めまい、ふらつきを感じるものと思われていますが、必ずしもそうではありません。乗り物に乗っているときには、めまいやふらつきを自覚しない平衡機能障害が隠れています。

――なぜ吐き気や嘔吐などの自律神経症状が起こるのでしょうか。

野田先生:乗り物に乗ると胃腸が揺れるからです。自律神経症状は胃腸障害の症状です。ただし、自律神経症状が出るには激しい揺ればかりではなく、ある程度の時間が必要です。当然ながら、平衡機能障害、つまり身体や目の揺れがありますので、これも自律神経中枢に影響を及ぼします。身体や目の揺れは激しければ激しいほど、吐き気などの症状が出やすくなります。特に目や頭の揺れが強いと出やすくなる傾向があります。

 自律神経症状には個人差があり、精神的な要因の影響を受けます。同じような揺れを繰り返し受けると、自律神経症状は軽くなります。これを“慣れ”と呼んでいます。

「食べすぎない」「空腹にしすぎない」も対策になる

野田先生:「食べすぎない」「空腹にしすぎない」ことも、乗り物酔いの対策になるといわれています。理由ははっきりしませんが、空腹では血糖値が下がって脳の働きが悪くなるという考えがあります。

 また、これは個人的な意見ですが、食べすぎると、胃が揺れるときに、内容物によって胃壁が受ける物理的な刺激が大きくなるため、酔いやすくなると考えています。おやつを食べることも空腹にしすぎないということかもしれません。

効果がないと思われること

――その他の「ガムをかむ」「歌を歌う」「ストレッチをしてから乗る」などは対策としてどうなのでしょうか。

野田先生:それらについては何ともいえません。精神的な要因がありますので、一部の方で効果があるのかもしれませんが、多くの方には効果がないのではないでしょうか。乗り物酔いには、人間の能力では調節不可能な平衡機能障害が隠れていますから、あまり効果的な対処法はないと考えています。

有効な対策は

――では、野田先生はどのような対策が有効だとお考えですか?

野田先生:乗り物に乗る30分くらい前に乗り物酔いの薬を飲むことは有効です。体調不良や睡眠不足の時は酔いやすくなります。空腹時や満腹時は酔いやすくなるため、これらはできるだけ避けるようにしてください。

 可能であれば、揺れの小さい乗り物に短時間乗るように変更することです。揺れは小さいほど、乗る時間は短いほど、酔う可能性が小さくなります。また、毎日のように乗り物に乗ると、慣れによって酔わなくなります。私も小中学生の頃、乗り物酔いがひどく、バスに乗ると10分も経たないうちに気分が悪くなっていました。高校のバス通学で慣れたため、酔いにくくはなりましたが、今でもカーブの多い山道では酔うことがあります。

 私自身が酔った場合は、背もたれに頭を付け、頭ができるだけ揺れないようにして目をつぶります。そのまま眠るのがいいのですが、眠れなくても意識レベルが下がれば少しは楽になります。

――なるほど、「揺れ」を第一に意識して、平衡機能障害が起こりづらくなるような工夫をすれば良いわけですね。ありがとうございました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」