コラム
» 2018年04月15日 11時00分 公開

仮設トイレが独自の進化を遂げていた! 高級VIP用にIoT機能、知られざる“密室”の歴史

仮設トイレの進化について、メーカーに取材しました。

[おおきちねとらぼ]

 野外フェスなどに設置されている仮設トイレ。先日、利用する機会があり、ふと「たまにしか使わないせいか感じたことがないけど、仮設トイレって進化しているのだろうか」という疑問が頭に浮かびました。

 これまでに入った仮設トイレがどういう感じだったか、ちゃんと思い出せないのはきっと筆者だけではないはず。外出先で用を足したくなったとき、その場にあると助かるのですが、繰り返し入るものではないため、記憶に残りにくいのかもしれません。

 今回は、そんな仮設トイレと日々向き合ってきたメーカー・ハマネツの波多野さんに取材しました。仮設トイレには一体、どんな歴史があるんです?



「仮設トイレの元祖」が現れたのは高度経済成長期

―― 早速なんですが、一番お聞きしたいところから。一般ユーザー感覚ではあまり実感できていないんですけど、仮設トイレって進化しているのでしょうか?

 アハハ(笑)。はい、進化はしていますよ!

 もともと弊社は陶器を扱っていた会社で、住宅設備を請け負うようになり、そこから仮設トイレも量産するようになりました。耐久性やコストの観点から素材はFRP(繊維強化プラスチック)になり、近年ではPE(ポリエチレン)などに変化しました。でも、確かに、1990年にいわゆる「ボットン便所」から水洗ポンプ式になって以降、劇的な変化というのはないかもしれませんね。


一般的に使用されているハマネツの仮設トイレ「TU-iX」

―― 確かに! 僕(1988年生まれ)の仮設トイレデビューは、青い和式のボットン便所だった気がします! ところで、「日本最初の仮設トイレ」ってどういうものだったんでしょうか?

 そうですね、最初は高度経済成長期の頃になります。

 景気が良くなり、あちこちでビルが建つようになって、建設があるということは現場があるということで、工務店やゼネコン向けに鉄板製の仮設トイレを作ったのが仮設トイレの元祖と聞いています。弊社で言いますと、住宅設備としてユニットバスの技術を応用して、日本で初めてFRPを使った仮設トイレの量産をしました。


ハマネツの仮設トイレの系譜。左から非水洗(ボットン)、FRP製、現在のPP製

 仮設トイレは仕組みだけでなく、素材面でも進化していたのか! 腹落ちしたところで業界の景気についても聞いてみました。

―― ちょっと聞きづらい話なんですけど、仮設トイレ業界の動向はどんな感じですか? 例えば、めちゃくちゃに売れた時期とかってあるんでしょうか?

 フフフ(笑)。波はあるんですけれども、1997年を境におかげさまで快調となっております。

―― 1997年……? あ、第1回「フジロック」(※)があった年ですか!

 そうです、仮設トイレは従来、主に工事現場向けに使用されていたんですけど、野外フェス、花火大会といった催事にも使われるようになりました。フェスブーム様様という感じです(笑)。ちなみに、第1回は私も参加しましたね。

―― そうか、野外に人が集まるという意味では同じですもんね。確かに野外フェスでも、仮設トイレは欠かせません。


野外イベントで実際に使われている仮設トイレ

※ フジロックフェスティバル:大規模な野外ロック・フェスティバルで、1997年夏にスタート。公式サイトによると、第1回は「大型台風の直撃を受け、2日目が中止となる非常事態に」なったとのこと。……大丈夫だったのかな、波多野さん。

仮設トイレの種類

―― ハマネツさんのカタログを拝見したのですが、仮設トイレってけっこう種類があるんですね。「ネクストイレ」というタイプなんて、更衣室付きでかなり広々していますが、何用なのでしょうか?


ネクストイレ ドゥース


洋式便器に更衣室、カウンター付き手洗器がついた豪華仕様




一般的なご家庭のトイレよりも広いはず

 こちらはVIP用の仮設トイレですね。例えば、先ほどの野外フェスですと、一部出演者などにご利用いただいております。

―― なんと! 仮設トイレにもレベルがあったんですね!

 常設のトイレが古くて使いにくい建物の場合に、こういったトイレが使用されるケースもあります。公民館の詰め所だったり、公園だったり。個人で買われる方もいらっしゃいますね。常設トイレを改築するよりも、仮設トイレを買ってしまった方が安くなる場合があるんですよ。

―― 「仮設トイレを常設」ですか。なるほど、そういうのもあるのか。

 その他にも、農家がいちご狩りなどで観光客を呼ぶ業態、道の駅などにこういった仮設トイレが使用されているそうです。ちなみに個人購入の場合、ネクストイレのお値段は100万〜150万とのこと。


実際に観光農園で使用されているもの

気になる“アレ”の問題

―― 仮設に限らず、トイレには臭いの問題があると思うんですが、ハマネツさんではどういった対策をしているんですか?

 そうですね。排せつと臭いは切っても切れない関係なので、日夜研究に取り組んでおります。

 以前は地面に穴を掘って、そこに排せつ物を溜めるような仕組みだったのですが、水栓式になり、弁と水で排せつ物にフタできるようになりました。

 最近ですと、薬品メーカー協力のもと、「ニオイもムシも出ないトイレ」という薬品の開発に成功しています。効果は名前の通りで、タンクに投入するとそれらの発生を予防できるんです。





――物理的にだけでなく、化学的なアプローチも取り入れて対策しているんですね! うーん、まさしく企業努力!

仮設トイレの未来

―― 仮設トイレがこのまま便利になっていくと、最終的には家のトイレと同じような使い心地になるのでしょうか。個人的にはウォシュレット付きになると、とてもありがたいんですが……。

 確かに「ウォシュレットを付けてほしい」というご要望は多数いただいていて、オプションになりますが装備することは可能です。でも、仮設トイレのゴールは常設トイレというわけではありません。仮設トイレは、仮設トイレなりの進化をすべきだと思います。

―― 仮設トイレなりの進化、ですか。

 例えば、弊社では最近、業界初の試みとしてIoT機能搭載トイレ「hint」を開発しました。



―― IoT! PCやスマホのように、さまざまなモノをインターネットにつなぐ仕組みのことですよね。でも、どうやってトイレにインターネットを使うんです?

 管理者向けには、補給が必要になった場合に自動通知を飛ばすなどの機能。維持管理のコストを軽減させる仕組みですね。

 利用者向けには、個々の仮設トイレの利用状況を専用Webサイトで管理して、空き状況を確認できる機能などがあります。





―― どこならすぐに入れるのかスマホで確認できるようになるんですか! トイレの行列は野外フェスなどでよく見かけますし、かなり便利になりそうですね。


 日々、製品と向き合うメーカーがあるおかげで、世の中は少しずつ、でも着実に便利になっている。よく考えれば当たり前のことなのですが、利用者側はその変化に意外と気付かないものです。

 ちなみに、IoT機能を備えるhintに関しては「今期中の市場投入を検討しています」とのこと。早ければ、次回の夏フェスで“技術の力で順番待ちを緩和した、ちょっと未来な仮設トイレ”が登場するかもしれません。

おおきち

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」