ニュース
» 2018年02月21日 07時00分 公開

環境に優しい「ツチニカエルでんち」、NTTが作製 いたる場所にセンサーが使われるIoT時代に向けて

肥料や生物由来の成分から構成された、土壌や生物へ悪影響を与えない電池。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NTTが環境負荷の低い電池「ツチニカエルでんち」を作製し、動作を確認したことを発表しました。肥料や生物に由来する材料を用いたことで、文字通り土に還るこの電池。IoTの発展に従ってセンサー類が広範囲に用いられ、電池の回収が困難になる状況を予測しての取り組みです。


イメージ 例えば動植物にセンサーを付けて管理する場合、センサーや電池の回収は困難になりますが、それらが自然に悪影響を及ばさないのであれば、回収自体が不要となります

 従来の電池にはレアメタルや有害物質が使用されており、土壌に放置すると悪影響を与える可能性があります。ツチニカエルでんちは土壌や生物などに悪影響を与えず土に還る成分を使用。電極にも生物由来材料を用い、環境負荷の低減を実現しています。


材料 ツチニカエルでんちはレアメタルフリーで、無害な材料のみで構成

電極 従来電池とは異なり、電極にフッ素系樹脂などが含まれない

 同電池は動作テストにより、測定電流1.9mA/cm2における電池電圧1.1Vの電池性能が確認。複数を直列につないで市販の温度センサーに接続したところ、信号の受信に成功し電池としての動作が確認されたといいます。


サイズ感 サイズは100円玉より一回り大きい程度

 電池が植物に与える影響を確認するテストも。肥料検定法に基づき、使用済みのものを粉砕して土壌に混ぜ、植えた小松菜の発芽状態で評価する植害試験を行いました。その結果、従来電池と異なり植物の成長を妨げないことが確認されています。


植害試験 土壌に混ぜた量が増えるにつれて発芽量が減る従来電池(下段)に対し、ツチニカエルでんちの場合(上段)は通常の土壌(右)と同様に小松菜が育っている

 この成果は2月22〜23日開催の「NTT R&Dフォーラム2018」で公開され、ニコニコ生放送でも配信される予定。NTTは今後、性能の向上を進めるとともに、「土に還るセンサー・回路」を実現すると述べています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた