ニュース
» 2017年12月05日 20時00分 公開

埴輪マニア注目! 埼玉県行田市のふるさと納税であの「遮光器土偶」が入手可能

遮光器土偶は1万円の返礼品。販売元は「はにわ処さかもと」。

[エンジン,ねとらぼ]

 ふるさと納税であの遮光器土偶が手に入れられると、ネット上で話題になっています。考古学ファン、ならびに埴輪マニアにとっては見逃せない?



 遮光器土偶といえば、縄文時代に作られた土偶の代表的存在。眼の部分にエスキモーなどが装着する「遮光器」のようなものが見られることからこの名で呼ばれており、一部では宇宙人の姿を象ったとの説もあります。

 そんな遮光器土偶をふるさと納税の返礼品として用意しているのは埼玉県行田市です。黒の光沢が美しい中遮光器土偶を、納税1万円分で贈呈。もちろん遺跡から出土した本物ではありませんが、きわめてクオリティの高いものとなっています。


ふるさと土偶 熟練の窯元の技が光る、なお本物と異なり片足の欠けはない(「はにわ処さかもと」公式HPより

 この遮光器土偶を提供しているのは、オンラインショップ「はにわ処さかもと」。史跡として有名な埼玉古墳群にちなんで、熟練の職人さんが制作した埴輪や土偶を代々お土産として扱っています。現在はネット販売や博物館向け卸のみとなってはいるものの、その品質の高さから固定ファンが多くいるのだそうです。事実、このふるさと納税を介した遮光器土偶の注文は毎月2〜3件入っているとのことで、その堅実な人気がうかがえますね。


ふるさと土偶 数寄者にはたまらないラインアップ(「はにわ処さかもと」公式HPより

 行田市のふるさと納税では土偶の他にも、馬埴輪や踊り埴輪など、マニアを唸らせる返礼品が用意されています。


ふるさと土偶 おうちに一体、土偶や埴輪はいかが?(「ふるさとチョイス」より

エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響