ニュース
» 2017年07月26日 22時12分 公開

神社にパンダのかぶり物した宮司、シュールな光景が話題に 中の人「神社の優しい心を知ってほしい」

なぜこんな奇妙なことに……有鹿神社の担当者に取材しました。

[黒木 貴啓ねとらぼ]

 神社をより多くの人に知ってもらおうと、パンダのかぶり物をかぶって境内に立つ。そんな健気かつシュールな宮司さんが、ここ数日Twitterで注目を集めています。飛鳥時代から記録が残っている、相模国最古の神社・有鹿神社(神奈川・海老名)です。

パンダ 宮司 神社 有鹿神社パンダ 宮司 神社 有鹿神社 神社に……パンダの宮司!?(写真提供:@bomberuneuneさん)

 本殿前で白い装束で凛(りん)と佇んでいるのに、顔はまんまるふっくらのパンダ。お堅いイメージの神社に紛れ込んだ動物園の人気者、違和感とかわいさがシュールな笑いを誘います。

パンダ 宮司 神社 有鹿神社 違和感がすごいけどほっこりもする(写真提供:@bomberuneuneさん)

 Twitterユーザーの@bomberuneuneさんが「神奈川で一番古い神社なのに、あまり知られていないから頑張っているみたいなのです」と写真を投稿したところ、「なぜ鹿じゃなくてパンダ」「健気……!」と戸惑いと衝撃をもって9万回以上リツイートされました。

 なぜこんなことになってしまったのか、神社ってここまではっちゃけていいのか、疑問が沸いて止まらないパンダの宮司。中の人を務める禰宜(ねぎ)、有鹿神社の小島実和子さんに話をうかがいました。

――いつからパンダのかぶり物を始めたんでしょうか。

小島さん: 6月末に神奈川テレビさんから取材されたのがきっかけです。5月くらいからTwitter(@arukajinja)で神社の情報を発信するとき、形式張った堅苦しいイメージを和らげたいなということで、パンダのパペットが神社を紹介する写真を投稿していたんです。

パンダ 宮司 神社 有鹿神社 今も有鹿神社のSNSに登場する、パンダのパペット(写真提供:有鹿神社)

 その試みを面白がったテレビスタッフさんが取材を依頼してくれたところ、打ち合わせのときにパンダの小ささに驚かれて。どうもパンダの中に人が入っていると勘違いされていたみたいなんです。残念がられていたんで、こちらから「当日までにかぶり物を用意します」と申し出て、パンダのかぶり物をした宮司が誕生した、という感じですね。

パンダ 宮司 神社 有鹿神社 爆誕

――サービス精神がすごい。それからいつもかぶっているんでしょうか。

小島さん: いえいえ、神事のときはかぶりません。そもそも小さな神社である上に事務所が離れているので、神社にいつも宮司がいるわけではなく、ご祈祷や朱印の依頼があったときにこちらから出向くのが日常です。そこでご祈祷後にお願いされたり、見学に来た団体客をお見送りしたりするときにかぶっていますね。

――しかし、なぜパンダなんでしょう? 有鹿神社なら“鹿”と考えてしまいますけど。

小島さん: 宮司である父がパンダに似ていることから“パンダ宮司”と呼んでいたのがきっかけです。「思いやりや優しい心がある神社だと感じてほしい」と考えていたので、優しそうでかわいいパンダはぴったりですし。一応設定としてパンダのパペットやかぶり物は、パンダ宮司(父)がいないときに神社を紹介する「パンダ宮司代理」というキャラになっています。

 SNSで「なぜ鹿じゃないの」って聞かれることが多いのですが、鹿のかぶり物だと細身の神職さんじゃないと似合わないんですよね……。パンダだと自分の体型でも似合いますし(笑)。

――ちなみになかなかのはっちゃけ具合だと思うのですが、神様には失礼には当たらないのかでしょうか?

小島さん: 神社には神様を楽しませる「神賑行事」というのがあります。面をつけて舞って楽しむ神楽や、お神輿(みこし)や山車(だし)もそうです。パンダ宮司もその位置付けで、神様に楽しんでもらえたらなと。

――地域や参拝客の反応はいかがでしょう。

小島さん: 交通の便も悪い場所にあるので近場の人が来る程度なのですが、「なんで鹿じゃないの?」「パンダ?」とつっこみながら笑ってくださいますね。子どもには「でも体は人間じゃん」と受けが悪いですが(笑)。最近では「パンダ宮司いらっしゃいますかー?」と訪ねに来てくださる人もたまにいますね。

パンダ 宮司 神社 有鹿神社

――ネットではかなりの反響がありましたね。

小島さん: 善意ある方が広めてくださって本当に感謝しています。「知名度のない神社ががんばっている」と応援のツイートも見かけて、みなさん優しくてありがたいです……。必ずパンダ宮司代理に出会えるわけじゃないのですが、神社にはいつも神様はいらっしゃいます。実は灯籠の中にも小さいパンダがいるので、よかったら探して「何だこれは」と笑って元気を出してください。その元気を神様に受け取ってほしいです。

<神社情報>

有鹿神社 (あるかじんじゃ)

〒243-0434 神奈川県海老名市上郷1-4-41

TEL:046-234-4763

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」