ニュース
» 2017年08月20日 17時30分 公開

頼りになるようでならない「真偽マン」は今日もネットの嘘松と戦い続けるねっと用語知ったかぶり

来てほしい時に来てくれないことも多いのです。

[ねとらぼ]

 たまに見かけるネット用語を、勝手に知ったかぶりで解説する「ねっと用語知ったかぶり」。今回は「真偽マン」をご紹介します。


ねっと用語 真偽マン

【真偽マン(しんぎ−まん)】

 真偽マンとは、主にネット上で誰かの体験談などが盛り上がっている時に現れ、「それ本当?」と疑問の声をあげる人のことを指します。多くの場合、話題に水を差す、あるいは場をしらけさせる形になるため、基本的には蔑称として捉えられているようです。

 以前この連載で「嘘松」(関連記事)を紹介した際、“「できすぎた体験談」が話題になると、必ずと言っていいほど「嘘だと言いたい」「嘘かどうか追及したい」人が現れる”と書きましたが、それがまさに真偽マンのことを指しています。また一口に真偽マンと言っても、とりあえず何にでもいちゃもんをつける「適当に嘘だと言いたいだけの真偽マン」と、そもそも元の話が怪しすぎて、純粋に本当かどうかを確認したいだけの「正当な真偽マン」が存在します。

 できすぎた体験談の真偽は「嘘かどうか確かめようがない」ことが多いため、そういった話に真偽マンが現れるのはある意味では必然とも言えます。また、むしろ明らかにデマだと分かるような話がやたらと拡散されている時にかぎって真偽マンがやってこなかったりすると、「なんでこういう時に限って来ないんだ!」とモヤモヤすることも。真偽マン全部が悪い訳ではないのですが、本当に真偽を確かめたい場合は話のタイミングを見極めて発言することが大事なのかもしれません。


ねっと用語 真偽マン

使用例

例1:みんなで盛り上がってたのに真偽マンがやってきて興ざめだよ。

例2:デマばっかり流れてるのになんでこういうときに真偽マン来ないんだよ!


関連キーワード

デマ | 偽情報 | 解説 | ネット用語


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」