インタビュー
» 2017年09月05日 11時00分 公開

「2010年代のオタクは、推しに毎日会えるようになった」 ”カップリング表記研究家”に聞く、奥深い同人文化の世界(1/2 ページ)

週一から毎日へ。

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 「カップリング表記」とは、同人活動において日常的に使用されている「キャラクター間の関係性を表すもの」。世界初の「カップリング表記研究家」のタルトさん(@Tarte41)にカップリング表記の話を伺う連載、前回記事では研究を始めたきっかけや、普段の研究スタイルなどを伺っていきました。

「カップリング表記」とはこういうもの

 今回はコミケカタログのカップリング表記という観点から見た同人文化についてさらに深く伺っていきます。

90年代の同人覇権は「スラダン」


 タルトさんの「カップリング表記データブック」を読んでいて、自分のイメージと違う結果が結構ありました。90年代はなんとなく、「幽白」(幽☆遊☆白書)とかが一番人気なのかと思いきや「スラダン」(スラムダンク)が9連覇していたり。スラダンは一般人気がすごくあったのは知ってたんですけど、同人人気もすごかったというのは知りませんでした。


「カップリング表記データブック・作品ガイド」p.18より。10位以降についてや、もっと詳しい情報については実際の本を手に取ってみてほしい。(通販:COMIC ZIN

 私も意外でした。幽白もそうですし、スラダンが人気の頃は「ウイング」(新機動戦記ガンダムW)が覇権なんじゃないかと思ってました。



 面白い、分からない。同人人気でいうと、要素が多いからなんとなく幽白の方が人気あったんじゃないかなというイメージがあったんですが、幽白は覇権取れてないんですね……!


「カップリング表記データブック・作品ガイド」p.20より

 そうですね。カタログを見ると90年代半ばから後半にかけてはスラムダンクが圧倒的な人気で、いわゆるプロ作家(同人活動がもとで商業でも活躍するようになった作家さん)がここから多数出たという話も聞きます。



 幽白も確かに人気だったんですが、時期がよくなくて、最初は「トルーパー」(鎧伝サムライトルーパー)、その後はスラダンという絶対王者に挟まれてトップジャンルには一度もなれていません。同じことがウイングにも起こっていて、ウイングは95年冬コミから98年夏コミまで6開催ずっと2位なんです。1開催で1000表記以上あったときもあったんですが、スラダンが強すぎましたね。調査していくと、こういった個人的な印象と実態の差が数値で見えてくる。そこも面白いんです。



「一般人気」と「同人(カップリング)人気」は必ずしもリンクしない


 そして、やはりというかいつの時代も週刊少年ジャンプの作品は同人界隈において影響力が大きいです。今ちょうど2002年を調べてるんですけど、この年から「テニプリ」(テニスの王子様)がトップジャンルになってました。で、その前は「NARUTO」なんですよ。その前は「封神演義」。「あれ『ワンピース』は?」ってなりますよね。



 ワンピースって発行部数とか見ても圧倒的な覇権漫画じゃないですか。もちろん一般人気もすごく高い。でも同人カップリングに関しては覇権ジャンルではなかった。もちろん同人でもすごく人気がある作品で、サークル数もカップリング表記の数も多いんですが、一度も1位にはなれていません。1位だったらいいという話ではないですが、結果だけ見ると幽白やウイングと同じシルバーコレクターになってますね。



 ワンピース、めちゃくちゃ読んでいる人が多い中で、その割に同人は少ないってことなんですね。



 単純に発行部数とコミケのカップリング表記数を比べてしまうとそうですね。「作品人気と同人(カップリング)人気は必ずしも直結しない」というのが面白いです。それのもっと顕著な例が「ドラゴンボール」で、こちらもあえて説明する必要のない超人気作品で、当然カップリングもあるんですけど、かなり少ないです。それよりも80年代は「キャプ翼」(キャプテン翼)に「星矢」(聖闘士星矢)だし、90年代はスラダン、封神演義、それに幽白なんですよね。


 私は90年代を「JJS時代」と呼んでいて、「ジャンプ」「J事務所」「サンライズ」の三国時代だったんですね。そこに90年代後半からは「ゲーム」って新興国も立ち上がってくるんですが、もう1つ面白い流れもあって、それが「実写作品」です。



「カップリング表記データブック・2000×2015」p.26より

 えっ実写作品っていうとドラマとか映画とかですか?



 そうですね。90年代の終わりごろに「踊る大捜査線」が人気になって、そのあと2000年の「クウガ」(仮面ライダークウガ)から特撮の大きな流れが来ました。毎年やってた戦隊物とは違って仮面ライダーはしばらくやってなかったんですけど、クウガはそのドラマ性と俳優さんの格好よさに加えてバディものという合わせ技で一気に同人界の人気作品になってます。そして続く2001年、2002年には「ハリー・ポッター」という一大勢力が……。



 おお! 来たハリー・ポッター!


一世を風靡したハリー・ポッターシリーズ(画像はAmazon.co.jpから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声