インタビュー
» 2017年09月05日 11時00分 公開

「2010年代のオタクは、推しに毎日会えるようになった」 ”カップリング表記研究家”に聞く、奥深い同人文化の世界(1/2 ページ)

週一から毎日へ。

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 「カップリング表記」とは、同人活動において日常的に使用されている「キャラクター間の関係性を表すもの」。世界初の「カップリング表記研究家」のタルトさん(@Tarte41)にカップリング表記の話を伺う連載、前回記事では研究を始めたきっかけや、普段の研究スタイルなどを伺っていきました。

「カップリング表記」とはこういうもの

 今回はコミケカタログのカップリング表記という観点から見た同人文化についてさらに深く伺っていきます。

90年代の同人覇権は「スラダン」


 タルトさんの「カップリング表記データブック」を読んでいて、自分のイメージと違う結果が結構ありました。90年代はなんとなく、「幽白」(幽☆遊☆白書)とかが一番人気なのかと思いきや「スラダン」(スラムダンク)が9連覇していたり。スラダンは一般人気がすごくあったのは知ってたんですけど、同人人気もすごかったというのは知りませんでした。


「カップリング表記データブック・作品ガイド」p.18より。10位以降についてや、もっと詳しい情報については実際の本を手に取ってみてほしい。(通販:COMIC ZIN

 私も意外でした。幽白もそうですし、スラダンが人気の頃は「ウイング」(新機動戦記ガンダムW)が覇権なんじゃないかと思ってました。



 面白い、分からない。同人人気でいうと、要素が多いからなんとなく幽白の方が人気あったんじゃないかなというイメージがあったんですが、幽白は覇権取れてないんですね……!


「カップリング表記データブック・作品ガイド」p.20より

 そうですね。カタログを見ると90年代半ばから後半にかけてはスラムダンクが圧倒的な人気で、いわゆるプロ作家(同人活動がもとで商業でも活躍するようになった作家さん)がここから多数出たという話も聞きます。



 幽白も確かに人気だったんですが、時期がよくなくて、最初は「トルーパー」(鎧伝サムライトルーパー)、その後はスラダンという絶対王者に挟まれてトップジャンルには一度もなれていません。同じことがウイングにも起こっていて、ウイングは95年冬コミから98年夏コミまで6開催ずっと2位なんです。1開催で1000表記以上あったときもあったんですが、スラダンが強すぎましたね。調査していくと、こういった個人的な印象と実態の差が数値で見えてくる。そこも面白いんです。



「一般人気」と「同人(カップリング)人気」は必ずしもリンクしない


 そして、やはりというかいつの時代も週刊少年ジャンプの作品は同人界隈において影響力が大きいです。今ちょうど2002年を調べてるんですけど、この年から「テニプリ」(テニスの王子様)がトップジャンルになってました。で、その前は「NARUTO」なんですよ。その前は「封神演義」。「あれ『ワンピース』は?」ってなりますよね。



 ワンピースって発行部数とか見ても圧倒的な覇権漫画じゃないですか。もちろん一般人気もすごく高い。でも同人カップリングに関しては覇権ジャンルではなかった。もちろん同人でもすごく人気がある作品で、サークル数もカップリング表記の数も多いんですが、一度も1位にはなれていません。1位だったらいいという話ではないですが、結果だけ見ると幽白やウイングと同じシルバーコレクターになってますね。



 ワンピース、めちゃくちゃ読んでいる人が多い中で、その割に同人は少ないってことなんですね。



 単純に発行部数とコミケのカップリング表記数を比べてしまうとそうですね。「作品人気と同人(カップリング)人気は必ずしも直結しない」というのが面白いです。それのもっと顕著な例が「ドラゴンボール」で、こちらもあえて説明する必要のない超人気作品で、当然カップリングもあるんですけど、かなり少ないです。それよりも80年代は「キャプ翼」(キャプテン翼)に「星矢」(聖闘士星矢)だし、90年代はスラダン、封神演義、それに幽白なんですよね。


 私は90年代を「JJS時代」と呼んでいて、「ジャンプ」「J事務所」「サンライズ」の三国時代だったんですね。そこに90年代後半からは「ゲーム」って新興国も立ち上がってくるんですが、もう1つ面白い流れもあって、それが「実写作品」です。



「カップリング表記データブック・2000×2015」p.26より

 えっ実写作品っていうとドラマとか映画とかですか?



 そうですね。90年代の終わりごろに「踊る大捜査線」が人気になって、そのあと2000年の「クウガ」(仮面ライダークウガ)から特撮の大きな流れが来ました。毎年やってた戦隊物とは違って仮面ライダーはしばらくやってなかったんですけど、クウガはそのドラマ性と俳優さんの格好よさに加えてバディものという合わせ技で一気に同人界の人気作品になってます。そして続く2001年、2002年には「ハリー・ポッター」という一大勢力が……。



 おお! 来たハリー・ポッター!


一世を風靡したハリー・ポッターシリーズ(画像はAmazon.co.jpから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/27/news056.jpg ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  2. /nl/articles/2206/26/news057.jpg 「これだけでそうとう電気代が下がるはず」 シャープ直伝“エアコンフィルターの掃除方法”がためになる
  3. /nl/articles/2206/27/news105.jpg 原日出子、夫・渡辺裕之さん急逝から2カ月弱の心境明かす 「7月に入ったら ボチボチお仕事も再開できるかな…」
  4. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  5. /nl/articles/2206/27/news110.jpg UTA、11年前に撮影の父・本木雅弘&母&弟のエモい3ショットに反響 「両親最強」「カッコ良すぎる全てが」
  6. /nl/articles/2206/27/news055.jpg 帰宅したら自作のシャア専用ザクがバラバラに壊れていて絶望 「ガンダムにやられた?」と悲しみの声集まる
  7. /nl/articles/2206/26/news006.jpg 「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
  8. /nl/articles/2206/24/news038.jpg 元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉、SODstarデビューの理由 さらけ出した今だから言える「完璧じゃない自分」
  9. /nl/articles/2206/20/news164.jpg 渡辺磨裕美、急逝した父・渡辺裕之さんとの2ショット 英語で決意つづる「私は自信をもって前に進みます」
  10. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」