ニュース
» 2018年02月21日 07時00分 公開

環境に優しい「ツチニカエルでんち」、NTTが作製 いたる場所にセンサーが使われるIoT時代に向けて

肥料や生物由来の成分から構成された、土壌や生物へ悪影響を与えない電池。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NTTが環境負荷の低い電池「ツチニカエルでんち」を作製し、動作を確認したことを発表しました。肥料や生物に由来する材料を用いたことで、文字通り土に還るこの電池。IoTの発展に従ってセンサー類が広範囲に用いられ、電池の回収が困難になる状況を予測しての取り組みです。


イメージ 例えば動植物にセンサーを付けて管理する場合、センサーや電池の回収は困難になりますが、それらが自然に悪影響を及ばさないのであれば、回収自体が不要となります

 従来の電池にはレアメタルや有害物質が使用されており、土壌に放置すると悪影響を与える可能性があります。ツチニカエルでんちは土壌や生物などに悪影響を与えず土に還る成分を使用。電極にも生物由来材料を用い、環境負荷の低減を実現しています。


材料 ツチニカエルでんちはレアメタルフリーで、無害な材料のみで構成

電極 従来電池とは異なり、電極にフッ素系樹脂などが含まれない

 同電池は動作テストにより、測定電流1.9mA/cm2における電池電圧1.1Vの電池性能が確認。複数を直列につないで市販の温度センサーに接続したところ、信号の受信に成功し電池としての動作が確認されたといいます。


サイズ感 サイズは100円玉より一回り大きい程度

 電池が植物に与える影響を確認するテストも。肥料検定法に基づき、使用済みのものを粉砕して土壌に混ぜ、植えた小松菜の発芽状態で評価する植害試験を行いました。その結果、従来電池と異なり植物の成長を妨げないことが確認されています。


植害試験 土壌に混ぜた量が増えるにつれて発芽量が減る従来電池(下段)に対し、ツチニカエルでんちの場合(上段)は通常の土壌(右)と同様に小松菜が育っている

 この成果は2月22〜23日開催の「NTT R&Dフォーラム2018」で公開され、ニコニコ生放送でも配信される予定。NTTは今後、性能の向上を進めるとともに、「土に還るセンサー・回路」を実現すると述べています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン