ニュース
» 2018年02月21日 07時00分 公開

環境に優しい「ツチニカエルでんち」、NTTが作製 いたる場所にセンサーが使われるIoT時代に向けて

肥料や生物由来の成分から構成された、土壌や生物へ悪影響を与えない電池。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NTTが環境負荷の低い電池「ツチニカエルでんち」を作製し、動作を確認したことを発表しました。肥料や生物に由来する材料を用いたことで、文字通り土に還るこの電池。IoTの発展に従ってセンサー類が広範囲に用いられ、電池の回収が困難になる状況を予測しての取り組みです。


イメージ 例えば動植物にセンサーを付けて管理する場合、センサーや電池の回収は困難になりますが、それらが自然に悪影響を及ばさないのであれば、回収自体が不要となります

 従来の電池にはレアメタルや有害物質が使用されており、土壌に放置すると悪影響を与える可能性があります。ツチニカエルでんちは土壌や生物などに悪影響を与えず土に還る成分を使用。電極にも生物由来材料を用い、環境負荷の低減を実現しています。


材料 ツチニカエルでんちはレアメタルフリーで、無害な材料のみで構成

電極 従来電池とは異なり、電極にフッ素系樹脂などが含まれない

 同電池は動作テストにより、測定電流1.9mA/cm2における電池電圧1.1Vの電池性能が確認。複数を直列につないで市販の温度センサーに接続したところ、信号の受信に成功し電池としての動作が確認されたといいます。


サイズ感 サイズは100円玉より一回り大きい程度

 電池が植物に与える影響を確認するテストも。肥料検定法に基づき、使用済みのものを粉砕して土壌に混ぜ、植えた小松菜の発芽状態で評価する植害試験を行いました。その結果、従来電池と異なり植物の成長を妨げないことが確認されています。


植害試験 土壌に混ぜた量が増えるにつれて発芽量が減る従来電池(下段)に対し、ツチニカエルでんちの場合(上段)は通常の土壌(右)と同様に小松菜が育っている

 この成果は2月22〜23日開催の「NTT R&Dフォーラム2018」で公開され、ニコニコ生放送でも配信される予定。NTTは今後、性能の向上を進めるとともに、「土に還るセンサー・回路」を実現すると述べています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」