ニュース
» 2017年11月17日 15時00分 公開

警察署の詐欺(サギ)への警告ビラ、描かれている鳥がサギではなく「鶴」 なぜなのか聞いてみた

詐欺だからサギ、ではないその理由は?

[林美由紀,ねとらぼ]

 成城警察署(東京都世田谷区)の詐欺への注意喚起ポスターに描かれている鳥が、「サギ」ではなく「鶴」であることへのツッコミがTwitterで話題になっています。

 貼り紙には「携帯電話が変わった カバンをなくした 株で損をした 名前を貸してほしい こんな電話は詐欺です! お金を渡さないで!」という文字とともに、成城警察署犯罪抑止対策事務局の連絡先が書かれています。

 そして、水墨画のような「鶴」の絵が。ここは「詐欺」の話なんだから「サギ」の絵を描くべきなのでは……?

警察 ポスター 詐欺 成城警察署のポスター 画像提供:胸すか(@Munasuka)さん

 「鶴じゃん」と突っ込んだ胸すか(@Munasuka)さんのツイートには、サギと鶴が似ているから間違えたのでは? いやいや深い意味があるんでしょ? とさまざまな憶測が寄せられました。達筆な文字で書かれているため、「株が妹に見える」「妹で損をしたって!?」と別の話題にも発展し、混乱する人続出。ツイートは3日間で3万回以上リツイートされ、4万件以上いいねがつき、本人も「びっくり〜」とコメントしています。

 このポスターについて警視庁本部広報課に問い合わせたところ、以下のような回答を得られました。

―― ポスターはどこに貼られているのでしょうか。

警視庁 貼布エリアは警視庁成城警察署の管内。世田谷区の総合支所や地区センターをはじめとした公共施設の他、駅などの公共交通機関、さらに一般会社の施設にもご理解とご協力を得て貼布させていただいています。

―― なぜサギではなく鶴を描いたのでしょうか。

警視庁 鶴が描かれていることについては、作画をお願いした先生の判断であり、成城警察署から季節感があって街の方の目を引くものであることなどのお願いをしたところ先生が鶴をお選びになって描かれました。

詐欺に注意!

 詐欺への注意喚起ポスターにサギではなく鶴が描かれていたのは、「季節感があって目を引くもの」という基準でイラストレーターが選んだというのが真相でした。詐欺の話題だからサギを描く――そんな固定観念にとらわれていたのは私たちだったのかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露