ニュース
» 2017年10月08日 09時00分 公開

“セクハラやじ”飛ばした相手と自撮りしインスタ投稿 オランダの女性が路上セクハラ問題訴え

写っている男性には、笑顔で楽しそうな人も。相手を不快にさせているという自覚がないようです。

[ねとらぼ]

 “Catcall(セクハラやじ)”は褒め言葉じゃない――オランダの女性が、路上でセクハラやじを飛ばしてきた男性と自撮りをしてInstagramに投稿するというプロジェクトを実施し、海外で注目を集めています。

dearcatcallers @dearcatcallersアカウント。最近は1カ月の投稿が終わったことについての説明が並んでいる

 Noa Jansmaさんが取り上げたのは「Catcall」と呼ばれる問題。街を歩く相手に向けて「お姉ちゃんかわいいねえ」のように声をかけたり、口笛を吹いたりと、性的な意味合いでアプローチする行為です。彼女はこの問題を訴えるため、@dearcatcallersというInstagramアカウントを立ち上げます。

 @dearcatcallersで彼女は「Catcallは褒め言葉ではない」と呼びかけ、アカウントを立ち上げたのは「女性をモノとして扱うことについて、認識を高める」ことが目的と説明しています。1カ月の間、彼女はこのアカウントに、街でCatcallをしてきた男性と一緒に撮った写真を投稿しました。写真は同意を得た上で撮影したそうです。

dearcatcallers 笑顔で写っている男性も。無表情なJansmaさんとは対照的(@dearcatcallersアカウントから)

 投稿された写真は20枚以上。「ベイビー! ベイビー!」「キスしたい?」「電話番号教えて」「セクシーガール、1人でどこ行くの?」など、相手から言われたことも添えられています。笑顔で楽しそうに写っている男性も見られ、自分の行為が迷惑なものだとは思っていないようです。

 JansmaさんはCatcallは世界的な問題であり、このプロジェクトは自分だけにかかわるものではないとして、アカウントを世界中の女性に渡すつもりだとしています。

 2014年には「女性が10時間ニューヨークを歩いたらどれだけセクハラやじを飛ばされるか」を描いた動画を、路上ハラスメントに反対する団体が公開し話題になりました。動画の再生数は現在4500万回を超えています。@dearcatcallersも20万人を超えるフォロワーを集めており、多くの人がこの問題に注目していることが分かります。

2014年に公開された「女性が10時間ニューヨークを歩いたらどれだけセクハラやじを飛ばされるか」動画

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声