ニュース
» 2017年10月30日 15時00分 公開

禁断の1冊 闇が深すぎると話題になった「だんなデス・ノート」の書籍版が誕生してしまう

家族には見つからないように保管してください。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 夫への不満や殺意が生々しくつづられたWebサイト「だんなデス・ノート(DEATH NOTE)」が1冊の本になりました。

だんなデス・ノート だんなデス・ノート

 「だんなデス・ノート」は、「夫に死んでほしい」と願う妻たちが夫への不平・不満、夫の死の願望を投稿するSNSサイト。

 「永眠願う」「まだ生きてる……」など、妻たちの夫への殺意がストレートに書き込まれており、存在が知られるようになった6月ごろには「怖すぎ」「闇が深い」「生々しい投稿が笑えない」と話題になりました(関連記事)。

だんなデス・ノート 「だんなデス・ノート」トップページ(画像は「だんなデス・ノート」から)

 書籍版「だんなデス・ノート(宝島社/10月27日発売/本体価格1100円・税別)」は「だんなの不倫、浮気、許せない!」「だんなのDV、モラハラ、許せない!」「とにかく死んでよ、だんな!」など5部構成の内容。著者は「死神」になっています。怖いよー。

 監修はサイト管理人でもある牧田幸一朗さん。“不満や愚痴は一人で悩み続けず、どこかに吐き出す必要がある”という考えでサイトを運営しており、今回の書籍も「読んでスッキリ、孤独なストレスを和らげる一冊」になっているそうです。

だんなデス・ノート 生々しい投稿がまとめられた1冊です
だんなデス・ノート 一時はAmazon「家庭生活」カテゴリーで1位に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン